赤並竿!、2匹のランク魚ゲット!!にて入魂、なる!!!・・・ ~ 第2回協会瀬戸内大物大会に参加致しました。。。

5/19、20の土日に開催された、第二回協会瀬戸内大物大会に参加しました、ので記事を書かせて戴きます。
地域は、瀬戸内ですが、審査会場の周防大島には、20日の正午帰着厳守ですので本来ですと、1日目から柳井・周防大島付近に陣取りたい!、所!!、ですが・・・。
この大会、ある方が申されますに、「 鯛類の大会だが、真鯛と胸を張って提出した方の優勝でしょう。」、と言われました。。。
ですが、昨年、真鯛と言える魚は提出されず、鯛は鯛でも赤では無く黒い方の大会でした。。。
この時、私は2匹のBランクのクロダイを持ち、その内の大きい方を提出し優勝させて戴きました。。。
で、今年は、冬場がとても寒く厳しかったので、真鯛の接岸は、遅いのではないか?、と勝手に思い、クロダイ系を視野に入れて動いておりました・・・。
この勘違い?が、そもそもの、つまずき!?、の基、でした・・・。
クロダイ狙い、を家族に話すと、猛反対されました・・・。
「 周防大島まで行って、食べられないクロダイを釣るのなら、次の6月以降の大会には、絶対に行かせない!」、と大文句を言われ、大口論!?、になりました。。。
結局、19日は午前中に仕事が入り、その他、20時~21時位まで、町内会の見回りが有りましたので、大会初日は断腸の思いですが審査会場付近には入らず・・・。
その様な事ですので、この大会は、麻雀用語の見、として力を蓄える事にし、19日は自宅で、ゆるるりと!、と言う感じでした。。。
しかし、スタートが17時~ですので、手をこまねいていては、いかん!!、と思いましたので、19時までの2時間限定で近場の河川にて、投げブリーム!、を行う!!・・・。

で、1日目ですが、早朝の散歩の時点で河川付近は強風が吹いて、白波が立っておりました。。。
悪コンディションですが、ままよ!、と思いつつ開始1時間位前に釣具店へ行き、アオイソメを500円分と翌日の為に、チロリを30g、購入して釣り場へ向かう。
19日の潮満は、、、、。
下りの中潮3日目で満潮は、0時16分と12時ジャストにて候。。。
干潮ですが広島は、朝6時半前後、夕方は18:28、で、丁度、私が釣りをする17~19時と言う時間帯は干潮付近でして、開始早々から、潮が無い。。。
e0117319_13374816.jpg
干底、と申しますか、潮位が思いっきり下がり潮が引きまくって、砂地が大露出し、やれやれ、海と申しますか海面が遥か彼方でして、投げる場所が無い。。。
困った。。。
予定していた、船だまりに陣取りますが、船だまりはともかく、肝心要の河への水路と申しますか、船道が砂に埋もれたのか、船道らしき水路?、は無くなっておりました。。。
最初の二投は、まだ潮が有り、砂地が露出しておりませんでしたので固定天秤錘でキス狙い??、をしてみました・・・。
しかし、風が強く天秤錘が吹き戻されまして、あまり飛距離が出ない。。。
e0117319_13341324.jpg
上記画像は準備前の物ですが、この時点で、既にクーラー用竿立てに取り付けた、タオルが風に吹かれ真横状態で御座いました・・・。

三投目から、予定の10号又は12号の全遊動天秤錘にしよう、と思いましたが、、、。
しかし風が強すぎて、10号12号では、飛距離に期待が持てず・・・。
結局、手持ちの全遊動天秤錘の中で一番重い15号を渋々装着!、、、。
しかし、飛距離、出ず・・・。
数投後、もしかして、道糸が太いのでは??、と思い、試しに、スプールを確認しますと、、、。
何と!、カレイ用のPE2号が巻かれており、やれやれ。。。
クーラー付属のサイドBOXを漁りますと、一番底にPE1号を巻いた替えスプールが有りましたので、スプールを交換する!。
時は18時前です。。。
ド干潮まで残り約30分、大会初日の私の釣り終了1時間前で御座居ます・・・。
風も一段と強まり、弱気になっておりました。
服装は、上着に、Tシャツと長袖シャツ+フィッシィングベストでして、薄暗くなるほど、風が冷たく寒気がして来て心が折れそうになる!。
ここは、思い切って、遠投に活路を見い出すべく25号のL字型固定天秤錘を投入!・・・。
ハリス・フロロ3号@1m直結、針・80円で購入した丸セイゴ12号にて候・・・。
いよいよ、ラスト、1投、にしようかな?、と思った18:20頃、前記した船だまりの水路にわずかに残る水の道??、を頼りに、水の道に目掛けて投げてみる!。
最後ですので、仕掛を少し置いてじっくりと様子をみておこう!、と思い、クーラーの竿立てに竿を掛ける。
ですが、なすすべもなく、竿、クーラー共に風に倒されまして。。。
仕方なく、竿を手持ちにしますと。。。
かすかな、アタリを捉えたので、軽く竿を立てる!。
そうしますと、重量感を感じました、が。。。
しかし、目の前は、わずかな海面?、以外は砂地でして、一体、この魚を取り込めるのだろうか?、と不安になる。。。
強引に巻き寄せますと、砂地を滑る??、様に銀色の魚体が寄って来る!。
護岸の階段をおり、干上がった敷石・基礎石の更に先に立ち、ゴリ巻き!。
上がって来たのは、Aランクすれすれ、の様に見えた、キチヌ、でした!・・・。
e0117319_13394975.jpg
上記キチヌの画像、釣り上げた翌日に撮り直した物で御座います。
エサは、アオイソメでした・・・。
e0117319_21393589.jpg
撮影が遅くなり恐縮至極ですが、キチヌを釣り上げた際使用した天秤錘やリグで御座います・・・。天秤の腕が曲がり上げて、変形しております。強引なやり取りで御座いました。。。

これで、ミッション、終了!、ですので、帰宅し鋭気を養い、翌日の周防大島へ!、と思いを馳せつつ就寝。
おやすみな、さーい。。。

明けて翌、20日ですが・・・。
5時に起床し、ハマ~ン漁港?付近には、8時頃到着。
その後、マスターのいらっしゃると思われるポイントに行きますが、白波が立ちまくり、風が強過ぎまして、マスター御一行様は、おられません、でした。。。
仕方が無いので、周防大島入り、しますが、大島大橋を渡って左周り付近は、強風で白ウサギ(白波)が跳ねまくりでして、仕方なく、橋を右に車の舵を切る!!。

で、まずは、S佐に入る!。
F石師が大物を仕留められた付近に入りますが、残念な事に、目の前を大きなテトラ一文字波止が設置されて万事窮す!、か・・・。
残念至極ですが、付近の小さな小さな浜に入る!。
何とかPEラインで釣りは出来ますが、沖は白ウサギが大跳ね状態でして、、、。
アタリ、をもらいますが、サーフ用の軽量キス針9号では、掛からず!。
3投でここを見切る!。
そして、T梅木へ。。。
波止は全て満員御礼でしたので、バス停下付近に入るも、ノーバイト。。。
移動・・・。
その後、何とか、マスター御一行様と合流させて戴く!。
e0117319_14112606.jpg
H澤さんの雄姿!。
e0117319_14130969.jpg
華麗様のお姿
e0117319_14152860.jpg
YS田さん with 華麗様

で、マスターとお話をさせて戴く!。
開口一番、「 あんた(わたくしめの事)が来んけぇ、華麗さんの優勝、ぢゃわい! 」と申されました・・・。
で、先端に陣取られた、H澤さんとお話をさせて戴きますと・・・。
ポン級アイナメを仕留められ、クーラーに収まっておりました。
H澤さんは、「 華麗さんに、1cm負けました・・・」、と申されました。
そして華麗様の元へ駆け寄りますと。。。
満面の笑みを浮かべられ、恵比須顔で御座います!。
そして、助っ人、YS田さんは、、、。
色々有り、詳しくは書けませんが、良い助っ人ぶりを発揮された、模様・・・。

1時間弱位滞在後、ドライブがてら、A港に向かうも強風、な~り~・・・。
竿出しするも、追い風を読み間違えて、天秤錘を飛ばしすぎてテトラに着弾!。
回収不能になり、泣く泣く、力糸以降を海に献上致しました・・・。
そして、Dのコンビ二に立ち寄った後、N代表がおられそうに思えます、Dの砂浜付近に入るも風が強く、いらっしゃらず。。。
仕方なく、海岸沿いをドライブ後、審査会場に向かう!。
途中、水門?付近で竿出しするも、ノーホーラ(〇ボ)。。。
ちょい投げなファミリーはキスを釣りましたが、私は針が大きいのか、残念賞!・・・。
で、時間切れにて椋野漁港へ行く。
しかし、イベントが有る、ようでして、満杯の駐車場でしたので何時もの場所ではない所に集まられておられました・・・。

で、お楽しみ!の正午から始まる審査検寸で御座います・・・
e0117319_19163540.jpg
出雲おろちサーフの、H田さんの釣果!
e0117319_19165779.jpg
優勝魚!、華麗様のアイナメ!!。
e0117319_19171493.jpg
華麗様のAなチダイ!。
e0117319_19173643.jpg
マスターの持ち込まれた、クロダイ!。
e0117319_19175784.jpg
e0117319_19181833.jpg
e0117319_19184860.jpg
マスター、F石師 & N代表!。

e0117319_12523833.jpg
H澤さんの、ポン級アイナメ!。
e0117319_19200350.jpg
で、結果ですが・・・。
優勝
華麗様@アイナメ
二位
H澤さん@アイナメ
三位
わたくしめ@キチヌ・34.3cm

e0117319_14325421.jpg

四位以降は割愛させて戴きます。
すいません。


その後、大会は、つつがなく終了し、解散!、となりました。
大会を運営された幹部の方々、お世話様になりました。
そして、参加された協会の方々、お世話様になりました。
有難う御座いました。
そして、助っ人、YS田さん、お元気そうで何よりで御座います。
有難う御座いました。
次回は、わたくしめにも、本〇等をわけて下さいね。
お集まりの皆様方、今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。


実は、解散後、私はドライブがてら、残りエサの処理の為に短時間ですが、島を周り釣りもしてみました。。。
帰宅も考えましたが、大会二日目は、上記しました様に正直申しまして、ボーズで御座いました・・・。
ですので、エサもあまりまくり、でして。。。
正直、とても情けなく悔しい思いでして、このままでは、どうしても、帰宅する気になれません、でした・・・。
その他、ある場所の釣査!?、の為も有り、車の舵を切りました。
到着しますと、良い塩梅に風が収まり、シロギス日和!?、釣り日和です・・・。
ですが、引き潮に入っておりますので、キスからのアタリが無い。。。
この時、固定式L字型天秤錘の25号でリールは、何時もの、45にラインはPE1号でした。。。
探ってみますと、一色と二色の境目、でキスが釣れました。。。
しかし、この場所らしくない、小さめのキスでして、満ち潮時でもないのに、余りにも近くにキスが寄っておりますので、疑問に思う!。
で、目一杯の遠投?、をかます!、も、ノーバイト!。
おかしい。。。
その内、PE力糸がトラブリ、投げた途端に、プッチン!、パッチン!、しまして、力糸以降を失ってしまいました、、、。
クーラー付属のサイドBOXには、予備の自作力糸がみててしまいました、とさ・・・(みてる!、とは無くなった、空になった、と言う意味の広島弁、也!!)。
えー!、と思いましたが、45に結ぶ力糸が無い?、ので、45リールを仕舞う事にする・・・。
ですので、仕方なく、力糸付の予備のドラグ付リールに交換すべく、車に戻る!。
そして、釣り場に再び戻り竿にドラグ付リールを装着し、オールPEラインにL字型全遊動天秤錘15号を装着して投げてみる!。
仕掛けは、3本針仕様でしたが、長さが短い方が良いと判断し、下針を切断して2本針仕様とし目一杯、振込みます、と。。。
竿立てに置いて少し、待ってみるも、ノーバイト、、、。
そこで、リールさびき、をしますと、キスらしき、アタリのあとで、ググッ!、とした、明確な手ごたえを感じる!。
竿を立てて、聞いてみますと、いい感じで、魚が、乗った!!。
リールを巻きますと、ヘッドシェイクを繰り返します。
鯛類で有る事を確信して、慎重に取り込みに入る!。
波に乗せて浜にずり上げますと、40cmを少し切りそうな、クロダイの雄?、でした。。。
e0117319_17312704.jpg
e0117319_17315058.jpg
このクロダイを釣った事で満足し、足早に帰宅致しました。。。
帰宅後、大物申請用の写真を撮影しましたが、38cm強!、有りました、とさ・・・。
2枚目の画像は釣りたての写真ですが、良く見ますと、どうやら、先に掛かったキスにこのクロダイが食いついた模様です。。。
キスは、チロリに食いついた、様です・・・。
悪食もいいところ、ですが、このような、大型魚がうろちょろしておりますので、警戒心の強い良型のシロギスが怖がって、この場所には接岸しておらない、様です。。。
ちなみに、この場所、昨年の優勝魚を釣った場所で立ち位置も同じでした。。。
もしも、この場所に一日目から入釣していたら!、と思いますが、まぁ、いいか!!・・・。

この大会の、わたくしめ、の反省点、ですが・・・。
直前の情報を得ておりません、でしたので、上記した様に、クロダイ狙い、か夏魚狙い、の大会だと、てっきり思っておりました。。。
その様な、私の勝手な思い込みが有りました、ので大会に対する、気持ちが萎えて、しぼんでおりました。。。
もしも、この大会を真剣に考えるのでしたら、良い情報をお持ちの方に、釣り物、その他、詳しくお尋ねする、事も考えられました。。。
しかし、私の目指す釣りは、能動態系の釣り、どちらかと申しますと攻め系!?な釣り!、で御座います、が・・・。
英語では、KEEP CASTING!、ならぬ、KEEP PULLING!、引き続ける釣り!!、かも・・・。
その他、私は一昨年の7月の協会キス釣り大会に優勝しました。
しかし、この事に関して疑われました・・・。
「 あなたは、はじめて西山陰方面に行って、大会で優勝したそうだが、本当かね、益田市付近に、いいひとがいるんじゃないの?、彼女でもいて頻繁に会いに行って、そのついでに、西山陰方面で頻繁に釣りをしている、から、優勝したんじゃないの?」、と・・・
この件に関しては、詳しく書けば長文になりますので、割愛します。
上記は実の父親との会話の中での話です。
しかし、この様に思われて、私は、とても面白く有りません!。
ひとり、でもこの様に思われる!、と言う事は、複数人に思われておる、と感じます。
その様な事でして、喉から手が出る程、直前情報等、生の情報は欲しいのですが、あえて、自分自身で行動し集めた情報を主軸として、最近は大会に臨む、事が多く成りました。。。
ぶっちゃけ、他人の褌で相撲を取っても、100%自分自身の手柄には、なりませぬ!。。。
人生でも、そうですが、何時までも、頼っておりますと、結局は、「 何時までも、有ると思うな親(父)!!と〇!」、で御座います!!。。。
私は、入会した時の年齢が、30歳代前半まで、では有りません。
孫がおる、年齢ですので、投げ釣りが出来る、月日は、そんなに多くは無い、と思っております。
確かに職商売は、身を入れて10年働けば一人前の職人さんに成長するでしょうね。
釣りも、一人前になるには10年は掛かるかも、知れません・・・。
しかし、それは、30歳代そこそこの方に当て嵌まる話です!。
私の年齢で、10年も過ぎれば、この世に存在する、かも、ですが、投げ釣りが確実に出来る、保障は有りません。。。
せめて、赤子の様なわたくしめが、這い這い状態から、つかまり立ちを通過し、一人で二足歩行が出来る様に思い、釣り人、投げ師として、ひとり立ちをしたい!、と考えました・・・。
ですので、出来るだけ急ぐ必要を感じて、3年を目処に、ひとり立ち、一本立ちを目指しておるのです。
以前、石の上にも3年~、と申す間違った言葉の使い方をした事、が有りました。
お許し、下さい。
私の目指す、おいしい投げ釣り=楽釣、究極の投げ釣り vs 至高の投げ釣り、についても、今後は考えて行きたい、と思います。。。

雑談です・・・。
竿は夏魚の大会と思い込んでおりましたので、青竿の12スカイキャスターを当初は予定しておりました、が・・・。
大会、直前の10日前の天気予報では大会前に降雨の予想でした。
そして、予報通り雨が降ったのですが、夜になり結構な量の大雨になりました・・・。
この様な大雨が降りましたので、大会に向けて私のテンションは下がりまくりでした、、、。
しかし、昨年のこの大会のウィナーで有る私は、このままでは、いかん!!、と思いました。
それでは、竿ないぞ、気分転換に青竿から赤竿に変えてみては?、と思いました。
で、白羽の矢を立てたのが、あまり、御紹介したくなかった??、ダイワ11プロキャスター30号‐405・S、の投入でした・・・。
何故、御紹介したく無かった、か、ですが、確かに捨て値で購入した品物で御座居ますが、もう少し伏せておきたかったのです。。。
その他、先日御紹介した11スピンク等の記事で色々書きました、が。。。
私について、浪費家?とか金周りが良い?、とお感じかも、ですが、11プロキャスターや11スピンパワー等はモデル末期またはモデルチェンジをすでに終えております。。。
多分、読者殿の御想像される、買値より私が購入した時の買値は大幅に下回っておる、と思っておりまする。
その他、銀玉遊戯?の際、台が吹き上げまして、アブク銭もとい、臨時収入を得ておりました。。。
お許し、をば・・・。

結果的には、気持ちが余り高揚せず、厳しくタフな状況で赤並竿を使用し、大会の結果は、お立ち台で御座居ました、が・・・。
19、20日の二日間で二匹の点物を得て赤竿の効果をまざまざと感じた大会でした。
11プロキャスター30号‐405・S、のインプレ話等は、また後日書かせて戴きます!・・・。

今回の大会の勝者の予想、何人かの方にメールをさせて戴きました、が・・・。
それは、華麗様の優勝の確立が高い、事をお伝え致しました。。。
結果的に私の予想通り、華麗様は優勝されました、が、この予想が的中したのには、訳が有ります。
今回、出雲おろちサーフのH田さん、華麗様、H澤さんの三つ巴を当初は予想しておりました。
H田さんは、お見受けしますに、どちらかと申しますと、キス師の気が強い!、と思っております。
H田さん、間違っていたら、すいません。
今回はアウェーの大会ですので、予想が難しい。。。
で、残り二名の方に焦点をあててみる!。
お二人とは、思い返しますと、昨年の9月に開催された因縁?、の第3回協会キス釣り大会の前後から、何度か御一緒させて戴いております!。
それで、僭越ながら、最近の大会の結果や最近の大物申請数をみてみますと。。。
H澤さんは、釣行回数が比較的多め、のようでして、コンスタント、に釣果を上げられて大物申請書を提出されておられます。
一方、華麗様ですが、いつも、驚愕!の成績・釣果を上げられますが、最近は、お忙しい様でして、、、。
それで、お二方の内、どちらの方が、爆発力が有る!、か、考えてみました。。。
お二方共に大物師ですが、総合しますと、今回の大会で、期する物が大きい!、と感じますのは、H澤さんではなく、華麗様でして、軍配を華麗様に上げた、次第、、、。
H澤さん、すみません。
それと、今回の大会、強風にて、とても、タフコンディションでした。。。
この様な時に、おタックル批評家!?、なわたくしめ、が思いますのは、お二人の使用される竿やタックルのカラー、について着目しました・・・。
お二人の写真は掲載致しましたので、竿の正確なカラーは、掲載画像でご確認下さい。
で、この様な厳しい状況下で腕の延長で有る竿を暖色系の品物を使われた華麗様に勝利の(女?)神が微笑まれました!。
その釣果の内容は、ランク魚を4匹も持ち込まれ、見事に鬱憤を晴らされ快勝!、されました!!。
華麗様、おめでとう御座居ます!。


色々と長々、書かせて戴きました。
次の大会、全日本キス、に向けて、仕事の合間で戦略を練ることと、致します。。。
御清読、有難う御座いました。



おっしまい・・・


ロッド 並30号‐405・S リール 45、15PAプロサ 天秤錘 L字型固定式天秤錘25号、L字型全遊動式天秤錘15号 道糸 PE1号+自作PE力糸 仕掛 投げブリーム用・ハリス3号針12号・1本針仕様 キス狙い モトス3号エダス1.2号針サーフ用軽量キス針9号 2本針&3本針仕様
エサ チロリ、アオイソメ、石ゴカイ

[PR]
by maru-se | 2018-05-23 23:38 | キスing | Comments(2)
Commented by ティワン at 2018-05-28 13:21 x
3位ですか〜素晴らしい‼️
おめでとうございま〜す\(^ω^)/
Commented by maru-se at 2018-05-30 22:47
ティワン さん、こんばんは。
コメント、有難う御座います。

お褒め下さり、有難う御座います。

ティワンさんへ
弓ヶ浜@ダイワ、健闘をお祈り致します。
私は、今年、弓ヶ浜には行かれません、が、また何時の日か再びサーフにて、お会いさせて戴きたい、と思っております。

今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。


<< 竿の色によって釣果や成績は、変... 瀬戸内ボンビー仕様!、ぢゃー!... >>