シロギスの自作仕掛に想う・・・・

キス用の投げ釣り仕掛ですが。。。
昔は、もっぱら市販仕掛を愛用しておりました。
しかし、キスをメインに狙いはじめて、自作するように成る。
理由は市販仕掛、ハリスやエダスが細くキスが鈎を飲み込んだ時には対処可能ですが、外道が鈎を飲み込むと、結構簡単にハリスが切れまして、思案。 結果、ハリス交換式のチチ輪式にした次第であります。
モトスやエダスの号数ですが、モトス、エダス共、基本は2号と1号を基本とし材質は両方ともフロロを採用。 食いの渋い時期にはエダスは0.8号のホンテ系を採用。 しかし基本のモトス2号でしたら砂ずりを3本よりとする。 現在エダス用の1号のフロロは切らしておりますので、1号はホンテを好んで使用。 その他、結構出番の多いのは、モトスフロロ2.5号、3号にエダス ホンテ系1.2号か1.5号の組み合わせも採用。 この場合青虫の一匹掛けや砂虫(石ゴカイ)の爆弾掛け?に対応しての太仕掛。ですのでエダスはしなやか気味なフロロより硬目なホンテ系を選ぶ。 今研究中なのは、2、3本鈎で目一杯の遠投用の仕掛、ないしは渋い時期の仕掛を検討中。 これは、ちぬ用の硬目で細目なフロロをモトスとしエダスは0.8号位で設定。  ほかには道糸に0.2~0.4号位を想定してエダスは0.4~0.6号位を落とし所として超極細仕掛も検討中。。。。
その他、市販仕掛の鈎はやや鋭さに欠けるような気がしまして、市販のBOX鈎を好んで使うようになる。
鈎の数は標準で3本、キスの連が続けば鈎を4~6本にしますが、現在 遠投用のショート2本鈎仕掛と標準の3本鈎仕掛しかサイドBOXには入れておらず。。。   これはまだ今年は連掛けが多くないのが理由ですが鈎が6本も7本にも増えますとキャスティングの関係で仕掛がらみが起こる可能性があるので少なめにしておるのですが。。。
今は、キスの産卵期で最も大型の個体が釣れるハイシーズンですので、鈎数を落としておりますが、もう少ししたら多点鈎仕掛で連掛けを狙う時期に成りますので、今年は先日導入したハヤブサの50連結仕掛を投入しようと思っておるのですが、果たして上手に50連結無限仕掛を扱う事が出来るのでせうか?。。。

チチ輪式の仕掛と無限仕掛で臨機応変に対応したい!。
[PR]
by maru-se | 2013-06-27 22:13 | ライン | Comments(0)


<< 12スカイキャスター30-40... 2013年度仕様のキスクーラー... >>