<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

干出しサーフ & ランク・キス!用、ぢゃー!!・・・ ~ シマノ スペーザ130 改 、キスクーラー、発進!!!・・・

お世話になっております。

寒い時期に、グレードの分からない、スペーザ130を入手致しました。
多分、ベイシス、と思っておりますが、何せ、グレードを表示する、シールが故意??、に剥がされたようでして、ライト??、かもですが、それを考慮して、2.5kでありました!・・・。

で、最近になって、ダイワ殿からのアナウンスで、17クールラインα SU & S 1500 SURF、が発売される事を知りました!・・・。
この件、寝耳に水、でして、早めに情報をキャッチしておれば、と思い残念で御座います。。。
しかし思えば、17クールラインα GU-1500X、を見て、「 このクーラーをサーフ仕様として購入したい!!、そしてサイドBOXハード等を取り付けてみたい!」、と考えておりました、ので、嬉しい誤算です。

で、15リットルなクールラインα サーフ、についてはしばらく様子見、ないし、少し泳がせてあげようと思います・・・。
その様な事ですので、急遽、手持ちのスペーザ130に白羽の矢を当てまして、キスクーラーに改造してみました。
ご覧下さい、ませ。

購入当時のこのクーラー、外部にハンドルバー、内部にトレーが装備されておりましたが、肩ヒモ、は付いて来ませんでした。
まずは、肩ヒモ(ベルト)を装着してみました。
残念な事に、肩ヒモをクーラー本体に装着するのに必要な、ベルトフックハンガー?、と申す部品やベルトも欠品しており、忍とも勘とも!。
仕方なく、余剰品で予備役な、フィクセル用のベルトを倉庫より探し出してみる!。
そして、樹脂製なD環等を活用し何とか、ベルトを装着してみました。

そして、サイドBOX、ですが・・・。
はじめは、シマノの純正品でハードタイプを予定しておりましたが、昨年の全キスの際に着脱に手こずりまして、危うく帰着時間をオーバー寸前状態になり、先輩方を心配させてしまいましたので、思案。
容量的に、もう少し?、とは思うのですが、最近良く使用し使い勝手が分かっており、強度的に比較的安心出来て着脱を気軽に行えるダイワのCPサイドBOXハードに白羽の矢を立て、装着致しました。

e0117319_08452242.jpg


今の所は、この様な感じで御座います・・・。
今後は、左側面付近にクーラー用のロッドホルダー受け基台、の装着を視野に入れております、が・・・。
今、考えておりますのは、左側面に2ヶ目のサイドBOX用の取り付けベース装着等、についてです。
右側面と同じ様に、CPサイドBOXハードを希望しておりますが、左側面には、水抜栓が有り装着が??ですし、通常な軽量タイプのサイドBOXの装着が難しめ、でして、忍とも!・・・。
魔改造?、かも、ですが、もし左にサイドBOXのハードタイプを装着するのでしたら、シマノ等も視野に入れて、考えてみるのも、良い、かも!、と思っておるのですが。。。
左右にハードタイプのサイドBOXを装着しますと、ロッドホルダー受け基台の取り付け場所は、どうする!、でありまする、、、。

もう少し、じっくりと考えてみたい!!・・・。

e0117319_08453952.jpg

このクーラー、サーフ用 & チヌ・メバル仕様では有りませんので、投入口@2ケ、は付いておりません・・・。
ですので、炎天下、の厳しく暑い時期における、昼間のキス釣りにおいて、蓋を大きく開閉せねば内部にアクセス出来ず冷気が大きく逃げて、保冷力の低下等がやや心配です・・・。
ですので、出来ればキス等の夏魚系?の大物仕様としたい気持ちです、、、。
その他、先日(4/9)の釣行時に釣った真鯛のランク魚の写真を撮影する時、真鯛の背景が??、でして、忍とも!・・・。
生憎、割箸が無かった関係も有りますが、ぶっちゃけ、この時の背景用に使う予定でした某社の12リットルクーラーでは横幅等に余裕が足りず、、、でした。。。
真鯛のサイズは、ギリギリ、ランク規定内と言う寸法でして、真鯛が縮まない様に至急に撮影せねばならず、急いでおりましたので、中々上手に撮影が出来ず!、、、。
で、その時のクーラーに比べ、この度のクーラーは横幅が少し、ですが広め、ですので、今後は、30cm強位のランク魚狙い、でしたら、このクーラーを持参し撮影用の背景としてみたい!!。

追伸
この度のクーラー、手持ちのクーラーの中で、一番、内部寸法が広い?、クーラーになりました・・・。
その他、クーラーの上蓋は、魚の撮影用の背景にもなりますので、出来るだけ、白系のものが好ましく思えて来ました。
忍とも勘とも!、で御座ります。。。



おっしまい!・・・

[PR]
by maru-se | 2017-04-29 23:40 | クーラー改造 | Comments(3)

干出しサーフを攻略、せよ!! ~ ダイワ14プライムキャスター33号425・W & ダイワ04トーナメントキャスター30号425、発進!!!・・・

どもども。
読者殿におかれましては、何時もお世話様になっております。

この度は、当地特有な砂浜、干出しサーフ等を攻略する為の竿を導入致しました・・・。
まずは、干出しな、サーフとは如何に!、ですが。。。
これは、干満の差の激しいと申しますか、干満の差が大きな当地、瀬戸内独特、特有な砂浜の事です。
例えば、大潮の引き潮、5分から満ち潮、4分程度に潮位が下がった時に露出し現れる砂浜の事でして、時間にして2時間前後位、入釣の出来るポイント、にて、候!!・・・。
当地の大潮時の干満の潮位差は、350cm位、場合・時期によっては400cm弱の時が有るので、この潮位の差を利用して入釣するもの、です・・・。
例えば、先日の4/9に釣行した砂浜は、明らかに干出しサーフでして、約2時間半程度潮待ちをして、入釣したポイント、だと思われます・・・。
で、潮待ちをする際の時間潰し的なポイントが必要になる!?、のですが・・・。
この様な時は多分、満ち潮4、5分 ~ 引き潮5分位の潮満にて多くの干出しサーフが水没し入釣不可にて多分、サーフ系からの釣りではありませぬ。。。
潮待ちの時のポイントは、多分、堤防、波止、テトラ場??、等の人工構造物系のポイントが中心の釣りになる、と思われます・・・。
この時、波返しが有ったり、テトラ越しで魚を取り込みますので、長めな竿、が必要に思えまする!!・・・。
その時に、今まで使用していた、405以下の竿ですと、ほんの少しですが、全長が短かく感じます。
それで、試験的に、425の竿を導入した、次第で御座います!・・・。
それでは、全長20cmの違いは、どうなの??、ですが。。。
魚の取り込み、に関しては、波返し有りの堤防等で使用してみて405以下の竿より、気持ち余裕が有る、ような気が致します。




今回、ご紹介する、2本のロッドについて、ですが・・・。

14プライムキャスター33-425・Wについては、グレードが、ダイワのALL SICガイド付の並継竿で最廉価モデルですので、ほんの少しですが、手尻に内臓するバランサーを増やしました、、、。

e0117319_10183320.jpg
e0117319_10184592.jpg

飛距離ですが・・・。
私の能力では、リールにTS45、道糸にPE0.8号+市販品PEテーパー力糸、デルナー25号、キス針5号3本針仕掛+ジャリメ(石ゴカイ)にて投擲し8色の糸が今は、出ません・・・。
ですが、上級者の方に念のため投げて戴いたのですが、その方は上記の仕様にて8色ツンでした。。。
で、糸ふけをとられて、8色の糸が少し引ける、つまり、道糸が7色強以上残っておられました・・・。
この方と私との間にて飛距離約1色の違いが有るのですが、この竿、つるしですのでリールシート位置が私のリーチに対して、かなり遠いので、左手の引き付けが甘め、でして、忍とも!!、で御座いまする!!。。。






04トーナメントキャスター30-425、についてですが・・・。
e0117319_10185719.jpg
e0117319_23501687.jpg

昨年8月末の琴ヶ浜戦終了後に縁有ってオク経由にて入手致しました・・・。
この竿の方が、上記14プライムキャス・Wよりも先に導入しており、既にN川海岸等に投入しておりました・・・。
で、4/9の釣行の際にも使用したのですが、島嶼部デビュー戦??@初陣???を見事に飾ってくれまして、喜んでおります!・・・。
今となっては、古め、な竿になりましたが、リールシートが当時の古めな規格で装着されており、現行機より、短かめな位置でして、絶妙に、わたくしめ、にマッチしておりまして、心地良し!!・・・。
この赤並竿にて、上記14プライムキャス・Wと大体同じ条件(天秤錘をムクL字型固定天秤23号に変更)で、何故か飛距離は、6色強位でして、忍とも勘とも!!。。。
もう少し、修行、せねば!!。

今後、もし、トーナメント形式での、キス釣り大会に参加する事を視野に入れるのでしたら、多分、並竿33号 or BXな品物でST仕様の導入を考えて、みたい!、のですが・・・。




[PR]
by maru-se | 2017-04-27 23:56 | ロッド | Comments(4)

初釣りに行って参りました ~ 2017.4.9 のキス ing!!・・・

ご無沙汰しておりました。
色々有りまして、かなり遅れましたが、4/9(日)の釣行記をUP、致します。


昨年の12月末頃より、広島を離れる事が多くなり、なんやかや、で、結局、4/7(金)の夜、本格的に帰省致しました。
広島を離れた、空白の期間が、あまりにも長過ぎたのか、私がメインで使う、PCが電源を入れても、うんともすんとも、言わなくなりました、とさ・・・。
その様な事ですので、4/8(土)に、PCを修理に出しました。
しかし、メーラー等のデータをサルベージと申しますか、復活出来る見込みが殆ど無いと、4/12(水)に連絡が有りました・・・。
特に1月2月3月の約3ヶ月のデータは絶望的で御座います。
この約3ヶ月間の間に何か魚釣り関係で重要なメール等を頂戴しておるかも、です。
申し訳ないです。
重要な事が有りましたら連絡を下さい。
ですので、釣行が中々出来ず、やっとこさ、4/9(日)に、初釣りに行って参りました。。。

帰省後、落ちついた、4/8(土)に、N代表にメールを差し上げたのですが・・・。
内容は、私「 4/9(日)に周防大島に釣査に行こうと思います 」、と送信しますと、
すぐさまレスを戴きました。
N代表「 私は倉橋島に行きます 」、と入電を頂戴しました。
その後、数回のやりとりの後、わたくしめも久しぶりに倉橋島に入釣することにし、N代表に、「 稽古を付けて戴けないでしょうか? 」、と送信させて戴きますと、OKのメールを頂戴し、ご一緒させて戴く事となりました。

そして、運よく、この時の土日はフリーでしたので、車中泊を視野に入れて土曜日の夜に到着し、釣り場に近い某コンビニの隅に駐車して就寝・・・。
翌4/9(日)のとても早い時間に起床し、4時過ぎ頃より某所にて竿出し!!。
この時、濃霧に霧雨でして、視界、悪し!。
雨合羽を着込み、最悪な初釣りのスタート!、で有りまする・・・。
ですので、当初、ポイント近くの車横付け、なポイントに入りました、とさ!。。。
振出、な竿、3本体制で挑む、もアタリのアの字も無く、でして、仕方なく1時間位おりましたポイントを見切り、場所移動を決意!。
まだ、キスには早い、かも!、と思いつつ、昨年、ランクキスを釣り上げた本命ポイントに入釣しました。。。
で、ここでドラマが少し有りまして、朝まずめ時にて真鯛の28cmが掛かりまして、塩焼きサイズに恵比須顔でありました。。。
タックルは04プロサーフDX-Tに91PAGT、と言う組み合わせに道糸は、ナイロンライン+ナイロン・リーダー、でしたが、ぶにょい、ナイロンラインにしては、割とかぶりを振ってくれて、楽しめました・・・。
その後、並継、な、赤竿+TS45・bⅡ?、と言うオクで昨年仕入れたブツを投入し、エサも微妙に真鯛な色?なブツを付けまして、いざ、ファイアー!!。
アタリが無いので置き竿から、引き釣り気味で対応しておりました所、何か得体の知れない生命反応がありまして、合わせる!!。
そうしますと、赤並竿が良い塩梅にしなりまして、鯛類のアタリを、戴きました!、とさ・・・。
道糸が引き釣り用のオールPEラインでしたので、ダイレクトに手ごたえを得まして、楽しくリールを巻けました。。。
で、上がってきたのが、〆た状態でジャスト30cmの真鯛でした・・・。
ですので、N代表にお電話を差し上げますと、「 スケールをあてて、しっかりと写真を撮影して下さい、」、と申されたので、急いで準備した、次第です。。。
この魚の大物申請は、写真が??、でしたので、担当の方に見て戴いて判断を仰いでおります。。。
この魚、どうなる、ことやら!・・・。
追伸
この真鯛の写真、所属クラブの幹部の方に見て戴きまして、何とか申請の目途が付きました・・・
幹部の方々、判定して下さり有難う御座いました。



そして、朝まずめ、も終わり、キスの気配が出てきまして、緩めたドラグが心地よく鳴りまして、、、。
しかし、大型の固体はおらず、針が大き過ぎてノリが悪く、でして、結局、当りエサを使い切ってのち、外道のアタリも無くなり道具を片付けはじめる、8時までで、キスは3匹でした。。。

8時に移動を決意し、8時半頃に、N代表にお電話しますと、倉橋島系某所におられるとの事でして、私はその場所に急ぎました。。。

N代表の釣られておる、ポイントに着きますと、既にN代表は、キスをツ抜けされておられ、流石が!、で御座います!!。
状況を聞かせて戴きますと、春キスのパターン、にて激シブ、ぢゃ!!、と申されました・・・。
私も道具を準備して投げますと、アタリは有るのですが、食い込みが悪く、でして、結局ここでは、キス、1匹でした。。。
これを見て、見るにみかねられた、N代表は、「 サーフに行きましょう 」、と誘って下さり、はじめての場所に案内して戴きました。

このサーフは、当地独特の、干出しサーフでした。。。
ですので、時間帯的には、丁度、潮満は5分引き、状態でして丁度、砂地が良い塩梅で露出しておりました。。。
で、1時間半位、滞在した模様で御座います・・・。
この時期のこのサーフ、典型的な鳴川の中春なパターンでして、忍とも!・・・。
しかし苦しみながらも、6、7匹釣りまして、その中にヒネも2匹ばかり混じり、何とか溜飲を下げました、とさ・・・。

そして、アタリが止まり、最後の場所、K越に行くも、浮きサビキにてアジ狙いの釣り人が、てんこ盛り状態の波止でして、忍とも!。。。
仕方なく、波止の外部を狙うも、網もぐれ、でして、投げても投げてもアタリが無くでして、N代表も同様でしたので、13時半頃に終了し、解散いたしました、とさ・・・

e0117319_10011879.jpg
上記、釣果写真、訳有って釣行の翌日の早朝に撮影致しました・・・。
お許し、をば・・・。


tackle
ロッド 30号405T、並継30号425、405DX-T、405CX-T、リール ドラグ無45、88チタノスPAGT6000、91PAGT7000、15PAプロサ  天秤錘 L字型全誘導式20号23号25号、ムクL字型固定式23号25号  道糸 ナイロン4号5号+ナイロン・リーダー & ナイロン力糸、PE0.8号1号+市販品PE力糸 & ナイロン力糸  仕掛 モトス・ナイロン5号、6号、フロロ3号 エダス 1.2号~2号、ポリエステル1号  針 赤針10号他、コーティング系キス針8号、他・・・


追伸
上記の中で、最近導入したタックルについては、後日詳しく、ご紹介させて戴きたいと思います!・・・。


おっしまい!・・・・

[PR]
by maru-se | 2017-04-24 23:45 | キスing | Comments(4)