2014年5月初旬のキスing、、、、。

行って参りました。
しかし寝坊をしまして相棒宅着が11時前頃でして仕方なく近場の釣査へと向かう。
釣具店やコンビニに寄ったりで釣り場には12時過ぎに到着。 潮満は正に満潮でありました。。。
取り合えず、砂浜系のポイントがガラ空きでしたが、GWの5/3 なのにオカシイと思いつつも取り合えず釣る事に。。。
午前中に、釣り人が入った気配が有り、釣り切られたのかと思っておりました。
取り合えず、近投用に3mのショートロッドを持参しておりましたので、近くを攻める。 相棒は中距離を投げ分ける。
エサは取られているようですが、アタリは感じず。
相棒は70、80m付近で綿藻に苦しめられておりまして毎回ババを引いて苦しんでおりました。
私のほうも、これではいかんと、投げ竿をセットしまして、140、150m付近を探ることにする。
二投して何らかの反応が無ければ移動を決意して、いざ ファイアー!!。
うーむ、90m付近から綿藻もぐれで引き釣りが出来ずでして、100m~でもアタリは無いので移動する事にする。。。

砂浜系はイマイチでしたので今度は、某堤防へ向かう。
ここは入る位置次第ですが水深が程々にあり期待する。
しかし好ポイントには先客ありでして、仕方がないので空いておるスペースに入る。。。
先のポイントから気になっておったのは、風が結構強めに吹いており、このポイントでも風が有りましてラインが流されて釣り難し。
アタリが取れない。。。
たまに風が弱い時にはアタリを感じる事が出来たのですが、コツコツ、チョンチョンと小さい当たりでして、キス以外の外道、テカミハゼ等のようで鈎には乗らず。。。
その後、潮位が低くなり敷石が露出し出したので頃合をみて、敷石付近に下りて最後の勝機に賭けることにする。
ただ大潮の干潮時ではなくまだ春ですので敷石周辺は滑り易いので安全の為スパイクブーツを履いての釣行が望ましく、私が敷石に乗った時、少し滑り若干危ない思いをしました。 ですので出来ればこのような潮周りの時には堤防の上で釣る方を勧めます。 なお真似をされて怪我をしても私は責任を持てませんので真似をしないように注意してください。
取り合えず、ショートロッドで仕掛け等は全遊動式で組みましたので目の覚めるようなアタリと引き心地巻き心地で楽しめましたが、キスは17~20cmまでを5匹と言う貧果に終わりました。。。
魚は全て釣り場にて相棒に進呈したので写真は無し。。。 お許しをば。。。。

うーむ、キスの写真が無いのが寂しゅうござる!。

今日の投げ竿はスカイサーフ30-405T でしたがエサ付でスリークォーターで投げて140m少々の飛距離でした。
この竿は振出ですが、前回使用した12スカイキャスター30-405 よりも柔らか目で何となく強振すると折れそうな気がして気持ち手加減して投げる。。。
うーむ、同クラスの並継竿や振出竿でも飛距離が大きく変わらないと言う事は多分私の遠投能力が150m~6色程度なのでしょうねー。
手持ちのスカイキャスターでエサ付にて6.5色近辺を打つ事が出来るようになれば思い切ってスピンBX あたりを視野に入れるのですが。。。
ただ砂浜が極端に無い地方の当地ですので少し躊躇しておるのでありまする。

実績場で思う様な結果が出ませんでしたが、海水温が低目なように思えました。。。
5月中旬以降に期待したい!。

ロッド シーバス用3m、30-405T リール 3500番、投げ専用 天秤錘10号25号 道糸1号 仕掛モトス3号エダス0.6~1.2号 鈎6、8、9号
[PR]
by maru-se | 2014-05-03 23:43 | キスing | Comments(0)


<< やっとこさのツ抜け、、、 ~ ... またかよー、、、撃沈。。。、一... >>