瀬戸内ボンビー仕様!、ぢゃー!! ~ シマノ11スピンパワー385CX(ST)、発進!!!・・・

お話としては前後しますが、先の記事で、一応、入魂致しました、11スピンパワー385CX(ST)のインプレ話等を書かせて戴きます。
e0117319_04461580.jpg
現在、ダイワ、がまかつ、の ST仕様の竿は一部ですが手にしました。。。
その中で、まだ未紹介の、ダイワ11プロキャスター30号-405・S、が御座居ます。
これについては、後日、記事を書かせて戴きますが、この竿のグレードに対して、シマノの同等品を持っておらず。。。
で、カタログ落ちした、同じく、ST仕様の11スピンパワーの425でCXかBXかを当初は考えておりました。
しかし、チャンスにオクで入札出来なかったり、して、時が流れました・・・。
その後、いよいよ、ST仕様の11スピンパワー425の流通在庫が尽きてきまして、それでは、405でもよかろぅ!、と思い、再び探し始めました。
結局、希望のCXには成りましたが、405は入手出来ず、で385になりました、とさ・・・。
e0117319_15321238.jpg

ガイド・リールシート等に関してですが。。。
実は一昨年末に同じスピンパワーでも振出の12スピンパワーTを入手!。
この竿の感じが良かったので悶々としておりました。。。
その後、有難い事に、このスピンTがダブル!・・・。
で、この度の竿ですが、もう一本、振スピンを入手するのは、ひょっとして、ボンビーなわたくしめ、には無理かも、と思うようになる。。。
ですので、この度の並スピンを加えて、一応、3本体制を組みたい!、と考える様になる!、のですが・・・。
その際、当初、道糸系はオールPEラインしか考えておらず、ガイドは旧式ながら、ローライダーガイドを視野に入れておりました。。。
ですが、置き竿の事も視野に入れますと、ナイロンラインを混ぜて使用する場合が有りますのでラインが太くなります。
この時、ローライダーガイドのバットガイドのリング径20mmでは、糸抜けが気になる。。。
では、価格が安目で、もう少し糸抜けの良いガイドは無いかいな!、、、。
そうしますと、15キススペシャルのシマノ推奨ガイドセットにブチ当る!。
CX用ですと、バットガイドはステンレスのオーシャンガイドですが、リング径は25mmです。
ですが、トップガイドからのリング径は、7、7、8~、で始まります。
そして、トップガイドの銘柄は最新式のKGトップですが、強度に不安を感じる。。。
糸抜けに対して疑問が有ったのと、KGトップが?、と思いましたので、もう少し検討してみる。
調べてみますと、15キススペシャルの推奨ガイドの中に、BXのセットを発見!。
これは、バットガイドのリング径は30mmで、トップガイドの銘柄は糸巻き式のスーパーオーシャントップガイドです。
トップガイドのリング径は8、8、10~、から始まります。
で、結局、微妙ですが、若干の糸抜けの良さ、に期待し、BXのガイドセットで、トップガイドのサイズを、8-3.0、に変更し、発注!。。。

問題なのは、ガイドを巻く、糸、スレッドの色の件です。
作例を拝見しますと、多くの方が、濃ゆい色のスレッドをチョイス!。
本来ですと、ブランクの色自体が微妙ですので、色合わせが難しく、メーカーに頼んでブランクと同じ色で塗装をして仕上げた方が良いのですが、、、。
この件で、ボンビーな、わたくしめ、悩んでおりました。。。
しかし、某所でお会いしたシマノのイントラの方に、このスレッドの件をお話ししてみました。
そうしますと、「 11スピンパワー(通称・スピンク)のカラーリングはピンク系のシルバーではなく、紫系のシルバーです。ですので薄い紫系のスレッドが吉です。 それと、UVコートで無い方が・・・」、と申されました。
その時、この方がロッドメイクされた、11スピンパワーを見せて戴きました、が、、、。
製竿後約4年経過しておるそうですが、スレッドが塗装無し、にも、かかわらず、良い感じの色合いになり、上手に仕上げられておられました。

リールシートは、当初、吊るし、と同じ T-NS7、を予定。。。
しかし、ぼんやりしており、気が付いた時には、今年のGWの前でして。。。
で、問屋さん!?、に発注しましたが、4週間かかる、との事。
GWには間に合いませんので、手持ちの、00サーフリーダー405CX(ST) に装着しておりました、ステンレスのNS-7 を取り外し、スピン385に移植・・・。
リールシートの位置ですが、吊るしの竿は、800mm、です。。。
位置的には、悪くは有りませんが、吊るしと同じでは、カスタム竿!?、としては、面白くない!。
で、最近使い始めた、パワーループアクシス30-420T と申す、いにしえのNFTの振竿が投げ良かったので、この竿に近しいリールシート位置を参考にする!。
で、仮にですが、770mm、としてみました。
このNFTの竿、塾長先生に紹介して戴いた竿で御座居ます。
塾長先生、有難う御座居ました。


で、肝心要のインプレ、ですが・・・。
うーむ、まずはライバル竿である、11プロキャスター30号-405・S等、との比較です。。。
飛距離は個人個人の体力・技術等の違いが有りますので、割愛致します。
すみません。
11スピン385CX(ST)、まずは感度です、が。。。
手持ちのシマノ硬度6の00サーフリーダーSF405CX(ST)やシマノ硬度7の06サーフリーダー405CX(ST)と比べてみました。。。
11スピンパワー、確かシマノ硬度8のはずですが、上記2本の竿に比べ、より金属的な感じに思えます。
一方、11プロキャス30号、は、気持ちマイルドでして、カンカン、キンキンとした金属的な感じがあまりしない。。。
これは、全長が違う事に関係する、かも、ですが。。。
シマノの竿、と申しますか竿は、短くなるほど、持ち重りが軽くなり楽になります、が。。。
しかし、短いほど、ツッパリ感が増す様な気がします。。。
これは、今、勉強の為、試験的に使っております、08スピンパワー365CX、から、この度の竿に持ち替え比較しましても、その様な気がします・・・。
竿の長さについて、ですが、色々、お好みが有ると思われます。
シマノの竿、大物師の方々にお話を伺いますと、405より425の方に軍配を上げる方が、とても多くでして、、、(特に振竿)。
それに、比較しダイワ派の大物師の方々は、もちろん425派は多めです。
しかし、シマノ派のように極端に425寄りではなく、405派の方々も結構いらっしゃいます。
ダイワは、使ってみて思いますに、Vジョイントの恩恵でマイルド気味?、な調子なので、405の竿でも、鋭ど過ぎずツッパリ感がシマノに比べ少なめ、に感じます(特に振竿)。
ですので、オーナーの体格にもよりますが体格に比して全長が長くリールシート位置が遠めな425の支持者の方々がシマノに比べダイワユーザーには比較的少なめ、に感じる、のですが・・・。

あと、現在世評では、シマノの竿はアタリの出方、や、新世代先調子!?、と申す、竿の調子等の評価が高め?、です・・・。
私の評価としては、確かにシマノの竿は、いい意味、先き抜けが良く切れ味が良い、悪く言えば、硬めで剛直、に思います。
それに対してダイワは、Vジョイント搭載で、気持ち良さの中に、しなやかさ、穏やかさ、マイルド、悪く言えば、シマノに比べややダル、かもです。。。
そして道糸系にナイロン・フロロラインを少しでも混ぜて使った時、多分、シマノの良さが際立つような気が致します(特に振竿@バッドガイドの背高化の為)。
しかし、現在は、PEラインが主流の時代です。。。
PEラインは伸びが少なく、アタリがナイロンラインに比べ、よりダイレクトです。
シマノの竿は、全部では無いのですが、比較的硬めで剛直気味です。
この持ち味が、オールPE道糸を使用しますと、感度は、すこぶる良い、かも、ですが、、、。
しかし感度が良過ぎて余計な物まで拾い伝達してしまい、時と場合によっては、疲れるかも知れません・・・。
この様な場合、相性の良い竿は多分、感度過敏気味?なPEラインに対し過敏過ぎない事が肝!、に思えまする!。
ですので、わたくし、めは、シマノに比べVジョイント等で恩恵が有るダイワの竿に好感を持っております!!(特に振竿)。

お話は変わりまして、道糸について書かせて戴きます。
私は、PE道糸にナイロンやフロロの力糸やリーダーを組み合わせる投げ釣りは、イマイチ好きでは有りません。
それは、昔、ぺペットの300m巻きを半分+α +ナイロン力糸を使っておった時期が有りました、、、。
これで釣ってみて、あまり、PE道糸の恩恵を感じられませんでした。。。
その時、太さは、0.8号でしたが、ランニングコスト・コスパ等を考えた事が有ります。
この時、従来のナイロン2号3号+ナイロン力糸の方が、まし、と思っておりました。。。
その後、ぺペットは1号にし、強度はUPしましたが、やはり、イマイチ、に感じました。。。
その当時、市販PE力糸の買値は1000円超位でした。。。
ナイロン製に比べ高価なので使った事が無く、悶々状態でした・・・。
それで、仕方なく、自作のPE力糸製作に手を染めました。
最初は、安い船用のPEラインを、5号→3号→1.2号、にてノーネームノット等で結束しただけの幼稚な物でした。。。
しかし、これをぺペットに組み合わせますと、もう、ナイロン力糸等には後戻りが出来ない状態になりました・・・。
その後、試行錯誤の末、昨年から、夜釣りが絡む大物系の釣りにおいても一部ですが、オールPEラインにしてみたのですが・・・。
その様な事で現在、道糸系は殆どの投げ釣りの際、オールPEで行っております。。。
問題点は夜釣りにおいての高切れ等です。
これに対しては、結束部等を試行錯誤した結果、maru-se式リギング!?、を編み出し、一応??、解決しておりまする、、、。
ただ、鯛投げや夜の大キス狙いの時には、まだ研究が足りず、オールナイロンラインで挑む事が多目で御座います・・・。

色々書かせて戴きましたが、最後に雑談をさせて下さい。
個人的に竿のカラーリングは、夏魚狙いの竿、特にキス竿は、ブルー系のような寒色系な色の竿やシルバー系に実績が高いです。
そして、冬魚狙い、カレイ竿?、や真鯛狙いには、暖色系の赤竿やオレンヂ竿の方に個人的には実績が多く有ります・・・。
上記の様な竿の色による実績の偏りは、私個人の大会時等の気持ちの昂りに左右されておる、ようで御座います・・・。
突然ですが明日の夕刻から開始されます、第二回協会瀬戸内大物大会に向けてです、が・・・。
仕事等や抜ける事が出来ない用事等で、初日から柳井方面で釣る事が出来ません。
残念ですが、来月以降の大会に向けて力を蓄えたい、と思います。
ちなみに昨年の第一回協会瀬戸内大物大会のウイニング・ロッドは振竿で恐縮至極ですが、拙竿のスピンクT、で御座居ました・・・。
今回、御紹介した、並スピンクも大会等で順調に実績を上げていって欲しいもので御座居ます!。
e0117319_04472323.jpg


おっしまい・・・ 

[PR]
by maru-se | 2018-05-18 23:32 | ロッド | Comments(2)
Commented by 燦々ワンタン at 2018-05-22 19:16 x
(個人的に竿のカラーリングは、夏魚狙いの竿、特にキス竿は、ブルー系のような寒色系な色の竿やシルバー系に実績が高いです。
そして、冬魚狙い、カレイ竿?、や真鯛狙いには、暖色系の赤竿やオレンヂ竿の方に個人的には実績が多く有ります・・・。)
ホントですか??
根拠はあるのですか?
Commented by maru-se at 2018-05-23 12:30
燦々ワンタン 様、はじめまして。
管理人の、maru-se、で御座います。
コメントを下さり、有難う御座います。

御質問の件ですが・・・。
根拠と申しますか、実績・成績を書かせて戴きます。
私は入会3年目ですが、協会の大会で2回優勝し、一投入魂でも、2回勝っております。
ですので、勝利は4回経験しました。
この時使用した竿が、青竿と銀竿です。
詳しくは、過去の拙記事をお読み下さい。
ですが、私と同じ様に青竿や銀竿をお使いになっても、必ずしも私と同じ実績等を残せるか、どうかは神のみぞ知る事でして、予想が付きません。。。

その他、書かせて戴きたい事が有るのですが、とても長文になり、ここでは書き切れません。
すみません。

この件については、以前より興味がとても有り、かなり記事を書きましたが、支離滅裂な文章となり、表に出せず、未投稿状態です。

これらの記事を吟味し、まとめたのち、近日中にUPさせて戴きたい、と思います。
もうしばらく、お待ち下さいませ。

今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。


<< 赤並竿!、2匹のランク魚ゲット... ランク魚で入魂、ぢゃー!。。。... >>