ギザミ用の鈎、密かに愛用の品のご紹介。。。

e0117319_1638923.jpg


上記掲載の鈎、白狐2号を倉庫より発掘。
これは以前シーバスロッドでギザミ(キュウセンベラ)を狙う際に使用していました。
その後、エギングロッドでの投げ釣りをはじめまして普通の2、3本鈎の投げ釣り用の仕掛けを使用しておりましたので、オクラとなっておりました。。。

この品物、小鈎ですがハリスが2号で長さ45cmにて太めの設定で気に入っております。
元々この糸付鈎は実弟の愛用する懐刀でしたが私も使用してみて効果を実感。

以前はキスゴと共通で秋田狐を使用した時期が有るのですが、唇の硬いギザミに細軸の秋田狐は分が悪く、鈎外しの時点で一発で鈎が大きく変形したり折れたりしまして仕方なく思っておりましたが。。。
秋田狐よりも軸の若干太めの白狐は、強引な鈎外しにも比較的強い、と言う事を思い出しまして倉庫から再び陽の目を見させる事にする。。

探してみたら、開封済みと合わせて3つ程出てきました。
右の2つは日本製らしいのですが、昨年頃購入した一番右の品物は、、、鈎は日本製でしたが。。。
この度は、オーナー針製ですが2号で秋田狐の5、6号相当のようで瀬戸内の小物釣りは何でも行ける様であります。

何故にオクラを解いたと言いますと、キスクーラーならぬ、ギザミ用クーラー??をこさえておる事に由来しております。。
コンセプトは、夏の旬ギザミから秋の落ちギザミ用にクーラーをプロデュース。
そこで使い辛いS社の9リットルクーラーに白羽の矢を立てて取り組む。
上記のクーラー、腰高で重心が上にあるようでして、保冷剤や氷無しの状態で上蓋の開閉をしますと直ぐにバランスを崩しまして忍とも勘とも。
この調子ですと、まともな投げ竿を立て掛けてリールさびきをしますと竿とクーラーが転倒する恐れあり!!。
仕方なく軽量なルアーロッドでの投げ釣り用に転化することにする。。。
ぶっちゃけ、キスing用クーラーですが、保冷力も?のようなこのクーラーの活かす道は、軽さを活かして背負子のベースクーラーが最も適すると思われますが、トーナメントに出ない私には背負子は宝の持ち腐れですので考え直して、2、3時間の釣行 by 昼から 用 として考え直したい。
昼から短時間のギザミ釣りに特化するべくクーラーを弄りつつ、倉庫をあさっておりますと、この度の糸付の鈎を再発見したしだいであります。

再び拙ブログの原点に戻って、1本の鈎で大漁を祈りたい思いであります。

話し変わりまして残念な事に所有するエギングロッド、腰が抜け気味でして購入を迫られておりおます。
さてさてどうなる事か・・・
その他、地域によってはキュウセンベラは大外道とされます?。
しかし瀬戸内では市場価値が有る様でして、比較的良い値が付くようです。
これは多分、当地が比較的遠浅で有る事で藻が繁茂しやすくこの藻を食べる小動物をエサとするキュウセンベラは食味が良い様であります。
ですので狙う価値が有ると考えるしだいです。

追伸
白狐鈎を使った無限仕掛けは市販されていないものでせうか??。
自分で作るべきか?。
大いに悩む・・・
[PR]
by maru-se | 2012-06-19 21:35 | | Comments(0)


<< 昼からのキスing、取りあえず... がまかつ キススペシャル4号B... >>