越冬キスを追え!@2016 ~ タックル等について考えてみる・・・

拙ブログのレポートを読みますと越冬キスのキーワードでお越しになられる方々が最近いらっしゃるので取り上げてみたいと思います。

今年になって2回の越冬キス狙いの釣行では天国と地獄を味わいましたが思うに県内島嶼部にしても〇〇島にしても砂浜が少なくで波止周り等や堤防等のような場所を釣る事が多くでして忍とも!、と思う次第。。。
そのような時に思ったより近投?にてキスがおるようでして竿は並継の出番が減りまして並継ではないショートロッドの出番となる。。。
しかし3m前後でしたら波止等で波返しの有るポイントでは短か過ぎまして3.6m位を使用・・・。
ぶっちゃけ、07や08のショートサフリを愛用しておりますが道糸にPEを使用しておらずでメーカー製の入門ロッドでも代用は効きますので硬すぎない竿が良いかも。。。
道糸は旧素材?の3号を力糸無しの通しで使用。 天秤錘は固定天秤が好ましいのですが道糸がぶにょい??のでアタリを少しは楽しみたい為、K定天秤や湘南天秤等のような半分に折れる半遊動タイプを多用・・・。
しかし上記、所詮はちょい投げの範疇を超えられずで、思いっきりブン投げて?のストレス発散にはやはり4.05m位のキス竿が必要か・・・。

e0117319_13352985.png


そのような事で本題であります。
で、今年に入り対越冬キス用にと掲載したぶつを久々に入手致しました。。。
うーむ、今までは3~5号ではじまる物しか購入せずでしてカレイ用に用意したものを以前から手持ちでありましたのでこの手のものは実に20年以上振りの購入となる。。。
問題はこれに組み合わせる道糸ですが。。。。
今までの経験では道糸の一部に旧素材を混ぜますと著しく感度を落としたり?キャストフィーリングに違和感等を感じまして忍ともでして、ただでさえ弱目な越冬キスのアタリや引き味等が楽しめなくなり、いっそのことオール旧素材の道糸系が良いのかも。。。 この時に組み合わせる天秤錘は固定式が無難に思えますが。。。
竿ですが。。。
どちらかと申しますとサーフをあまり攻めない事やバックスペースの余りない場所等でオーバースローにて飛距離が~5色出し切り位なので竿は最新の並継ではなく、丸みと柔らか味のある調子のもの、並継以外も考えておるのですが・・・。
その他仕掛ですが。。。
モトス等にフロロではない品物を実験的に使用。 しかしフロロより扱いが難し目でして絡んだり仕掛作りもフロロのような感じには行かずでして手こずり気味か。。。 針は大き目か小さ目か悩みますが吸い込みの良さを取りたいので悩ましや~・・・。

2月後半頃までは、ぼちぼち釣れるような気がしますので、もう一回でも二回でも釣行したいのですが。。。
課題、増える・・・。
[PR]
by maru-se | 2016-01-17 23:21 | Tackle | Comments(2)
Commented by ティワン at 2016-01-18 06:56 x
毎度です〜。

いよいよこれからは厳しい季節ですね、丸みと柔らかみのある胴調子、旧素材の糸、わかるように思います。

Commented by maru-se at 2016-01-18 19:06
ティワンさん、まいど~~。

申されるように当地では雪が降りそうな厳しさでして、気持ちが萎えそうになります。

タックルバランス等、もう少し煮詰めてみたいと思います。

追伸
本音はこの時期、重量感有るアイナメが釣りたいのですが、残念です。


<< 2016年度、シマノ卿の投げ竿... 〇〇島、ひとり釣行と、がま投ジ... >>