タグ:キス針 ( 5 ) タグの人気記事

無限仕掛、へろへろながら製作!・・・・。

針、投魂T1SS 5号、エダス・フロロ1号、モトス・フロロ2号にて90本針@無限仕掛を再び製作致しました。
慣れない形状の多連仕掛けに一苦労。 亀のごとくのろのろと製作し思ったより時間が掛かった・・・。
取り合えず周防〇〇島用の仕掛にと思い製作!。その他、もう一袋T1SS 5号がありますので今回は若干ですがエダスが太いので次回は細道糸用に0.8号にて結わえようかと思うのですが・・・。

今までは、ちち輪式の仕掛けを多用しておりましたが、多用した理由は根掛かりの多いキス場(釣り場)で2~4本針においては針交換が比較的容易なちち輪式が有利に思えまして採用しておったのですが、荷物が増えるのが難点でした。。。 その他、ちち輪式仕掛製作に慣れておりストックしておる、ちち輪式エダスもかなり所有しておりますので忍とも、ですが今後の仕掛け、取り合えず、ちち輪式と無限式を共存させつつ、投げキスに挑んで行きたいと思うのですが、、、。

課題が増えた・・・。

追伸
この度のモトス、2号ながら張りが強くちち輪仕掛で少ない針数でしたら抜群でしたが、無限仕掛でしたらどうなのでしょうか?。
実釣で試してみたい!。。。


e0117319_14474333.png

[PR]
by maru-se | 2015-11-11 23:11 | 仕掛 | Comments(2)

2大メーカー、頂上対決! ~ キス針考察とクリンチキスに想う・・・

この度の記事、後出しと申しますか、投げキスのハイシーズン?の7、8月頃の日記に手を加えたものです。
釣果や現場の写真、おぼろげでして掲載出来ず申し訳なく読者殿におかれましてはご了承くださいませ。
宜しく読んで下されば幸いです。



2大釣具メーカーの竿やリールの頂上対決?と行きたかったのですがこの度は針、各2種類とオーナーの新キス針についてですが・・・

e0117319_1534428.png


まずはシマノ。 今年新発売なったフッ素塗膜の「攻めキス」、「掛けキス」ですが、掛けキスの6号については以前ちょこっと触れました。。。 焼きの良く入った針でして刺さり耐久性も良好。ただ根掛かりのほとんど無い砂浜でしたら抜群ですが当地のようなキス場として特殊な場所では道糸やハリス(エダス) のチョイスを間違えますとおおごとですので一思案。私の場合、遠投もままならないのに遠投係に任命??されておりますので道糸は0.6号が比較的多目でして実釣では針のサイズを6号から5号に落としハリスも1号から0.8号に落としてみる。。。この0.8号ハリスもフロロかポリエステルか悩みますが、取り合えずフロロか。。。
この条件で攻めキス・掛けキス共5号を針結び。これを各10本づつフロロ、ポリエステルの0.8号で結わえる。。。
そしてダイワ。 一昨年頃に待望のサクサス仕様と言うこれまたフッ素系の塗膜針となり大いに期待。。。手持ちの投魂T-1 SS 5号に追加して投魂T-2 SS 5号を導入。シマノの針同様フロロ、ポリエステル0.8号各10本づつ結わえる。。。
その他、同様のハリス号数でクリンチキス5号も針結び。。。


まずは実戦編にて、タックル。 ショートロッドの08サフリEV360FX-T に道糸力糸共PE、仕掛系に棒天秤 錘15号、モトス1.75号45cm位で1本針(チチワ式エダス)にて投げてみる!。エサは海ゴカイ(砂虫)。。。
まずは、シマノから。 攻めキスで狙ってみる。この度の出撃時間はのんびりと昼頃からでしたので、ギザミ(キュウセンべラ)の活性が高いとみて狐型の攻めキスをまずは投入!。T-1SSと がまの秋田狐5号(ハリス1.2号仕様)とも比べてみたのですが、やはりキスよりも外道が多くおりまして、攻めキス、焼きが入って強靭でして0.8号ハリスが針に負けて、やはりギザミには0.8号は繊細過ぎた、、、。 ハリスの太さは違いますが秋田狐5号の方が適度な弾力があって良い塩梅かも知れません。 T-1SS に関しては、SSになってフッキング率、大いに上がる!。
そしてT-2 SS 5号 と 掛けキス5号ですが。。。 掛けキスに関しては、道糸やハリス等のセッティングがやや必要かもです。。。 ハリスが0.8号でこの度の道糸がPE1.2号+力糸でしたので強引にやりとりが出来ましたが、ギザミに0.8号は飲み込まれた際に針を引っ張り出すのが厄介、しかし硬い口元に掛かっても変形は比較的し辛く適材適所とみた!。


その他、クリンチキスですが。。。
秋田狐の改良版らしく、取り合えず同じような形で秋田狐系のアスリートキス等の同号数と比較!。
うーん、何と申しましょうか狐型の吸い込みの易さと袖型のキープ力を合わせ持った針かも、、、。
この針の投入時、魚は活性が落ちて思ったより釣れませんでしたが、二兎を追う者は一兎も追えずで二大メーカーの某針のような感じにならなければ良いのですが。。。
もう少し使い込んでみたい!!。


追伸
その後、T1 SS 5号を無限仕掛に組んでみたのですが、思わず自分を釣る?と申しますか、組む途中この針を衣服等に軽くですが引っ掛けたりでして、がまのキスSPのような針先の鋭さに驚いた次第。
フッ素塗膜針、大いに気に入りましたが、実釣では安全に注意が必要かも、であります。。。
[PR]
by maru-se | 2015-11-06 22:45 | | Comments(2)

自動針結機!、、、~ 針結び器SLIM Hapyson YH-715・・・

e0117319_1057547.png


機械式針結機を導入いたしました。。。
これは、3年前頃のSALEにて転がっておったものを、保護した次第であります。。。
で、直ぐにでも使おうと思っておったのですが、取扱説明書を読んでも理解できず。。。
ですので動画を見ておったのですが、要領がつかめず頓挫して今日まで参りました。
しかし、この3年でキス針の4号前後の手結びが厳しめとなり、重い腰を上げて自動針結機に挑む!。

3年前は真剣味が足りなかったようでして、今回は大きな流線針と使用済み3号ナイロンラインで結びますと上手くいきましたとさ。。。
思えば、以前はいきなりキス用の小針で結わえておりましてラインも細く要領も得ませんでした。
現在では、3.5号位のキス針までは結わえる事が可能となり、手持ちの不良資産である小針の3.5号が生かせる事となりまして喜んでおります。
ただ残念なのは、チチ輪結び用にカットしたエダス(ハリス)用のラインを見殺しにする事となりそうですが、以前に比べて失敗も少なく目もあまり疲れず肩もこりずらくなりまして、楽をさせてもらっておりますので、残念ですが仕方がないのでせうかねぇ。。。
その他、この3年でPC を使う事が更にが増えまして、ほかには年齢的にも小針の手結びにあまり適さない体となり忍ともでございます。

感想としては、手結びに比べて失敗が少なくなりまして気持ちが良いですね!。 そして年々苦痛になる小針結びが楽しくなりまして、気分一新であります。
これは良い機械を手に入れました。 キス針4号以下の針を結ぶ時には是非にと思いますし、小針でなくても慣れれば失敗なくキス針等を結べますので、この手の針結び器はお勧めしたいと思います。

これを機会に、キス針の5号以下では無限仕掛で組んでみたい所ですが・・・。
課題が残った。。。。
[PR]
by maru-se | 2015-04-21 22:59 | Tackle | Comments(2)

初荷!、~ 小物、来る!!。。。

e0117319_18493171.png

遅まきながら、釣具の小物を入手いたしました。。。
左から、スナップ付タルカン16号、カレイ針、ケン付流線10号、そして某釣具店オリジナルのフィンガープロテクターで革の厚みが、1.0mmと1.5mmのブツであります。 実はフィンガープロテクター以外は某中古釣具店で購入したのですが、間違って購入したブツがありまして、新年早々早とちりをしてしまう。。。

実は信じられないでしょうがナイロン力糸時代はフィンガープロテクター無しで投げておりました。
しかしある時、某サーフ関係の方に投げ方を指導して頂いた時に、「 信じられーん!」と言われ、フィンガープロテクター使用を強く勧められる。 その他、どうやら手加減して投げておったようでして、その方に指摘される。 時はナイロン力糸からPE力糸へと変遷の時でしたので自作の継ぎ接ぎのPE力糸に全面移行した際にこのフィンガープロテクターの1.5mmヴァージョンを入手。 最初は硬かったのですが、使用しつつ揉んだりして4、5釣行目には使い易く成ったように思えたのですが。。。  今回はまだまだ最初に購入したフィンプロが使用出来るのですが革が汚れてきたのと、釣りに伴わない投練で良くフィンプロを忘れるので、思い切って実釣用と投練用に2つ持とうと思った次第。 その他、1.0mmの方はゲストを伴った場合用等に予備役で入手する!。

追伸
新年のセールにて、またアホな物を購入してしまいました。
物欲、止まらず。。。
嗚呼、情けない、、、、、。
[PR]
by maru-se | 2015-01-28 22:02 | | Comments(2)

いいっすねー! ~ DAIWA D-MAXシロギス投魂T1、 8号に思う。。。

e0117319_13134227.png


先々週からの台風による大雨等で、読者どのは如何お過ごしでしょうか。 
被害にあわれた方が、いらっしゃりましたら謹んでお見舞い申し上げます。

私の方は、8月に入り天候不順にて休日になると雨が振るので、釣りには行けず仕方なく、おたっクル仕事に励んでおりまして。。。
このお盆休みはどうなるか分かりませんが、時間が取れれば出陣したいのですが。。。

この度のお話は、ダイワの針、投魂T1の8号についてであります。
本当は、6か7号が欲しかったのですが、訳有って8号しか好みの号数がなかったのでレジに向かう。
元々、この針 5号を愛用しておりました。。。 狐系と袖系の針のいいとこ取りの針の投魂T1ですので普段履きの下駄のような秋田狐5号に比べると細軸で小さめでして秋田狐換算で4.5号のような感じの5号の投魂T1か。。。
で、8号ですがやはり思ったよりも小ぶりでして、秋田狐換算で7号前後で軸はやや細身でして非常に気に入りました。
ぶっちゃけ、8号と言う事で軸の太さを懸念しておりましたが、良い塩梅とみた。 あとは実釣で試してみたい!。

今回は、フッ素加工のSS(サクサス)でない標準タイプですので、次回以降はSSも購入してみたい。。。
私の釣り方は合わせ入れるタイプですので、SSで異次元のフッキングが体験できるのでせうか。。。
楽しみが増えた。。

これに結ぶエダスですが。。。
最初はホンテロンキスSPの1号で結わえる。しかし直結式でエダの長さが2.5cm位をお好みでしたらアクキン0.8号でよいかも、です。
その後、手持ちのホンテキスSP1号が切れましたのでフロロの1.25号で結わえる。 しなやかで良いのですが、チチ輪式にしますと若干の癖が入りまして、色々と試行錯誤が必要か。。。
ただ、ここ一発の周防大島での、まっ昼間から24、5cmを取るにはフロロが必要とみた!。

明日は、墓参りですので明後日以降に時間を取ってこの針を使ってみたい。。。
[PR]
by maru-se | 2014-08-12 22:24 | | Comments(2)