カテゴリ:カレing( 6 )

納竿大会@2017年、に参加いたしました・・・。

所属協会の納竿大会に参加したので記事に致します。
ルールは昨年同様、山陽瀬戸内サイドと山陰サイド、2会場で行われました。
この、2会場に持ち込まれた全日本サーフの対象魚をランク割りし、競われるもので御座います。

山陽側は審査会場が呉沖島嶼部の能美島ですので、当初は、わたくしめ、同じく呉沖島嶼部の倉橋島・能美島・江田島のいずれかに昨年同様に入釣を予定!。
9日(土)、の正午からスタートですが、身動きが取れるようになったのは、17時過ぎでして、一日目は呉沖島嶼部行きをあきらめる・・・。
で、一日目は19時より、ルールでOKな市内のマイポイント、D島に参る!。
ハゼドン!、こと、対象魚のマハゼ3匹を釣った後、21時に撤収し帰途につく・・・。
Zzz・・・、お休みなさ~い・・・

翌12/10(日)、さて何処に!、と思っておりました。
音戸の瀬戸か早瀬の瀬戸かと悩み、結局、音戸の瀬戸に入る!・・・。
この選択が凶と出る・・・。
早瀬にしておけば・・・。
e0117319_02423082.jpg
e0117319_02432779.jpg
e0117319_01274495.jpg
このポイント、単独でしたが、駐車場に難が有り、二名位の入釣が吉とみた!・・・。
その他、舟・船の往来が、すこぶる激しくでして、小波止は波をかぶり、侵食が激しく、オー怖わーい!・・・。
この様な感じですので目の前、50m沖を、ひっきり無しに舟・船が航行するので竿は落ち着いて出せず、2本体制、な~り~!。
橋も間近でして、潮流、早し!!。
左右投げ分けるも、オレンジ色の通称〇ンポ虫がしこたま掛かりまして、魚の気配、ナッシング!。
9時にエサも乏しくなり、この場所をあきらめて、早瀬付近に入る。

早瀬付近で、H澤さんにお会いする。
ランク・カレイを含む、カレイ2枚釣られておられまして、流石で御座います!。
早瀬では、釣り画報の記者さんが取材中でして、、、。
で、私が音戸の瀬戸で、ホゲッタ事を伝えますと、この場所の攻略方法を教えて下さった!。
ありがたや !...

10時頃、早瀬大橋を渡り審査会場に向かう。
審査会場では、N代表が釣られておられる!。
華麗なフォームから、遠投され、冬キスを引っ張り出され、素晴らしい!。

で、11時半より、審査検寸・・・。
e0117319_01283711.jpg
瀬戸内サイドでは、一位・マスター@K池師でカワハギ、二位・H澤さん、カレイ、そして三位は、わたくしめでマハゼ、四位・F石師のキュウセン、でした。
e0117319_03145779.jpg
山陰・山陽瀬戸内での総合でもマスターは二位に入られまして、素晴らしく思います。



TACKLE
1日目 竿 D社並竿33-425、リール 45ストローク、天秤錘 固定式L字型天秤25号、道糸PE1号+自作PE力糸 仕掛 モトス磯用3号エダス1.2号 針狐型9号

2日目 竿 D社振竿30号405T ×2本、リール D社35ストローク×2台 L字型遊動天秤25号27号30号 道糸PE2号 + 自作PEテーパーライン 仕掛・自作 モトス8号エダス・ハリス5号 針14号の2本針仕様

[PR]
by maru-se | 2017-12-12 23:44 | カレing | Comments(0)

4ケ月と3週間後に迫る!!~ 華麗なる釣りの祭典に想う・・・。

7月に入りましたが、まだ梅雨もあけておらず、うっとおしいです、ね~~。
昨日は晴れましたが、忍とも!、でござる!!。
この様な時には食中毒その他が気になりますが読者殿におかれましては健康には呉々もご注意下さいませ。
今回は、華麗なる釣り、カレing??について書かせて下さい。
今年から、わたくしめ、シロギスの祭典に続いて、カレイ釣りの祭典が11月にございます。
参加を予定しておるのですが・・・。

カレイ釣りについては拙ブログ内にてカテゴリーを作っておりますので、投げ釣りを再開して11年で確か2、3回程、狙って釣行致しました・・・。
ただ、釣り方はエギングロッド等でのちょい投げでエサも砂虫でして、忍とも・・・。
ぶっちゃけ、落ちギスの合間にカレイも出たら良い、なぁ!、程度の不真面目釣行でした。
今回は本格的に??、考えてみたいと思います・・・。

まずは実家の倉庫に眠る、いにしえのタックルを漁ってみる!。
そうしますと、まずは1980年の秋頃に入手したプロスカイヤー390とダイワのスポーツラインGS-5000を発掘。。。

e0117319_1747557.png

e0117319_17473025.png


わたくしめ、実は1977年の10月末に、当時の友人とともに草津魚市場の先、西部開発護岸にてカレイ・アイナメの投げ釣りにデビュー致しました・・・。
当時の竿はエビスでした・・・。
そして初陣を20cm弱程度のアイナメ2匹で飾りまして、この友人の親兄弟や私の父母等からほめられまして、魚釣りに大いに嵌り込む!!。。。
ほめ殺し、かも、ですが、当時はその気になりまして、釣り道具のカタログをゲットして眺める日々でした・・・。
そしてオリムピックの世紀アマゾン、世紀キューバに大いに憧れる!!。
しかし当時は買える金額では無くでして指をくわえ、結局、丸福釣具の廉価竿、瀬戸内サーフ?360か12?と申す深緑色で穂先が白い振出投げ竿を78年に入手!・・・。
何故にオリムか?と申しますと、父親がオリムの3.6mのグラス並継竿、キングサーフ??と言う品物を使っており影響、有り!!・・・。
その後、80年にグラスのアマゾンやフェニックスを所有する釣り友達2、3名に出会いまして、型落ちした世紀アマゾンを購入しようと丸福釣具五日市店に行くもSOLD OUTにて、時はすでに世紀グリーンアマゾンや純世紀セピア・アマゾンの時代でして価格的にも購入出来ずでして悩みました。。。
そして悩んだ末、アマゾン、キューバのグラス竿は釣り友達が持っている、私は真似をしても良いのだろうか??、と思い一思案。
悩みまくった末に、結局、リョービのグラス竿、プロスカイヤー390に決める!。
そののち、このプロスカイヤーを試投した釣り友達は、こぞってプロスカイヤーのグラスを導入するも、420であったり420Hであったり420Sであったりでした。。。
上記を私が試投してみて、420はリールシートが私にはやや遠め、420Hはそもそも硬すぎでオーバースローで30号錘では棒のようで曲がらず、420Sが一番曲げ良かった??、かも、と言う感じでした・・・。
リールのGS-5000ですが今は無き街中に有ったダイエー広島本店にて、であります。。。
その時、純93かプロスカイヤー7 か、とも思いましたが結局価格が安めで信頼のおけて実績のあるダイワにした次第!。
後日談としては、90年代初頭に、この竿の出番が有りました。。。
しかし酷使が祟り腰が抜けて飛距離が出ず。。。
その後、某港前の釣具店にて偶然、プロスカイヤー390を二本見つけてゲット。。。

そして最近になって、写真のプロスカイヤー7・右ハンドルのジャンク寸前を保護する・・・。

e0117319_17441264.png


6台が捨値でして、ぶっちゃけゴミリール??で忍とも勘とも!、でしたが、結局、にこいち、ならぬ、六個二??、とし、二台のみ取り合えず蘇生致しました・・・。
小汚いリールですがお許し下さいませ。。。

そして以前にネタとしました、プロスカイヤー7・極細の左ハンドルでございます・・・。

e0117319_1841849.png


F岡釣具店にて長期在庫の憂き目を負ったこのリールを約25、6年前頃??に保護致しました。。。
捨て値でござる!、お許し、をば・・・。



そして、これらに巻くラインですが。。。

e0117319_1874369.png


もう今後、投げ釣り用の道糸でナイロンライン、それも単色のみのボビン巻きは購入する事は無い!、と思っておりました。。。
投げキスは勿論、カレイにおいても今後、道糸はPE!!、と思い込んでおりました。。。
忍とも勘ともでございます、が・・・。

で、この度ご紹介したリール、4台にラインを巻く予定です。。。
上記のリール、PEラインに対応しておりませんが、組み合わせる竿が、いにしえのキャスピン陶器製?リングのガイドでして仕方なくナイロンラインを巻く事に。。。
600m÷4、で一台につき150m換算で巻く予定ですが、どの様に道糸のm数を調整するか、忍とも!、です。
プロスカイヤー7 については4号170mとの表示がスプールに記入されておりますので下巻きをして微調整、か・・・・。
その後に、GS-5000に余り糸を巻いてみる事に。。。

その他、愛媛大会、全キスと大雨に祟られまして使用した竿がドック入り致しました。。。
この様な事があり、並継竿に再び回帰しよう!、と思う事が有ります。。。
プライベート釣行においては天候が悪ければ釣行を中止ないしは途中で帰宅、も許されますが、大会ですとそれは出来ません!。
今年のカレイの祭典、雨模様でしたら竿出しはシンドイ!、ですが多分、エサの予約を入れておりますので雨中においても強行軍、か。。。
竿・リールの予定としては、プロスカイヤー390を二本にジャンキッシュ?なプロスカイヤー7、二台と雨模様で無ければ振出竿をもう一本位、か。。。
4本竿が認められておるかどうか忘れましたがその時はまた追加の竿を出すかも。。。
しかし、いにしえのプロスカイヤー390が処分されておりました時の事を考え、手持ちのカーボン並継竿30号27号を適当にみつくろって、と思っておりました・・・。
その際、竿出しは2本は並継、1本はやはり振出か、との思いは有るのですが、どうしてもキスとは違いまして個人的な思い入れが強くで、がまかつの竿等が主流です、、、。
ですのでリールは、15・PS・QDも考えましたが、13PA・SPか15PA・PSを視野に入れておりました。。。
ただ道糸をPEラインとし竿も現代の物にした場合でして、、、。

道具については、投げキスでは、今のわたしの立場では、ひょっとして三大メーカートーナメントを意識してダイワ!、でしょうか、、、。
しかしカレイでは一同に会して砂浜に集まり釣りが出来ません。。。
ですので、広い範囲での大会だと思われますので、道具と申しますかタックルの一種、縛り??を無くし、竿は個人的な憧れの、がま、とし、リールは長きに渡り、ぼちぼちに思えるシマノ、かも。。。
でも、70年代を経験した、わたくしめ、ぶっちゃけ、シマノの釣具は、、、ゴミ!!、と昔は思っておりました、、、。
しかし時は流れ厳しい競争にリョービ・オリムピックは釣具から撤退し、オリムに関しては名前だけ残り投げ竿は出さず。。。
ダイコーも解散し、路頭に迷う、わたくしめ、でありまする!、、、。
ダイコーの振出投げ竿、良さげ!、でした。。。
その中で自転車の部品で世界的に力を付けたシマノがNFTを吸収合併し、竿・リールとも初代ステラ以降は好調か・・・。
その中で、がまかつは異彩を放ち何とか現在まで生き延びておりますが、もう少し廉価な30号以上の並継投げ竿を販売して欲しいと思うのですが・・・。
わたしは、判官贔屓ですので、がま好きですが、選択肢が無いので困っておる次第です。。。
中古竿を漁るべきか。。。

長文にお付き合い下さり有難うございました。、
まだ日数が有りますので、タックル、その他、もう少し煮詰めてみたい!!・・・。
[PR]
by maru-se | 2016-07-02 23:41 | カレing | Comments(4)

2011年の釣り始め・・・

今年の初釣りに行ってきました。
本日は、下りの中潮の二日目のようでしたが、エサを購入するため釣具屋さんへ寄ると、誰もお客はありませんで寂しいものでした。。。
取り合えず、砂虫を40g程購入して釣り場へ。
ねらいは、キス、カレイ。
釣り場に着くと、寒いこと寒いことでして、釣り人は私一人のみにウインドの方が数名。
まずは遠投から試みる。
風の責任に出来ませんが5色くらいの飛距離か・・・
アタリ無し。
3投で見切りを付けて近投に切り替える。
藻が多いのぉ!(藻が多いですねぇ)。
45m付近からさぐる。
アタリ、有り!。
巻き上げて、釣れて来たのは福を呼ぶ、ふく、こと草河豚でした。。。
潮が高いので、カレイがおらんかいのぉ(カレイはいるかなぁ)と思っておったのですが、カレイの魚信無し。
満潮まで粘ったのですが、冷たい風が吹き出しまして、タイムアップ。
残念な初釣りとなった。

多分、ロングで7~8色投げれば、何か釣れそうですが、沖には海鼠船が底を掻き回しておりまして、忍とも勘とも。
ですので、その半分より浅い所を狙うも、撃沈。

大外道とは言え、福をもらいましたので、渋々引っ込んだ次第。

今日の反省
本日は狙いが定まらず、6:4でキス、カレイとしましたが、ポイントの選定を誤ったように思える。
カレイは釣りたし、本虫は~無し、、、、ではカレイGETは難しいかも、です。
まー、とにかく今日は寒かったw
鼻水、じゅるじゅる、でっせ!。
本命が釣れれば、ほくほくですが、外道大将では、身も心も寒く心が折れた釣りとなりました・・・・


竿、リール キャスティズムmaruse SP 錘 海草18号 ライン 0.8号 仕掛け 元素2号ハリス1号ハリ6号、8号
[PR]
by maru-se | 2011-01-09 20:09 | カレing | Comments(0)

今期、初カレイ ~ キャスティズム 20号365 を使用して想う

e0117319_21364882.jpg

遅くなりましたが、今年も宜しくお願いいたします。

完全にネタ切れでした・・・・

久しぶりに海に出ますと、海鼠船の底引きに遭遇して窮してしまいました。
美味しい所は底引きで叩かれていますので、忍とも勘とも。
潮は17時頃の満潮にて午後からの出陣。
近投に賭けてみた。。。。
釣れたのは、石ガレイの小型と、ヒトデのみ。
e0117319_21453165.jpg

来るべきシロギスのシーズンに備えて20号の並継を導入。
ルアーロッド的な調子に戸惑う。
セッティングは、、ライン0.8号、錘・15号2本針でしたが、5色飛ばすのは困難でした。
この竿については、追々と申し上げますが、、、、、

私の中で生かすように努力したい所存なり。
今期の楽しみが増えました・・・




本日のセッティング
竿・キャスティズム20-365、リール・スーパーエアロXT(sankon師仕様)、道糸0.8号 錘・シャトルライナー15号、仕掛け元素2号ハリス1.2号(以上フロロ)、針・海タナゴ8号
[PR]
by maru-se | 2010-02-27 21:37 | カレing | Comments(0)

エサを放流しに行きましたが・・・

母なる川、○た川の某所に28年振りに行ってきました。
以前は蛎筏が設置されており苦虫をつぶす思いでしたが撤去されたようで入釣した次第です。
エサ取のハゼも少なく空も曇り冬の気配が漂いましてムード満点ですが回りは釣れていません。
2時間やって仕舞うつもりでしたので納竿間際、満潮前1時間半頃にドスッ!と言うアタリがありまして待望の石ガレイ29cmが上がりました。
写真は興奮したのか無しです。
釣りかたは、一本の竿で手持でした。


追伸
この写真でご勘弁を・・・・。
e0117319_17373399.jpg

[PR]
by maru-se | 2008-11-04 21:33 | カレing | Comments(0)

カレイ、接岸!そしてクーラー入魂?

e0117319_17311250.jpg
 H市にてカレイが釣れましたので御報告いたします。
 実は雑魚狙いでしたが、たまたまです。
 キスゴはアタリが少ないのですがギザミ(べラ)は落ちのようで遠投すればアタリがあり退屈しません。
 最初にピンギスの浜で釣っていましたがアオサが大量に浮いており釣り難く、我慢できずSへ転進しました。
 Sではカレイ師の方が多かったのですが釣れていません。私はカレイなどとんでもないと思い、雑魚狙いでした。風が有り飛距離が伸びずに散々な釣りでした。満潮前にカレイ師の方が続々と帰られたので空いたポイントで釣り始めると、ドスン!とアタリが有りカレイ28cmが食いました。2匹目3匹目を狙いましたが風も強くなり納竿としました。
 今回はいつものエギングロッドですがカレイには貧弱に感じたのでもうワンランク硬い竿の導入を考えています。しかし手ごたえは十分で楽しめました。

 この度、クーラーを新調して望みました。カレイが釣れて入魂したように思います。
 
[PR]
by maru-se | 2008-11-02 23:18 | カレing | Comments(0)