竿の色によって釣果や成績は、変わるの??・・・

2つ前の拙記事にコメントを頂戴しました。
コメントを下さり、有難う御座います。
その件について、書かせて戴きます。

元々は、私が記事の最後の方に、読者殿や、お読みになられる方々に、??と思われる事を書いた、のが事の発端です。。。
それは、竿の色、カラーリングの違いにより、釣果に差が出る、と言う様な内容でした。
書かせて戴いた記事に対して、根拠を求められました・・・。
根拠の意味ですが。。。
判断・推論などを成り立たせるよりどころ ・・・」、との事です。
推論とは、
(確かには)分かっていない事を推し量って論ずること 」、だそうです。
確かに、わたくしめ、の様なトーシローの、「 推論 」、を書かせて戴きましたので、えー!、と思われ、コメントを頂戴した、と思われます。
確かに、推論、ですので、今まで、この様な発言をされた、方は投げ師系のサイト等では、無いようです・・・。
お読みになられる方によっては、私の書いた記事を閲覧され、もしかして、不快に思われた、かも知れません。
すみません。

と、言う事で、わたくしめ、の推論等、として、書かせて戴きます。
まず、私の推論、「 竿の色によって釣果や大会の成績に影響は有るの?、か、無いの?、か 」、ですが。。。
まだ、100%分かっておりません、が、今の所、竿の色によって、釣果等に差が出る、ような気がする、のですが・・・。
で、この推論を成り立たせるよりどころ、即ち、根拠ですが。。。

釣竿の色、云々!、の前に私が思っております、釣竿の事、について書かせて戴きます。
竿と言いますか、釣竿ですが、釣竿は手や腕の延長で有る!!、と良く言われます!・・・。
手や腕は人間の体の一部です。
釣竿が体の一部だと仮定すれば、血液が流れ?、生命感が有り、生きておる!、と思います・・・。
生きておる、と言う事は、即ち、魂が宿っておる!、事だと思います。
釣竿は人間の作った品物で、道具、釣道具です。
ですので、普通は生死もですが、魂が宿っておる!、かどうか、分かりません。。。
人間の作った、品物で魂が入った!、宿った!!、と言われる、お話等が有ります。
飛騨の匠のお話をさせて下さい。
このお話ですが・・・。
宮中に出入りする飛騨の大工さんが木製の人形、木偶(デク)を作りました。
この木偶は、今で言う所のイケメン男子の形をしておったようです。
そして精魂込めて作られておりましたので魂が宿りました、とさ・・・。
で、宮中に置いておりますと、夜な夜な女官が、この木偶に会いに来てやがて、女官は、この木偶との間に子供を授かり?、その子の子孫の大工職の人々は代々、飛騨の匠、と呼ばれました、とさ・・・。
このお話は、逸話の様ですが、大人の夜話として、想像力をかきたてられます。
その他、仏作って魂入れず、と類義語の、仏作って眼入れず、と言う、ことわざ、も有ります。
これは、苦労して作っても肝心な物が抜け落ちている、事の例えだそうです。
ですので、石や木で仏様を作っても目を入れねば、魂が入らず、ただの、石ころや木片としての価値しかない事、と解釈しました。。。
その他、目の入っていない、赤い達磨さん、が有ります。
これは、選挙や勝負事の際に良く見られます。
目入れは「無い目玉を描き入れる」のではなく、「心の目の開眼・入魂を表現した」ことだとされます。目を入れることを「点睛」というのも同じ意味だそうです。
では、投竿に魂を入れて体と同化させる!体と一体化させる!、には如何したら良いのでせうか!!・・・。
上記した様に、投げ師自身で投げ竿を製作し、目、眼を入れてあげること(入魂!!)を自らでやり遂げる事、かも・・・。
と言う事は、投げ師自らが、ST仕様の並投げ竿を入手して自らで製竿し、入魂、即ち
、自らが是非とも釣りたいと思う魚をこの竿で釣り上げる事、かも・・・。
ワケワカメ!?、な方向に進みまして、すみません。

ですが、現実、投げ師の方々は、並竿振竿とも、殆どが吊るしの竿をお使いの方が多い、と思われます・・・。
特に、ST仕様が存在しない、振出投竿は、そもそも、製竿、ロッドメイクなど、存在せず、せいぜい、改造を施される程度です。
振竿、リールシート、ガイド位置等を自由に変更するのが難しく、もし改造したりすれば、その振竿は手放す際にジャンク扱いで引き取られる、かも、知れません・・・。
しかし、ST仕様の並竿は、部品の種類や位置等をオーナーの好みにする事が出来ます。
オーナー自ら手作りして製竿し入魂した場合、多分、あまり竿の色は釣果等に関係が無い、かも知れません・・・。
理由は、この様な場合、既にこのST仕様の投竿は、ガイド位置やリールシート位置の変更を受け、オーナーの体に適切に馴染む様に調整されております。
吊るしの竿と比べ、体と一体感がとても増しておる!!、と思われます。

ただ、仏様や達磨に目を入れて入魂終了!、ですので、目・眼と言う人間の部位はとても重要です・・・。
振出竿にて竿を複数本並べて置き竿で釣る場合、アタリは、多分、目で見てアタリを確認しておる、事が多い、と思います。
置竿でアタリを見る時、投げ竿の穂先を目で見る!、と思います。
穂先の太さは、発光物を取り付けない場合、今の振竿の33号クラスで、3mm強位、だと思います。
口径は細いですが、置竿の場合、人間の目は穂先を見つめ、穂先の動きを見てアタリの有無を確認しております。
その様な事ですので、特に投竿の色が問題にされる、のは、振竿等を複数本使用して置竿で釣る、各種大物狙い、かも知れません・・・。


で、投竿の色の件ですが、赤竿やオレンジ竿、青竿が普通は気になる所で御座います、が、まずは銀竿について書かせて下さい。
私が銀竿で良かった大会は、3回有りましたが、1回を除き、夜がらみ、でした。。。
私が銀竿に最も期待する事、それは、やはり、夜がらみ、夜釣、で御座います・・・。
銀竿を使いますと、わずかな光に反応し、光を反射するようでして、夜に目立ちます。
ですが、黒竿を使いますと、光を吸収し、目立たず、夜の闇に溶け込んでしまいます。。。
残念ですが、現在の赤竿、青竿は蛍光色では無く、色が濃ゆく黒っぽい??、のか、黒竿に似たような感じです・・・。
夜釣において銀竿と同じ様な感じの色の竿は、白竿や金色系の竿です。。。
しかし、夜釣で黒竿の時に満更でもない!、と思った投竿が有ります。
それは、ジョイン部がシルバーに塗装してある黒竿です。
ジョイント部が光を反射し、夜に目立ちます。
しかし、残念な事に穂先は黒色のままでしたので、残念な竿でした、、、。
昔は、穂先の一節や穂先を40、50cm位、本体色とは別に白く塗装された、投げ竿が有りました。。。
現在では、生産効率の為か、見かけません、が復活して欲しいです!。
それと、竿の色によって光を反射し夜に目立つ件ですが、無改造の場合の事を申しております。
穂先等を、ゴテゴテに蛍光テープや夜光テープ、塗料等を貼ったり塗ったりして装飾?、した投げ竿は、元の竿の色に関係なく光等に反応し夜や視認性の悪い時に目立ちます。
あしからず・・・。

では、赤竿、オレンジ竿、青竿、ですが。。。
まず、私が投竿を複数本使用し置竿にして、釣る場合、どの様な魚を期待しておるか!、で御座居ます。。。
もち、のロン!、ですが、大物狙いで、待ち伏せ系の釣りです。。。
具体的な対象魚は、私が最も、釣りたい魚で、尚且つ、最も苦手な魚、それは、冬場における、カレイ狙いの場合です・・・。
最近は夏と言う時期を、嫌われる方々が増えました。
逆に冬の方が夏より、お好き、な方々が増えました・・・。
私は上記の逆で、夏は大好き、冬は、寒がりですので、大嫌い、です。。。
ですが、今から35~40年前頃に投げ釣りに夢中になっておった頃、投げ釣りと言えば、冬場のカレイ釣り、しか、ほとんど記憶に有りません。。。
何故でしょう??。。。
それは、タックル、釣り道具に大いに関係しております。
当時のタックルは、ボンビーでしたので、竿はグラスロッド、リールはサイレント機構無し、道糸はオールナイロンラインに天秤錘は良くて固定式か遊動式の海草天秤、悪くてジェット天秤等でした。。。
当地の海の特徴として、キス等狙いで引き釣りをした場合、1色半以上さびけない、場所が多く存在します。
その様な場合で、例えば6本針仕掛ですと、直ぐに岩や藻の様な障害物に捕まり、キスが釣れた、としても、連掛けは容易では、有りません。
この様な廉価タックルで連掛けの無い投げキスで固定天秤を使用しますと、17、8cmのキス一匹のアタリも弱弱しいですが、巻上げ時の手応えも中々、感じられません。。。
しかし、これが、冬場のカレイ・アイナメ釣り、ですと魚が大きいので結構楽しめます。
現在は、タックルの進歩や気候の温暖化と、冬魚の減少・小粒化、にて、当地においても、時流なのか、キス狙いのウェートが高まりつつ有る、ようです。。。
その様な感じですが、当家では、キスを釣って帰っても、あまり喜ばれません。
へた、をしてキスを大量に持ち帰れば、それこそ、釣り禁止!、になるかも、です・・・。
ですが、食味が良いマコガレイは家族皆、食べたがります!。
家族の為にも、カレイを積極的に狙わねば!。
冬魚、アイナメは難しくなりましたが、マコガレイは、養殖放流の成果が出ておる、様でして、、、。
投げ釣りに復帰した、2005年頃から比べ、マコガレイ、現在では少しは釣れる様になった、模様・・・。
で、カレイ狙いの竿、に注目しました・・・。
最初(2016年冬頃)は、銀竿3本や青系の竿を3本体制でカレイを狙っておりました。。。
しかし、カレイのカの字も無く、〇ボ続きでした。。。
その後、青竿2本赤竿1本の竿出し時に赤竿に、カレイでは無い、ようですが、大きな大きな生体反応が有り、私が置き竿にてカレイ狙いをした場合のヒント、となりました・・・。
入会後、2年間は、カレイのランク魚の提出が出来ませんでしたが、今年に入り、結果が出て、ほっとしております。
この時に使用した竿が赤竿でした。。。
しかし、S社の廉価竿でした、が・・・。
赤い竿は、カレイ狙いに、気持ちの盛り上がらない、闘争心の弱い私に火を付けて、やる気をUPさせてくれた!、と思っております。。。
赤竿を3本体制にて穂先を見つめますと、何故だか、めらめらと、闘争心が湧き出て来る!、のは、とても不思議に思えます。
青竿や銀竿では、穂先を見つめても、その様な気持ちが湧き起こりません。
不思議に思います。

オレンジ竿ですが、オレンジ色は柑橘類の色でビタミンな色、だそうです。。。
色的には暖色系ですが、赤と黄色を混ぜた色で赤と黄色の良いとこ取りをした様な色、だそうです・・・。
私がオレンジ竿で結果が出た大会は現在、有りません・・・。
それは、多分、置き竿にて、夜の大キス狙いに使った為、だと思われます。
具体的には、昨年7月の全日本キスと昨年の7月から天候不良で9月に延期となった第三回協会キス釣り大会の時に使ってみました・・・。
結果ですが、釣果が伴わなかったのは、多分、私のこの大会時の気持ちは、大いに盛り上がり、やる気満々の為!、だったから??、だと思われます・・・。
思いますに多分、オレンジ竿の赤い色の部分が作用し、盛り上がった気持ちを更に更に火を付け過剰に燃え上がらせ、アドレナリンが出まくった?、模様・・・。
この結果、多分、興奮もMAX!、状態の様でして、冷静な判断が出来なかった、と思われます。。。
確かに、大キスの大アタリ、に対して、しくじりまくり、の、昨年の全キス、でした。。。
しかし、青竿で挑んで優勝した、一昨年7月開催の第二回協会キス釣り大会では、最初の一度目の大アタリはしくじりましたが、その後4回の大アタリに対し全部キスを掛けて釣り、その内の3匹を審査検寸に提出しました・・・。
昨年9月の協会キス釣り大会では、途中、トラぶったオレンジ竿1本を仕舞った後、青竿を投入し、何とか、提出サイズ!?のキスを三匹釣りました、が。。。
しかしオレンジ竿3本体制の時には、10~13cm位のピンしか、掛からず、でして不思議なもので御座います、、、。
昨年の協会キス、成績は最悪でしたが、青竿の有効性を確認しましたので、大会終了後の、一投入魂!には、青並竿を投入し勝利しました、とさ。。。

で、青竿、ですが・・・。
キス狙いの時に一番信頼しておる、竿の色、カラーが青、ブルーです。
青竿をキス狙いに使用するのが好きなのには、理由が有ります。
確かに使用してみて、私の実績は抜群ですが、多分、竿を見つめた場合、青い色が作用するのか、以外に冷静に判断が出来る、場合が多い、様で御座居ます。。。
これは、私のキス狙いの大会時の気持ちに関係しております。
それは、私が夏が好き、な事もありますが、キス狙いの大会の時の気温は高めです。
体温も高めで、気持ちも、やる気満々状態で闘争心も旺盛です。
ややもすれば、気持ちは昂ぶり気味で、興奮気味です。
この様な時に、暖色系の赤竿を使いますと、赤竿を見るだけでメラメラと気持ちが燃え上がり、全てが過剰に盛り上がりまして、多分、冷静な判断が出来ない、ことでしょう。。。
しかし、青竿は、寒色系の色の竿です。。。
青は水の色、氷の色?でも有りますし、気持ちを冷ましてクールダウンさせてくれる、様な気が致します。。。
ですので、青竿を使用した時、以外に良い思いをした、キス狙いの大会は、多いのです。。。
多分、割と冷静に判断が出来、結果が付いて来た!、と思われます。


この様な感じで、御座居ます。。。

この度は、わたくしめ、の推論や私見を書かせて戴きました。
しかし、御質問の根拠には、なっておらない、かも、です・・・。
すみません。

それと、この度は、現在のわたくしのみ、に当て嵌まります。
私が更に年齢を重ねた場合、また違う事を申すかも、知れません・・・。
ですので、この記事をお読みになられた方々全てには必ずしも当て嵌まりません。
それは、皆様が、わたくしめ、のクローン人間では、決して無い!、からです。。。
個人個人によって、年齢性別、生まれた環境等が全て異なっております。
私とは、逆に赤竿、オレンジ竿でキス狙いが吉の方や青竿で冬魚や大物系が吉!、の方もいらっしゃる、と思われます。
これは、多分、私とは逆の心理状態の為、だと思われます。。。
多分、大物師の方は、大物系が得意なので、この釣りに意欲的で気持ちが昂ぶる、ので赤竿を使用されますと、火に油状態で冷静な判断が出来ず結果が出ない、かも。。。
逆に大物師の方はキス狙い、は苦手かも?、ですので、赤竿やオレンジ竿をお使いになられ、闘争心に火を付け、やる気を引き出された方が良い、かも・・・。
これからは、皆様がお使いになられて、御判断されて、下さい。
バス用の奇抜なルアーで釣れそうにない!、と思った品物でも、TPOで爆る!、事が大いに御座居ます。
市販されておる、と言う事は何らかの結果、釣果が伴って市販の、GOサインが出た、と思います。
最後は、怪我も弁当も自分持ち、で御座居ます・・・。
色々と試されて、出来れば、何らかの発信をされてみて、下さいませ。


おっしまい・・・











[PR]
by maru-se | 2018-06-01 23:02 | ロッド | Comments(0)


<< 続!、ドラグ音!!、鳴り止まず... 赤並竿!、2匹のランク魚ゲット... >>