タグ:スーパースピンジョイ ( 4 ) タグの人気記事

判官贔屓か ~ 新旧スカイサーフの対決!と、スーパースピンジョイ405BX-T!!

この度は、訳有って現場写真等は有りません。
投練いたしました場所等は公開出来ず忍とも勘ともであります。
お許し、をば・・・。

これは8月末前後に書いた記事であります。
お許し、をば・・・
初代スカイサーフT 30-405 と15スカイサーフT 30-405K を投げ練して、比べてみました。。。助太刀は、スーパースピンジョイ405BX-T!・・・。リールはスプールに互換性の有る97 SA EV ×2 と SA XT 計3台であります。
本来でしたら助太刀、手持ちでは08サーフリーダーEV405BX-T と言いたい所ですがシマノとは言え7年も前の品物ですのでこの度の15スカイT30と同等かも知れませんので、取り合えずシマノに敬意を払いましてあえてスーパースピンジョイのBX-T を帯同した次第。

まずは、新旧スカイの外観ですが色味的に旧型の方がわたくしめは若干の好みですが、15スカイ30Tの色合いに似ておる12スカイキャスターを見慣れた現在では、新旧どちらの色も気に入っております。
ガイド等は新旧とも7ガイドで、新型のスカイのバット部のKガイドは折り畳めず若干ですが竿袋の中で出っ張り気味でして大量にこの竿を同じ竿袋に入れて運搬する際には、かさ張るかも、であります。。。
そして投げてみてのインプレ、をば。。。。
取り合えず旧型を最初はF社の弾丸の23号で投げてみる。この竿、初代トーナメントサーフT の調子を受け継いだと思われるしなやかな調子でして、穂先径2.4mmと細目ながら7ガイド化されて硬めに調整されておると申しますかこの穂先径では 粘りや軽やかさも加えており23号の錘、結構具合良し!。
そして25号の弾丸にチェンジするもオーバースローでしたら余裕ですが、砂浜でV字で投げたら何となく折れそうで忍とも。。。 多分深い角度のV字でしたら20号位が良いのかも。。。
27号は、K社のキャストシンカーを持参しておりましたが使用せず。お察しくださいませ。。。
実釣でのお話としては、砂浜で25号位まで背負わせておりますがバックスペースが取れない堤防波止テトラ帯、急流の瀬戸等では33号位の錘を使用しております。。。錘の重さで強引に竿を曲げたり激流系ではキス釣りですが円盤錘やスパイク錘等を用いカレイ・アイナメのような釣りになる事もありますが。。。。。

そして新型の15スカイサーフT 30-405K。
23号の弾丸ではややもの足らず、25号に号数を上げて行く。
構えはオーバースローなり。
そして27号。
うーむ、旧型よりカーボンの質が上がり穂先径は2.5mm前後ですがX45採用と相まってやや硬めになっておるようです。。。
しかし27号は投げず。。。。
理由は、ダイワのVジョイント等による名調子が脈々と受け継がれ、わたくしめ個人の感覚で恐縮ですが手持ちの初代赤サーフ30号の調子を延長した感じですので、砂浜でこれ以上の錘負荷、無理は禁物と判断した次第。。。 ぶっちゃけ深めの角度のV字でしたら20~23号が適任か。
今回はエサも持たずの完全なる投げ練ですので33号の錘等は持参しておりませんので投げれませんでしたが、旧型同様この竿も良好で使えるとみた!。
ただ今回、微風でしたので良い塩梅でしたのでバットガイド系などの糸絡みは起こりませんでしたが、手持ちのサーフランダー365EXもKガイドですが思ったより糸絡みが少なめでして、オーバースローやセーフティスローのみで投げ、ラインを弛ませなければ、パッチンや糸絡みも減るような気がします。。。

そしてスーパースピンジョイ405BX-T のいんぷれも、しちゃいます!。
プチのプチ改良でトップガイドのみですがSIC化して念願のプチPEライン対応と成る。
うーむ、廉価なシマノのBX振出投げ竿とは言え、そこは腐っても鯛?、27号のキャストシンカーでも少し負荷が軽めに感じたのは気のせいでせうか。オーバースローにて候。。。 しかし重い錘は持参しておらず。。。 非力なわたくしめの戯言です、お許し、をば。。。
何と申しますか、投げてみてシマノの投げ竿支持者の方が多いのがうなずけるような気がしまして忍とも勘ともであります。
4、5年前の竿で号数が1号違いですが価格差1/3強と、お安いスーパースピンジョイ。 BXと言う硬さに助けられたのと、この価格帯でも一本筋の通ったシマノ調子でして。。。
あとはご想像におまかせいたします。
ただ気になるのは、この竿、私が完全にPEラインに対応させておらずでして今後の課題であります。。。

振出投竿と並継投竿、同じくらいの名称銘柄号数?で大体並継竿の方が2ランクほど振出竿よりも硬いとされており、この度は持ち出して比較しておらずで恐縮ですが、手持ちの12スカイキャスター30-405NS(ローライダーガイド7点仕様) に比べて15スカイサーフT30は4ランク違いとは申しませんが、3ランク位の違いがあるような気が。。。 ただスカイの名前が同様に付いて同系統の青色の竿で混同する部分があるかもですがスカイサーフに並継竿は有りませんし、スカイキャスターにも振出竿は有りません。これは明確な住み分けが出来ているとみた!。
一方、シマノの振出竿、遊び心等があまり無く剛直気味に思えるのですが、この剛直さがシャキットしているとか先調子とか言われてマニア殿には大好評のようです。。。 ただ同じ様にダイワの振出竿等もシマノに追従して先調子でシャキットしていて剛直でしたら、投げの分野はたぶん想像で恐縮至極でD党の方々には申し訳ない物言いですがシマノに完封されて投げキスの競技種目のSBC、1、2回開催されたかもですが3回目以降は行われる事は無かったかも、と思う事が有ります。関係者の方々、お許し、をば・・・・。
しかし今日のダイワの繁栄は独自の個性を徹底的に追求した企業努力の賜物の結果でして、これからもSBC は脈々、続くと固く信じておる次第であります!!。 
その他、ダイワ調子と申しますかVジョイント等で築いた初代トーナメントサーフT 等 の名調子や名声、栄光を継承する新旧スカイサーフT 。 判官贔屓かも、ですが世の中に完璧な品物は有りません。かなり高価でも、がまの振出竿を一人で多数購入される方もいらっしゃいます。プロ野球の巨人阪神戦のように両巨頭(シマノ、ダイワ)で競いつつ、それ以外のチーム(がま他)も競い育つ環境が欲しいものです。

とにかくK ガイドについては糸絡みを疑問視しておりましたが、ピンと道糸を張ってコンパクト?にキャストすれば、よっぽどの〇まをするか強風下ではないとパッチン、糸絡みしないような気がしてきました。。。
この件についてはもう少し実釣等で試してみたい!。
[PR]
by maru-se | 2015-09-09 23:32 | ロッド | Comments(2)

シマノ スーパースピンジョイ 405BX-T、みたび。。。

e0117319_17334017.png


以前、記事にしたこのロッドですが。。。
この記事には色々と思う所を書きましたが未だ実行に移せず。。。
リールシートの位置についてはノーマル位置が適切と判断、あとはわたくしめの使いこなし次第でして徐々に取り組んで行きたいと思うのですが。。。
そしてバットガイドですが、KガイドないしはLCガイド、オーシャンガイド等に付け替えも考えたのですが、前の記事を書いた時点以降からロッド類が増えまして、この件については、どうでもよくなったのです。
ですのでALL SIC ガイド化も頓挫しており、お恥ずかしい次第です。

それで、この度はプチのプチの改良と言う事でトップガイドのみですがPEライン対応としてSIC化致しました。。。
取り合えず、12ランドサーフT 33-405・N のトップガイドを入手後、装着。
このガイドは 12-3.0でして、ものがギリギリでやはり、+0.2は太い径のものを選らばないとホットグルーでは接着液が外に大きくはみ出して、はたして実用に耐える事ができるのだろうか?。。。
現在、ピッタリと接合しており新たに 12-3.2 を購入するのも無駄なような気がしますので最悪、2液性エポキシか瞬接で再接着して間に合わせるかどうか、迷う・・・・。

e0117319_22161029.png


e0117319_2263886.png

[PR]
by maru-se | 2015-07-04 23:14 | ロッド | Comments(2)

タカ産業 チャリンコロッドケース、その他・・・

e0117319_17174825.png

この度は、ロッドケースについて考えてみたいと思う次第・・・
わたくしめは振出竿の場合、砂噛みを恐れて簡素ですが一応クッション入りのD社のブツを使っております。
今回のロッドケースは全長110cmと短いので405の振出竿は飛び出しますが、手持ちの振出365の竿にはケースが付属しておらずそしてぴったりですのでやむなく写真のケースを導入!。
その他、365の振出竿以外に未紹介ですが、もう既に市場には無いと思っておりました幻の360の振出竿も手元に何故か有りまして、これもケース無しでして、このケースに仕舞う事に、しかし大口径ガイドが外に少しはみ出るにゃー。

並継竿用のロッドケース、色々考えられますが付属のものでも悪くはないのですが、肩ヒモが無いのでこれもD社の廉価なものを使用。。。

今までの経験では5月半ばを過ぎますと太陽が一段と照りまして、キスが浅瀬に寄って来ますのでショートロッドの出番とみました。
365の並継竿はともかく、405以上の並継竿では手に余る事があり忍ともでございます。

その他、昔 小中学生の頃を思い出して自転車で釣査でも、と思っておりまする。。。
実は、車で行けないややこしい釣場が有りましてキスがおるらしいので狙ってみたいのですが。。。

このケース、色味が黄色と青色が気に入りまして導入しましたが、黄色の方は結構発色も良く気に入り、青色の方も12スカイキャスターの竿袋の色に似ており好感を持つ!。
色々な用途が有るとおもわれますが、本来でしたら自転車で2ピースのバスロッドや3.6m以下の振出投げ竿程度の運搬に強みを発揮か!。

電車釣行や自転車での釣りのお供に是非に、お子様等にもファンキーな色?ですので是非にお勧めしたいと思う次第です。
[PR]
by maru-se | 2015-05-06 23:16 | Tackle | Comments(2)

大安吉日。。。 ~ シマノ スーパースピンジョイ 365FX-T、シェイクダウン!。。。。

e0117319_1051657.png


以前ご紹介したのは、この型で一番硬い竿でしたが、今度は一番短く柔らかい竿のご紹介であります。
本来でしたら、07FVか08EVのサフリの360を考えておったのですが、新たに14サフリが先日発売されましてFV、EVの360サフリは直ぐにSOLD OUT 状態となり、思案。
14サフリ、一番短竿は385サイズと微妙な長さでして、良く通っております、バックスペースが取れない釣り場ではあと20cm長いのが命取りにて、生死を分ける!?、ので迷いに迷って、この竿とする。。。
特にシマノ党と言う訳では有りませんので、ダイワでも、と思いましたが、カーボン含有率等にシマノ、ダイワ両社に思想の違いがあるようなのでこの様な感じであります。
本当は、振出キャスティズムの23号に365で新品が有ればもう少し我慢してでも入手したかった!。

この竿の用途としては、これから始まる堤防においてのカレイ釣りに向けて道糸をナイロンラインで使おうと思うのですが。。。
その他、全遊動天秤を使って落ちギスの落穂拾いが出来ればやってみたい。

道糸にPEは大丈夫でせうか!。
しかしBX-T の方もトップガイドはハードガイドのままでPEラインを強行して使用しております。
早く両方共、トップガイドだけでも、SIC としたい!。。。

07サフリ他で振出360が再発売される事が有れば迷いますが、その時は、この度の竿は初心者にでも使ってもらい、サフリで道糸をPEとして安心してちょい投げをしたい。。。。

追伸
本日は大安ですが午前中にこの荷が到着しました。。。
今日は大潮で、14時06分頃の干潮でして迷いましたが、思い切って近場ながら釣査することに。。。。
中学生の頃、通っていた釣り場に行き時間つぶし。
この場所はカレイが比較的早めですので、ひょっとしてと思いながらもエサは砂虫30gな~り~。
ここはいつ行っても釣れませぬ。 この日もテカミハゼ10匹とその他もろもろ。。。
その後、この護岸を転々としながらアタリがあって重量感も有りまして、ひょっとして30cm前後のカレイ!?と思い護岸の波返しをよじ登る!。 その際不幸にもおろしたてのこの度の竿に大傷が入りまして、気が抜けました。。。  結局、15cmのキスのダブルと海草のテンコ盛りでしてくたびれもうけでした。
このように竿やリールに大傷が入る事はザラですし砂浜の少ない当地ではハイクラスな並継竿はほとんど置いてないです。
帰宅してから良く良く見ますと、竿が折れるような傷ではないので一安心ですが、あまり気分の良いものではないですね。


取り合えずのファーストインプレ。。。。
この竿を購入した理由は、釣友の使用するサーフパワー20-360に触発されたのと、残念な事をした今は手元に無いキャスティズムが365でして、この長さを必要に迫られました。
その他、現在手元の車が並継竿を積めずでして本来でしたら黄竿の出番なのですが。。。
この度は遊動海草天秤15号とキス用自作3本針仕掛、道糸ナイロン3号+リーダー7号ナイロン(オルブライトノットで結束)でリールはエアレックス2500で飛距離は堤防で推定60、70mちょいとみた。。。
この度はSICガイドではないので、道糸等ナイロンにする。 ナイロン3号+7号を電車結びで最初に結ぶも結びコブが大きくなりリールのラインローラーに通らず思案。結局オルブライトノットで落ち着く。
ナイロン道糸とは言え仕掛けが全遊動ですので、結構楽しく釣れまして良い塩梅ですが、うー むこの竿 良く言って、粘る感じが心地よし!、しかし別の言葉で言えば、女性的かも。。。。
取り合えず、楽しい楽しいおもちゃを手に入れたのでもう少し使い込んでみたい!。。。
[PR]
by maru-se | 2014-09-21 23:33 | ロッド | Comments(3)