瀬戸内ランガン・キスタックル@ダイワ編!、について考えてみました!!@2017年新春の巻!!!・・・

どもども。
そろそろ、投げカレイ!?、の声が聞こえて来た今日この頃ですが、読者殿におかれましては、如何お過ごしでしょうか?。
海水温も下がり、ですが、投げカレイのシーズン、基本的には9月の第三週あたりから、12月の第二週位と、わたくしめ、思っておりますので、そろそろ、待ちに待った越冬ギスの準備に入っております!・・・。

今の時期の、投げキスですが、タックル的に申しますと、当地の特徴が良く出ておりますので、ご紹介したいと思います。
まずは、ロッド。。。
基本は、約12年前の11月に行われた、釣りキチsankon師匠が主催された津久茂OLMにおいて、出会いました、故釣りじいさん@K先生、キスカレイ師匠が使われておられた、ものがベースであります。
この時のおふたり、リールは確かシマノの35でしたが、ドラグの有無については不明です・・・。
そして竿ですが、おふたり共に発売時期は異なりますが、サーフリーダーの405EX-Tでした・・・。
この竿等をベースとして考えてみたい!、と思います。。。

現在、確かにサフリの405EX-Tを所有しておりますが、ここでは主にダイワのタックルで組んでみる事に致します!。
ロッドですが、ランガン移動を考慮して、振出竿と致します。
しかしダイワの振出竿でサフリEX-T、に相当する竿を持っておらずでして、忍とも!・・・。
多分、手持ちでは、13キャスT・Qの27号が適任、かも!、ですが若干全長が短めですので、外す事に・・・。
白羽の矢を立てたのは、穂先径の細めな、新旧のスカイサーフT 30-405(K)、でした。。。
e0117319_0142416.jpg

右:ダイワ スカイサーフT 30-405 + ダイワ 91トーナメントプロキャスターSS45Ⅱ
左:ダイワ 15スカイサーフT 30-405・K + ダイワ トーナメント サーフベーシア45Ⅱ



サフリEX-T、ダイワの号数換算で25号の竿に相当しますが、穂先の太さが、手持ちの竿では、サフリEX-Tに比較的近い、新旧スカイサーフTの30号がよかろう?!、と言う事で組んで見たのですが・・・。
スカイサーフT、ですが新旧ともガイドが7点ですので、5点ガイドの振出竿と比較すると張りを少し持たせておる!、と思いまして・・・。
しかし、手持ちのサフリEX-T、2014年式ですので7点ガイド仕様でして、うーん・・・。
実際は、手持ちの中古竿@14サフリ405EX-T、天秤錘は15号ないし18号位に落とし所がありまして、使い込まれておるのかも、でして少し、ぶにょい!・・・。
一方、新旧スカイサーフTですが、流石に30号負荷の振出竿ですので、そこそこの張りがありまして、、、、。
本来でしたら、シマノのEX-Tの竿に対しては、ダイワでは27号位?の竿が硬さ的には対等?と思われますが、お許し、をば・・・。

リールですが・・・。
もともと、わたくしめ、キス用には、シマノの35系しか持っておらず、、、。
この時、道糸にはPE1号、1.2号を巻き力糸は天秤の種類によって素材をチョイス!。
今回から、仕掛のエダスをピンクのポリエステルライン1.5号や場合によってフロロの2号?位にスープUPする事を考え、道糸はPE1.5号ないしは2号を考慮・・・。
ですので、35リールに道糸PE1.2号前後を巻いた状態と同じ位??の飛距離に出来るだけ近づけたい?のでリールは45ストロークの品物とする!。
具体的には、91トーナメントプロキャスターSS45Ⅱ・改?、と昨年末頃に??にオクで落札した、サーフベーシア45Ⅱと言う手持ちのリールをチョイス!!。
e0117319_0144686.jpg

力糸については、この時期、L字型の全遊動天秤錘を使用する事が多いので、リグる??、事を考慮して、結びの楽な、ナイロンテーパーラインの場合が多め、か・・・。

クーラーですが。。。
竿出し、二本同時になる場合が、そこそこ出て来ると思われます。
一本は置き竿系で、もう一本は、手持ちの引き釣り系、か!・・・。
竿は基本、堤防や波止の波返し等に立て掛けて、エサの付け変え等をする場合はクーラー付属の竿立を利用すると思われます。
8~12、16リットルのダイワ、シマノのクーラーを実際に使用してみて、10リットルは組んでおりませんのでコメントは出来ませんが、皆、帯に短し、たすきに長し、のように思えるのです、が・・・。
8、9リットルは、内部の容量が少ないので、3時間位の近場の釣行では軽く楽で良いのですが、落ちギスのシーズンや周防〇〇島では、時として容量が足りず、、、。
この時、もう一台、予備に保冷用のおかわりクーラー!?、が必須!!、になる事が多いかも?、と思います。
ですので、8、9リットルクーラーを単独で使用する場合、トーナメント系に特化して使われますと、とても良いと思います!!・・・。
そして、クーラー装着の竿立に竿を掛けると申しますか竿を受けさせますと、ものによってはクーラーが竿ごと転倒する場合が有り難儀です・・・。
砂浜で転倒しますと、まだましですが、人工構造物系の釣り場で転倒しますと竿やリールが傷もぐれになりますので、困り者です・・・
越冬ギス釣りの場合、砂浜を釣る事は、当地近辺では多分あまり多くないと思われますので、しっかり・どっしりと安定したクーラーに心惹かれます!!。
この安定感、と言う点において、8、9リットルでは?、と思っておりますので、どうしても手持ちでは、11リットル以上の品物を出動させる事が増えて来ております。
スペーザ130系を未体験ですので、忍とも!、ですが、手持ちのクーラーでは、現在の所、プロバイザーサーフ1200R・改を良く使っております・・・。
e0117319_0151054.jpg

このクーラー、重量が素の状態!?、の場合、約3.7kg有りまして重いし、がたいも大きくでして、取り回しがやや難点ですが、、。
しかし安定感がとても有り、椅子としても優秀?で、保冷力も良い方ですので、車から釣り場までの距離が遠くなければ、担ぎます、が・・・。
遠い場合は、プロバイザーSU-80青・改を出動させて様子見、か・・・。

道糸等は、状況にもよりますが、砂浜にて超遠投?、を多分やらないと思われますので、PE1.5号前後を落とし所と見ております。
ですのでこの時期の力糸は、自作PEテーパー力糸か、リグり易いナイロンテーパーラインの4-12号前後位等で様子をみたい!。

天秤錘は、L字型の全遊動タイプがベターですが、キスを走らせない方が良いと判断した場合は、棒天秤を使い積極的に掛けるようにしたいのですが・・・。
錘の号数は基本15号、遠投系!?で18~25号位です、、、。
23、25号錘を使用し道糸を更に細くして目一杯投げないといけないようですと、そのポイントは多分、当地近辺において越冬キスの(爆釣?)ポイントではない、かも、でありまする・・・。
実釣では、トーナメントと違い、キスが居なければ、テンポ良く、ランガン移動!?、を繰り返す事が、ままあります!!。。。
それで、色々試したのですが、今の所、この度ご紹介したタックルは飛距離的に80m位の能力でして、目一杯飛ばしてもせいぜい90m位です。。。
元々の考え方は、釣りじいさん曰く、「 わしゃ、80mしか、いらん!! 」、と言う、発言から来ておるようです・・・。
この考えは、多分、ナイロンラインを道糸として使用していた時代の名残りのような気がしますが、、、。
実釣を通して思うのは、特に越冬系?ではキスが釣れサカル!?、ポイントは当地では以外に近い??、と思えますので・・・。
あしからず・・・。

仕掛ですが、モトスは基本、フロロとしつつも、その他の素材も実験的に使用中・・・。
モトスの号数は、3号以上、か・・・。
エダスですが、1.5号前後位!?、か。。。
針の基本は、がまのキスSP・8号ですが、私はアスリートキスを溺愛しておりますので、この8号を愛用!。
大体、アスキス8号は、がま換算で約9号相当の秋田狐に当てはまるようですが、、、。
時期的に釣れるキスのサイズは、大き目が多いので、このアスキス8号で釣れないキスは無視した方が、今の時期は良いと思われます・・・。
ただ一般的には、がま相当で6、7号針位にて出来れば、コーティング系!?を、一押し!!、とさせて下さい。

エサは基本、入手が楽と思われますので、石ゴカイを推薦しますが、、、。


今からは、こたつ猫、もとい、こたつギス!?、の時期に入りますので、出来るだけ海水温が高めで安定しておる海域に群れておりますので、嵌れば面白い釣りが出来る、と思われます。。。


つづく、、、かも・・・
[PR]
by maru-se | 2017-01-09 23:10 | Tackle | Comments(2)
Commented by ティワン at 2017-01-12 06:51 x
毎度です〜。

越冬ギスは、近場では殆ど釣れませんのであまり釣ったことがないのですが、置き竿で狙うの楽しそうですね。この辺りでは天橋立とかまで行くと釣れるようなんですが天候に左右されますのでナカナカいけません、もはやシーズンインが待ち遠しいです(^^)
Commented by maru-se at 2017-01-15 08:30
ティワン さん、おはようございます。
コメント、有難う御座います。

越冬ギスですが、吉報?、が入っておりまして、本日、釣査!?、を予定しておりました・・・。
しかし、昨日から雪がちらつき、本日の朝には、ついに当地においては、道路にも積雪しております。。。

今回は、仕切り直しにて、次の休日を待ちたいと思います。

今後共、何卒、宜しくお願い致します。


<< 初釣りに行って参りました ~ ... 遊休(休眠?)タックル!、しな... >>