カテゴリ:未分類( 26 )

2017年元旦!。

謹賀新年!。

昨年は、お世話様になりました。
今年も宜しくお願い申し上げます。


昨年は、息切れ?したのか、記事を書くのが疎かになってしまいました。
申し訳御座いません。
思えば、投げ北秋祭りに参加表明をし、リンクを変更して戴いたのですが、実名にてリンクをして戴きました・・・。
その結果、思わぬ反響を頂戴し、少し戸惑った次第です。
昨年の7月末現在で砂浜でのトーナメン形式での大会・競技は未経験でしたので、所属協会、所属クラブの名誉のためにも、恥をかかないように、と思いまして、その後8月より本格的に朝練に入りました・・・。
20時頃より床入りし就寝後、起床は4~5時にて現在まで約5ヶ月程過ごして居りまして、思ったよりブログを更新する時間が取れずでして、記事が滞ってしまいました・・・。

そして、8/28に行われた島根県大田市の琴ヶ浜にて行われたシロギスの祭典において痛恨の、おでこを食らいまして投げ北秋祭りに暗雲が立ち込めまして更に朝練に力こぶ??がもりもり??に入った次第で御座います。。。
その後、9/25に行われた、NPO法人様の初心者釣り大会?にお手伝いとして島根県益田市入りし、前日の9/24に入りまして夕まずめにて釣行し、ヘダイのランク魚をゲット!。
しかし無理が祟りまして、帰宅途中にアクシデント、有り!でして忍とも!!、で御座いました・・・。
10/22、23には、中四九交歓落ちギス大会が開かれたのですが、前日に鳥取沖地震が有り、天候も悪くでして33cmのグチと20cm位のキス等しか釣れずで、提出魚は無しの大会でした、(広島湾にて候・・・)。
そして迎えた投げ北秋祭りですが、一日目の浜詰戦を石カレイの26cmのみに終わりまして提出魚無しでして大恥で御座いました・・・。
夜の部の懇親会後、翌日の天橋立戦において辛うじてキスを釣りましたが、総合成績19位に終わりまして残念でした・・・。
敗因としては、一日目は一投目に秋田狐10号??針相当の仕掛けを付けて投げたのが敗因でした・・・。
アタリをもらいましたが、針が大き過ぎたのかキス乗らずでして、、、一投目が全て、でした、、、。
二日目は、キスやおじさんが釣れたポイントで粘れば、更なる釣果を得る事が出来たように思えました・・・。
残念に思えますが、またの機会が御座いましたらリベンジ!、と行きたいと思います。

そして、北近畿から帰省後、翌週から、全カレイの釣査??のため、周防大島入りを致しました・・・。
11/6、23年振りに500円分ながら本虫を購入し、入釣するも、カレイ狙いの方はおられませんでした・・・。
11/13、23年振りにカレイ狙いに竿を三本体制で再び周防大島に降り立ち、釣査に入るも、エサ取りの猛攻に会いまして、忍とも!、でして、このままでは昼までエサが持ちませんので、やむを得ず、竿を二本にして挑むもカレイの顔は拝めず、でして不安な全カレイを迎える事となりました・・・。
そして、11/20の全カレイ当日ですが、何やかやで点呼時間の4時に集合し、4時半スタートとなり、迷わず、一路周防大島のM地区へと進みました、が・・・。
暗い時間にサメの40cm?位のものが釣れましたが、ドラマは起きず!、でした・・・。
日が昇りまして、満ち上がりですが、外道のキスやトラちゃんは釣れますが本命のカレイは釣れず・・・。
そして思ったよりエサ取りが少ないので、本虫5000円、青虫2000円分が大余りにて、10時過ぎ頃になり思案。
ビッグサーフ17号針の仕掛けのタックルに本虫を約10cm付けて、エサが身切れしないように気を付けつつフルキャストでファイア!!。
一分して、この竿が三脚竿立から吹っ飛ばされまして海面にダイブ!。
みるみる30m沖まで竿が走りまして、万事窮す!、に思えましたが、 何とか止まりましてF石さんに連絡を差し上げますと、妙案を教えて下さり、このタックルを無事に回収する事に成功し事なきを得る!。
力糸から切断されておりましたが、駆けつけて下さったF石さん曰く、「 青物の可能性、有り!!」、と申される!。
その他、このポイント、コブちゃん等の鯛類の実績場らしく、鯛類の可能性も有る!、と申された・・・。
カレイでしたら50cmオーバー、かも・・・、ですが誠に残念至極で御座いました。
この時、取れなかったのは一重に、ドラグ無しのキス用投げリールを使用しておりましたので、残念でした・・・。
もし、ドラグ付きリールでドラグフリー釣法でしたら、顔が見れていたかも、でして良い勉強をさせてもらいました・・・。
結局、昨年の全カレイは、またしても、提出魚無しでして、情けなく思う次第です。

そして納竿大会が迫る、12/3に切串付近に入るもカレイはボーズでして、またしても暗雲が立ち込める!!。
12/10、11の納竿大会ですが、前日の前夜祭に参加し竿出しをするも潮が悪くでして、翌日に賭ける、ことに・・・。
明けて、11日ですが大君港の先端に入るもカレイは、ほげりましてアナゴと18cmのカサゴのみと寂しく終わりました・・・。
この大会、結局カレイは全体の3割の方しかキャッチされておらずでした・・・。

そして本日、1/1ですが・・・。
元宇品西護岸、出島をドライブがてら回るも、カレイ狙いの方はほとんどいらっしゃらず、でした・・・。
そして太田川護岸を回るも、ルアーの方しか、いらっしゃらず・・・。
井口港では、メタルジグを投げられた方がコノシロをスレ掛りされており、コノシロがムレムレで群れておるようで御座ります・・・。
お話では、大晦日に鰤がブリブリっと!上がったようでした・・・。
このように秋の魚である回遊魚がてんこ盛りで押し寄せておる状態ですと海水温が高めのようでして、冬の魚であるカレイを狙うのは厳し目かも!?、であります・・・。

このような近況ですが、今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by maru-se | 2017-01-01 23:32 | Comments(4)

堤防用サイドスローSPロッド、と投げキス自転車について、想う。。。、、、、。

この度は、投げキス用の竿や専用の自転車??について考えてみたいと思います。
タイトルのように堤防においてサイドスロー系でキャストする為の竿を考えてみた次第です。
通称、〇〇田川&バードサンクチャリーモデル(別名・〇野の鳥井さん仕様とも言う。。。)・・・。

対象魚は違いますが、バス釣りにてボートで釣る場合、ロッドはスピニングロッド3本位、ベイトリール用ロッド4~7本位搭載して釣りに行くそうです(トーナメント時)。
それで申しますと、我々は手持ちの投げキス竿を車等に3本位までは携帯?しても良いと考えており、私は1本の竿で全てのキス場に対応出来ない応用性の無い人間です。。。
ですので、ポイントにより竿を使い分けたい訳です。。。
勿論、大物狙いの大会の場合でしたら、同時に2、3本竿出しをすると思いますが、ここでは主に投げキスにて釣り場に持ち込む竿を、1本のみに限定致します。。。
ただ新規に竿を購入する訳にも行かずでして、仕方なく手持ちで、いにしえの並継投げ竿?、00サーフリーダーSF 405CX(ST) をあてがう事に致します。
理由は堤防の様なコンクリートで覆われた人工系の釣り場では竿をはじめ道具に傷が入り易く、がちゃがちゃになりがちですので廉価な道具とした次第です。
これは先日の釣行時、12スカイキャスターを使用したのですが可哀想な事に、堤防周りで傷が入りまくり痛い思いをした為です。。。
ですのでリールも高価過ぎないブツ?が良い、かもです・・・。

堤防にも色々有ると思われますが、ここでは後方の狭いポイント用とします。
キャストはアンダースロー気味のサイドスローでして、慣れないわたくしめ、正面に飛ばすのに苦労いたしました、、、。
そして当地は潮の潮位差が激しく大き目ですので大潮の時、干満差350cm位の上下動が有る場合もあります。
この様な大潮の場合、AM10時前後の満潮が多くでして、好ポイントには先行者に先んじられる場合が結構多くあります。
ですので時間帯をずらして好ポイントに入る事が出来ても引き潮にて堤防の基礎石や敷石、干出し岩等が露出し非常に釣り辛くなります。。。
この時、ショートロッドでは厳しく(堤防の天場によじ登れば良いのですが危険な場合が有りますので、ご注意願います。。。)、出来れば425の竿が望ましい。。。
仕掛は条件次第ですが2本針または4本針とします。。。
もちろん潮位の高い好条件@好ポイントの堤防等に入釣出来れば針数を5本以上が望ましいです。。。

投げキス自転車についてですが。。。
中古で購入した、B社の古めなものをベースとする・・・。
残念な事に後ろの荷台@リアキャリアが装着されておらずでして前かごのみにて荷物の搭載が心もとない。。。
リアキャリアが標準装備でしたら、直ぐにでも何らかのカゴや箱?等を装着出来るのですが、忍とも!、でございます。
ですのでリアキャリアの装着の件、悶々としており、自転車店で見てもらいますと、旨みが無い模様でして2店ともに軽くあしらわれる。。。
思い悩んで、ネット通販に活路を見い出す為、熱帯雨林??のHPを眺める。
ものは有りましたが、微妙にサイズ違いが数種類有り、現物合わせが不可能ですので、結論が出ず、、、。
そして先日、ホームセンターの自転車コーナーに寄った折、該当すると思われる、リアキャリアを発見!。
しばらく、このリアキャリアを眺めておりましたが、、、。
展示中で手持ちの自転車と同じタイヤサイズ・同形状の自転車にこのリアキャリアをあてがってみて、良い感じに思え廉価と言う事も有りレジへと進む!!。
帰宅し装着してみたのですが、思ったより短時間で装着する事が出来た!。。。

e0117319_14514573.png


現在は、この様な感じですが、今の状態ではリアキャリアを付けたのみで箱・カゴ等が未搭載ですので長時間の釣りは??です。。。
この自転車で今釣行するとすればコンパクトロッド系にリュックサック等を背負いクーラー等は無し、釣った魚はリリースもしくは地元系の通行人の方ないし近辺にいらっしゃる釣り人に進呈か。。。
今後は、後ろにクーラー等が入る箱・カゴ等を装着し、出来れば並継投げ竿を搭載する為に何らかの筒等?を装着せねば!!。
課題が出来た・・・。

この自転車の主な目的等は、公共交通機関を利用しての輪行釣行?やこれを車に積んで駐車場から徒歩移動するのはあまりに遠過ぎる?ポイントで活用する事を夢見ておるのですが。。。
ただ、輪行釣行でしたら輪行専用の自転車に買い替えを視野に入れる必要が有るようです。。。
車に積載する場合は、この度写真で掲載した自転車はコンパクトでは無くでして、より小型な自転車に変更か・・・。
この度、実験的に製作、改造しようとしておる自転車の、用途等ですが・・・。
主に、40年位前に自転車で良く通っておった、なつかしのストックホルム??、状態のMU島護岸(現在はホスピタルポイント・・・)等・・・。
その他、MU島一帯やその近所のD島、Y島近辺、T満川、〇〇田川、K漁港周辺、I口港、Y幡川、ドM港??等、を視野に入れて考えておるのですが。。。

この投げキス自転車、取り合えず入梅頃?から本格手的に始まる〇〇田川の投げキスのシーズンに間に合わせ、最小限ながらもフルセットの並継竿系のタックル??を搭載して釣行してみたい!!。。。
[PR]
by maru-se | 2016-05-05 23:32 | Comments(4)

嬉し恥ずかし、2回目のコミ(ジョイントの込み)調整・・・~ 00サーフリーダー405CX(ST)。。。

この度の熊本、大分における大地震で被災された方々におかれましてはお見舞いとお悔やみを申し上げます。
一刻も早い復旧をお祈り致します。
自宅でも3回、そこそこの揺れを感じました。
現在でも日が沈み、夜になって地球が冷えるのが怖いような気が致します。

わたくしめが、拙ブログ内で出来る事は、釣り関係の事等を書いて読まれる方々が和んで頂ければと思う次第です。
書き続ける事をお許し下さい。


e0117319_2047537.png


この度は、少し休ませておった、約10年位前に入手した、00サーフリーダー405CX(ST) についてです。
廉価で導入したのですが、ジョイントのコミが最後まで入りませんでした・・・。
大体、2、3cm位?黒い部分が露出しておりました。
この竿を購入当時、並継投げ竿の所有歴は、いにしえのリョービ、オリムピック、ダイワのグラス竿でしてその後もダイワの10年くらい前の最新廉価?のハイカーボンを使用しておりました。。。
上記の竿、全てきっちりと最後まで黒いオスのコミが入りましたので、このサフリもてっきり同じ様にコミが収まる!、と思っておりました。。。
しかし、その期待は裏切られまして仕方なく自らでコミを研磨・・・。
一旦は上手くいったのですが、使用するうちにコミが甘くなり、キャストで竿がねじれますと1、2のジョイント部がねじれまして、困りました。。。
どうやら、コミの削り過ぎのようです。
この様な事にて以後、代用の竿が出て来ましたので暇を取らせておりました。
しかし、この前の釣行で代用しておった竿が思ったより痛みまして急遽、この00サフリを一軍に昇格させる。。。

で、掲載した画像ですが・・・。
取り合えず、コミが緩めですのでフェルールワックスを塗ってみる。。。
思ったより改善せず、塗布部にゴミ等が付着しそうな気がしてランガンキスの際に不具合が生じてもいけませんので無水アルコールで塗布部を清掃してワックスを除去。。。
さて、どうするべ?!、と思いましたが、再度コミ調整をするべくオス部に取り合えずアロンを薄っすらと塗ってみる事に。。。
そうしてジョイントを継ぎますと1/3 しか入らず・・・。
塗り過ぎた、か・・・。
想定内ですので手持ちの800番耐水サンドペーパーでコミのオスを少しづつ削って様子見、か。。。
少し削っては差し込みの繰り返しで3、40分程経過してジョイントの差し込み方に慣れて来まして、ある時を境に割りと奥までコミが入る!。
今までは、コミと申しますかジョイントの接合をなめておりまして割りとコミより遠くから、おっかなびっくりでジョイントを継いでおりました。
継ぎ方のキモとしては、コミのオス部に出来るだけ接近して持ちつつ、ある程度の力加減で継ぐのが良いようです。。。
そして最後はオスのコミの黒い所を8mm弱出る様にして終わりとしました。
これは、出っ張りが1~2cm弱位でしたら許容範囲との事でしたので、そのようにしてみたのですが・・・。
使い込めば、多分、い~い感じになると思います、多分・・・。
その他、現在、コミのメス部のワックスを除去しておりません。
これが、多分、良い方向に繋がる、と思うのですが。。。

それにしても、シマノのコミは硬いです、ねぇ!。
ダイワや、がま、とは感じが違います。
ダイワやがまのコミが比較的、柔(ジュウ)でしたらシマノは剛ですかね。
柔と剛、どちらが良いのか、忍とも勘とも!。
実はあまり記事にはしておりませんが手持ちにスピンDXが有ります。
このスピン、中古では無いのですが、最初からコミが甘め・・・。
また、手持ちで以前ご紹介した、06サフリCX(ST)はコミがきつい。。。

もうすこし考えてみたい!!。
[PR]
by maru-se | 2016-04-18 23:41 | Comments(4)

超ショート釣行! ~ 2015.8.17 のキスing・・・・

先日の周防〇〇島釣行で、わたくしめ不完全燃焼でして盆明けで、どうかと思いましたが天気は曇り模様で朝もばっちり起床出来ましたので、道場へ向かう・・・・。

今日は実の所、隠し玉のタックルを使いたかったのですが、雨の確立が結構高めでしたので並継竿にて挑む。案の定、小雨が断続的に降り体感的には割りと快適でしたが、もし振出竿で釣っておれば竿がジャリジャリになったかも知れません。そして7時前には道場を後にしたのですが、その後雨は本降りとなり事なきを得る。。。

今日は超寂しいものでした・・・。これが晴れの日でしたらもうちょとは釣れていたかも、でありますが、単にわたくしめの腕が悪いだけでして、お許し、をば。。。
キスは110m付近に定位しておった模様ですが、最初にばたばた?と釣れてその後はテカミハゼの猛攻に合いまして難儀しました。
釣果写真は恥ずかしいので掲載しない予定ですが15~18cmのキスが3匹と情けない限りであります。。。 夏枯れでせうか・・・・。

今度は県内島嶼部に行きたいような気が致しますが、どうなります事やら。。。

e0117319_1135045.png

e0117319_17494714.png

[PR]
by maru-se | 2015-08-17 23:03 | Comments(2)

二兎を追うものは一兎も追えず、、、~ 2015.3.15 のキスing...

昨日、某所に釣査に行って参りました。
この日は潮汐表を見ますと、最悪に近い長潮でして瀬戸内島嶼部に遠征しても釣果は厳しいとみたのとガソリン代の節約をかねて手近な所とする。 
狙いは時期的に、戻りカレイか春キスですが、11日頃に爆弾低気圧?が発生したのちでしたので釣り場の常連釣師に聞きますと、ここ数日魚の顔を見ていないとの事。モチベーション、下がる。。。
この日は、午前中は何とか雲混じりながら晴れ間が差しており、ぼちぼちのコンディションでしたが昼からの満ち潮時には雲が厚めで風が少し冷たく、風邪けなワタクシめには辛ろうござった。。。
その他、私自身のコンディションがあまり芳しくなかったので、車横付けポイントとしてみたのですが。。。。

そこそこカレイ狙いの竿も並んでおりますので、我々は小針にてキス等を狙いつつ時合が来ればカレイでも、とムシの良い考えで挑む。
今日は釣りを甘く考えておりました。。。 それは早めに昼食を取り午後からの打ち返しの満ち上がりを狙えばもう少し何とか荷になった模様ですが、食事が遅れたため好機を逃す。。。
結局、私と友人とで行ったのですが中途半端な魚、をゲットしました。。。 海タナゴは主に春に型の良いのが釣れ易いので春の気配を大いに感じましたが、このようなド貧果に、お恥ずかしゅうございます。
確かに14サフリではキスらしきブルブルを感じたのですが、仕掛にサーフ〇ーパーを装着するのを忘れており、キスに違和感を与えた模様。。。。
この度は、私が大きい方のタナゴ一匹のみで友人が溜飲を下げましたが、まぁいいか。。。

取り合えず時合の大切さを痛切に感じた、この日の釣行でありました。。。


おっしまい。

e0117319_11501399.png

e0117319_11504390.png



ロッド405EX-T他 リール投げ専用他 道糸1号、3号 +力糸 天秤錘15、20号 仕掛モトス2、3号他 エダス1、1.2号他 針5~7号他
[PR]
by maru-se | 2015-03-16 22:57 | Comments(0)

雨の止み間にて ~ 周防大島行き、強行する!。。。

ご報告が遅れましたが16日の釣行記です。 あしからず。

うーむ、今月は休日に長時間雨が降りまして難儀しております。
久々に、午後より雨が小康状態のようですので、釣行する。
この様な時期に、土地勘の全く無い山陰海岸より手堅く大島に向かう事に。。。
昼からの引き潮狙いで50gの砂虫をにぎりしめ入島する。
これだけ長期間雨が降りますと県内島嶼部、倉橋能美江田島等で流れの速くないところでは濁りで食い渋りとかでして、大島は如何に!。

結局、18時頃の干潮で、何やかやの珍道中でして15時半頃から釣りはじめる。。。
うーむ、この様な夕まずめとは言え潮が最悪ですと、ギザミと鯛の子位しか釣れず、キスは次回に帰す!、と言う事で3人で行って1人は卵で釣らずでしたので最悪でありました。
ただ、釣り以外のもううひとつの大きな目的が有っての大島行きでしたので、取りあえずは満足なり。

今回は、荷物を減らす為 この前ご紹介した 8リットルクーラー+CPサイドBOXハードと針の投魂T1 8号のシェイクダウン。
クーラーの方は、サイドBOXハードが良い仕事をしてくれましたが、このクーラー、サイドBOXを付けております右側の方が重いのでバランスが若干ですが良くないので、左側面あたりに天秤ホルダーでも装着するか何かしてバランスを取りたい所であります・・・。 その他、お盆過ぎとは言え真夏ですので凍らせた1リットルのペットボトルでは、もたなかった。 側面等に穴を開け過ぎたのかなぁ。。。 ただこの度は魚の保冷係りでは無かったので難を逃れましたが、手持ちでは11リットルの方が安心かも。。。  課題が残った。。。
T1 8号の方は、キスがゼロムゲでしたのでインプレは微妙。。。  ただエダスように結わえたホンテロンキスSP1号とフロロの1.25号ではホンテが藻場に耐えれずフロロに軍配が上がった。。。 アタリはそこそこ有りましたがT1 8号で押し通したので取れない魚がおりましたが、T1 5号位でエサもせこく付ければ7割がた取れたかも、でありますが。。。 比較的大きめの針でヒネ以上を狙うのがこの島では吉と出る事が多いですし、型物が出ないと後でさばくのが大変なのですが、夏場の束釣りも良いかもです。。。 結局 T1 8号のワタクシ的評価は超一流のキス針&青地ギザミ(キュウセンベラ)針と言う事と致します!。
その他では、リールのハンドルを左から右に完全移行。 入釣した場所は比較的、藻がきつく魚が連で掛かった場合、藻に取られる場合が有ったのですが、この日は利き手の右ハンドルと言う事もありゴリ巻きしても疲労感は少なし。 リールはSAスピードキャストでしたが、安心できた。。。 シマノではやはりパワーエアロ系のギヤやボディを持つリールが藻場には良いかも、で45系は憧れておりましたが名より実を取ってフリーゲンSDを考えてみたい。今回のリールはノーテーパースプールでしたが97SA EV の5度テーパースプールに比べて5~15m位飛ばないような気がする。。。 これはリールの相性が合わないようで、私には5~6度テーパースプールをラインを少なめに巻いて使用する方法が良いかも、でして古い機種ですがSA XT系や97SA EV FV系でもう少し修行するのが上手ではない私には良いかも、であります。。。
e0117319_13483499.png

ロッド30-405T リール 投げ専用 天秤錘25号 道糸1号 仕掛砂ずり2号モトス2号エダス1号1.25号 針6号、8号

追伸
最近、拙ブログへのお越しの方が増えられまして嬉しく思います。
道具の改造やインプレ等はぼちぼちですがこの度の、釣行記もそうなのですが、さかなはよう釣りません。
読者殿には恐縮至極でありますが、あたたかい目でみてやってくださいませ。
宜しくお願いいたします。
[PR]
by maru-se | 2014-08-18 22:52 | Comments(2)

クーラー改造 ~ 2014年度仕様のキスクーラー、取り合えず一部組み立て。。。

昨年に引き続いて、今年のキス用クーラーをこさえてみました。。。
この度のベースクーラーにシマノ フィクセル90ベイシスを使用。
このクーラー 4、5年前より所有しておったのですが、バランス的に気になる部分が有り手を入れるのを躊躇しておりました。
この機種の良く有る改造としては、純正サイドBOXを左右装着するものが主になると思われますが、軽さ命のフィクセル90系ですので軽さの利点を生かすのが本道なのでサイドBOXはひとつで何とかならないかなぁ。。。
取り合えず、この度のクーラー、ちょい投げ用としサイドBOXは今の所、まだ固定式のブツは考えないよう柔軟に行こうと思うのですが。。。

外観ですが。。。
竿立に取り合えず、ピタツキスタンドを装着!。 これはsankon師から譲り受けたクーラーに装着してあったものを移植したのですが、師の意思を受け継ぐと言う事の現われでもあります。
サイドBOXについては、右にダイワ用にこさえて有ったものをそのまま、無改造で装着。 左は取り合えず手持ちの拙者製軽量サイドBOX(ダイワ用)が装着出来たのですが、写真には残さず。。。
e0117319_17322627.png

e0117319_17325096.png

そしてこのクーラーの内部ですが。。。
色々思いがめぐりましたが、取り敢えずは純正の白い内部トレーを活用。
e0117319_1736157.png

この度はトレーとキス用タッパーを合体させて、クーラーの小出し投入口から新鮮なエサを取り出せるように模索したのですが。。。
私の場合、手が大きくないので投入口よりエサを取り出せますが、手のひらの大きめな方はお怪我をされるかもで無理目ですのでお気をつけてください。
e0117319_17415023.png

e0117319_17435754.png

今回のキスタッパーは、おまる? のような形状になりました。
このキス用のおまる? の下に凍らせた500mℓのペットボトル2本を敷きまして取り合えず完成!、であります。

最近のキスやギザミの情報は近投で上がっておるようですので、ショートロッド2本を以前ご紹介したXEFOのバッグに詰め込み、このクーラーには余り多く装備しないで、出向いてみようかなぁ!。
[PR]
by maru-se | 2014-06-14 22:43 | Comments(0)

2013年6月下旬のキスing・・・・

相変わらず、手近な所でお茶を濁しておるワタクシであります。
県内島嶼部や大っきな島こと〇〇島では好釣果が聞かれておりますが、現在大きく動くことが若干難しく、島嶼部系の釣り場に指をくわえておりまする。。。
今が一番大型のキスゴが釣れる時期ですが、好機が到来すれば島嶼部や〇〇島に遠征?したい。。。

本日、行って参りました。
時間が無く、エサは砂虫20gしか持参せず、、、
風が結構有ったのですが、ボチボチのポイントが空いておりましたので釣り座を構える。
気をつけて投げたつもりですが、2投目で痛恨のバックラッシュ。。。
力糸から先が飛んでしまった・・・
忍とも勘とも。
この度は、ラインにPEしか持参せず、仕方なくサミングして飛距離を調整。
やれやれ、初速を抑えたせいか飛距離が足らず。。。
その後ラインが水に馴染んだ頃に少し遠投してみる。
そうしますと、キスゴが掛ってきた!。
2匹釣れた頃に、風が少し収まりまして、天秤錘を33号に変更。
ボチボチと釣れてきた。

うーむ、最近良く、バックラッシュしてしまう。。。
リールのSA XT 標準のテーパー付きスプールに、以前に比べて多めにPEラインを巻いておりますので無理が有ったのかも知れません。
試しに、交換したスプールはPEラインを少な目に巻いて居ったのでトラブルは無かった。。。  しかし飛距離は10mは落ちまして忍ともでござる!。
手持ちのリールですが、SA XT と 97SA EV ですのでPEラインに必ずしも対応しておらず、SA サーフリーダー35あたりを狙っておるのですが。。。

今日は、ツ抜け出来ませんでしたが、外道の30cm弱のセイゴが掛り引きを堪能。
少しは海水温も上がってきたようでありますが、テカミ等のハゼ系は掛らず。。。
その他、連掛けも無く、群れも小さいような気が。。。

もう少し様子をみたい。。。


tackle
ロッド30-405T リール投げ専用 天秤錘30、33号 道糸1号 仕掛モトス2号エダス1号鈎5、6号

e0117319_1420026.png

[PR]
by maru-se | 2013-06-22 22:22 | Comments(0)

2013年6月中旬のキスing・・・・・

行って参りました。
本日は島嶼部を視野に入れておったのですが起床が遅めでして、出遅れたので釣果を期待せず、のんびりする事に決める。。。。

何箇所か回ってみたのですが、時既に遅く気候も良いので家族連れが目立ち、中々思ったような場所に入れない。。。
浜系はゴキジェットが占拠しその他早めの海水浴客も居り入れず。

仕方なく前日の降雨でささ濁り気味の某所で釣る事に。

この場所も相変わらずのバックスペースが取れない場所でして竿の振幅が取れず、思ったようには投げられなかった・・・。
濁り気味ですのでエサを大き目に付けて投げますと、増々飛ばず。 風もそこそこ有りまして忍とも勘とも。

キスゴは近場には居らず、目一杯の遠投で釣れて来る。
しかし、アタリが少な目でして、降雨の影響か外道が掛らず。 しかしヒトデは結構掛りまして、苦笑であります。
うーむ、掛ったら型の良いキスゴだったのですが、多くは釣れず。
実は昨日はアイスクリームを欲張って2つ程食したのですがバチが当たったのか、体調不良気味でして、取り合えず数は釣れませんでしたが、早や上がりする事にする。
エサの砂虫30gは半分位余りまして、忍ともですが今日は午後から、ゆるりとしておりました。

本日の収穫は、S師匠が考案された、全遊動天秤から固定天秤にワンタッチで着脱式に出来る方法を試す。
まずは、全遊動天秤に装着してスナップで接続。 しかし飛距離が更に必要にて2本針の短尺仕掛+固定天秤にチェンジする。。。  中々に快適に天秤錘を交換が出来る!!。
目出度し目出度し。
しかしその後、ラインがバックラッシュしプッチンしまして、力糸から先を失い戦意喪失。

今日は風が有り、風裏は満杯でしたので仕方が無いのですが、PEラインでは難儀でありました。 この様な時にはナイロンラインやフロロラインが良いのかも知れません。

課題が残った・・・・・


tackle
ロッド30-405T リール投げ専用 天秤錘固定、遊動共30号 道糸1号+自作力糸 仕掛モトス2号1.5号エダス0.8~1.2号 鈎4、5、6、9号

e0117319_15564614.png

[PR]
by maru-se | 2013-06-16 22:07 | Comments(0)

2013年、5月下旬のキスing part2・・・・

連荘(レンチャン)でまたも行って来ました。。。
今日は日曜日でしたが、午前中、仕事が有り午後からの出撃。
大潮の引き潮ですので、思案しましたが取り合えず砂虫を300円分と湘南天秤と錘を購入して向かう。
やれやれ、どこも先客がおりまして、入り易い場所に入れてもらう。

うーむ、16時30分までと3時間の釣りでありました。
ある方曰く 「 一時間に5、6匹釣れないと釣りを飽きてしまう、面白くない 」と申された。
これは、約10分に一匹のペースでありまして、今の時期のキス釣りでしたら、十分に可能でありまする。
ですので今日は3時間で最低でも15匹を目標にしておったのですが、目標の半分程度しか釣れず。。。
外道のギザミ(キュウセンベラ)やテカミハゼその他も元気なく外道は多く掛からず。
昨日今日の二日間合わせてキスの釣果はやっとツ抜けでして、穴が有ったら入りたい。。。
県内島嶼部では数日前にS師匠が半日で70匹以上の好釣果を上げられており私の住む近所では時速5、6匹を達成するのは、朝から良いポイントに入らないと厳しいかも。。。
次回からは考えてみたい。

今日の仕掛ですが5年前に製作したシーガー2号をモトスとした砂ズリ無し仕掛を秋田狐7号の鈎で使用。 シーガーは普段愛用しておるモトスよりしなやか気味にて良いですなぁ!!。。。
最初の2匹位は良かったのですが、その後はキスがスレてきたのかエサを食い逃げ。
仕方なく、鈎をダイワ 投魂T-1、 5号にチェンジ。
そうしますと何とか掛かって来た。。。
この投魂T‐1ですが、キスの掛かりが良く気に入っております。 軸の強度も程々ですが私はこの鈎、念のため2匹掛ったら鈎交換しております。 今日は取り合えず様子見に最初は2本鈎仕掛の短尺仕掛を投げてみた。 これで連掛けが有れば3本4本と鈎を増やす予定でしたが、キスの連掛けは無し・・・。
キスの釣れる距離はバラバラですので群れを絞り込めず、苦虫を潰しておりましたとさ。

課題、残る。。。

e0117319_21595424.png


Tackle
ロッド20‐365 リール2500番 天秤錘湘南天秤他10、15号 道糸1号 仕掛モトス2号ハリス1号 鈎5、7号
[PR]
by maru-se | 2013-05-26 22:17 | Comments(0)