飛びキスS、飛びキス・ライト、、取り合えず実戦投入!。。。

本日は、代休で、お休みが戴けましたので行って参りました。
と言っても釣具店に到着したのは朝の10時と遅め。
島嶼部に是非にと思っておりましたが、うーん・・・
取り合えず、砂虫30gと青虫50gを購入。
満潮は13時頃で、多分プライムタイムが7~8時頃のようですので期待薄か。。。

釣り初めて30分で先行者の方が帰られた。
お話を伺うと、早い時間帯はそれなりに釣れていたが、食わなくなったので帰宅するとの事。
先行者の飛距離は40~50mでしたので、更なる遠投が必要なように感じて目一杯投げる。
しかし、バックスペースが取れない場所にて405の竿では振り角度が中途半端で、スナップ気味で投げますので遠投しても70~90mくらいか。
仕掛け・飛びキスSを使用して80m付近でアタリ、有り!。
ミドルママサイズ (20~23cmクラス) のシロギスが釣れる。
居場所が分かりましたので、仕掛けを飛びキス・ライトに交換。
大ぶりにエサを付けて、何とか匹数を伸ばす。

私の製作する拙仕掛け、ぶっ飛びシロギスこと 「 飛びキス 」 ですが、この度はスモールママ(15~19cmクラスの抱卵したシロギス )用の仕掛けで挑む。
この飛びキスSですが以前より使用しておりました名無しの仕掛けに名前を付けたものです。
私の初期のころの投げのシロギス仕掛けはエダス部がチチワではなく直結でした。
その当時から、鈎は強すぎない競技用キスを使用。
理由は当地の釣り場は砂地であっても、シモリより小さな岩や石が点在しておりまして根掛かりの無い綺麗な砂浜ではありません。
この小さな岩や石に、牡蠣ガラや海草、フジツボ等が付着しておりまして根掛かりが結構ありまする。
鈎ががっちり掛かっただけで力糸から先が飛んでしまったり場合によっては道糸のPEが高切れたりしまして、難儀なのです。
ですので強すぎない鈎で根掛かりを最小限にしております。
モトス2号にエダス、ハリスはお好みですが、飛びキスSに関してはエダスは細めが良いようです。
この仕掛けは、バス釣りで言います所、サーチベイト的な使い方で使用しておりまする。

釣れかたは、時速4.5匹と芳しくありませんでしたが、ミドルママクラスがそこそこ釣れまして満足、なり!。
本日は遠投系に振って25号の並継竿を使用。
残念な事に以前の竿よりも飛距離、出ず。。。。
バックスペースを取れない堤防では、この竿の真価を発揮せず。
それと、20cmクラスがダブルで釣れた際の釣り味に不満あり。
原因は多分、力糸にナイロン糸を使用していることだと思われます。
しかしナイロン力糸はまだ結構、在庫があるので、投げ専用リールをPEの力糸に移行することが出来ずにおります。
自作PE力糸。。。。 甘美な響き、な~りー。。。。

力糸の自作・・・・
考えてみたい。。
e0117319_20351181.jpg

[PR]
by maru-se | 2011-07-06 21:56 | キスing | Comments(0)


<< ロッドクラフト、大安吉日につき... Fuji フィニッシィングモー... >>