マッチ・ザ・ベイト!に恵まれて・・・ ~ 2018年度中四九親善落ちキス大会に参加致しました。。。

今年の落ちギス大会に参加致しましたので、記事を書かせて戴きます。
今回の大会、所属クラブのH澤さんとの話し合いでは、今年の全キスが??でした、柳井会場付近より山陰へ!!、とH澤さんは申されました。
その様な、大会直前1ヶ月前頃のお話でしたので、私も当初は山陰を第一候補として考えておりました、が、、、。
しかし、私は、H澤さんには、山陰は第一候補ですが、瀬戸内も有り得ますので、はっきりとは、参加会場はお伝えしておりませんでした。
H澤さん、すみません。
直前になり、下見で好感触でした道場付近??、で気楽にやろうか?、と、弱気の虫、うずく!!・・・。
そして、大会1、2日前にマスターにメールを差し上げますと・・・。
レスを頂戴しましたが、てっきりマスターは、山陰で釣りをされる、とばかり思っておりましたが、四国に渡られる、との事!。
えー!、てなもので、私は山陰行きを一応見直す事としました・・・。
しかし、山陰用にエサを手配しタックルも山陰用にセレクトしておりましたので、うーむ・・・。
で、当日の出発前にタックルセレクトを見直して、山陰でも、瀬戸内でも、道場付近で、カレイでも?、と言う感じの大所帯の装備?となりました、とさ・・・。
自宅を出発し一応、K釣具店さんやPを経由し、いざ鎌倉!、と思い山陰を目指すつもりが、何故か道場付近で一時停車・・・。
しかし、これでは、いかん!!、と奮起??し、車の舵を岩国方面に切り錦帯釣具店に向かいまして・・・。
その後、そういえば、6月にお会いしたブロガーのkisuberaさんがおられるかも?、と思われます柳井会場付近に車はふらふらと向かう!。
e0117319_03320581.jpg
大島大橋を渡り、塩釜神社に行き、大絵馬?を見るついでに、お参りをしようと思いましたが、お祭りの準備中にて、候!。
で、一応、車中にて手を合わせ拝ませて戴いたのち、泣く泣く通り過ぎる・・・。
まずは、O浦先の3本波止の奥に入る予定でしたが、既に先客あり!。
仕方なく、一番、幹線道路に近い小波止に入って、ホイッスル!。
最初、23号T竿+アオリ用リールで目一杯投げて、ぼちぼち、キスが釣れるも、3匹にて、後が続かず。。。
この3本波止、どこに、入っても私にとって、鬼門?、でして、いままで、芳しい実績が無い。。。
仕方がないので、付近を探り歩く。
そうしますと、以外な距離に20cmもつれ、がおりまして、忍とも!。
しかし、提出サイズの23cm以上が出ず。。。
奥の波止にひと気が無いので、行ってみますと、ルアーマンが置き竿で場所取りをされておられ、やれやれ。
結局、満潮約3時間前に更なるサイズUPを目指し、移動を決意。
次は、全カレイの下見で以前入釣し、いいサイズを捕らえた場所へ入る。
しかし、キスは、かなり落ちておるようでして、持ち込んだタックルでは飛距離不足なのか、キスは17、8cm位がぽつぽつ・・・。

これでは、移動は何だったのか?、と思いましたが、薄暗くなって、移動しても無駄と判断し、一日目はここで心中を覚悟。
結局、チャーリー君やクロダイの25cm位に混じり、アナゴやメバルの猛攻にあい、キスは何処へ!、状態。。。
大会一日目の釣果
e0117319_08495519.jpg

結局、20時前に一旦、納竿後、20時30分前に竜崎温泉へ!。
21時の最終時間まで、ねばり、いい湯だ、なぁ~。。。
その後、某所で釣っている、Y本君の釣り座に向かう。
ここで、Y本君と合流、釣り談義。
寒いので、我々は防寒着を着込み、今後の展開や近況を話し合いながら、過ごす。
そして、睡魔が襲って来て駐車場に戻り、車中泊。
おやすみな、さーい。。。
翌21日ですが、4時前頃起床。
Y本君に出発の挨拶後、一路、再び、大島へ向かう!。
で、前日入釣出来なかった、3本波止の奥、漁港側に向かう。
誰もおらず、入るも、本命のキス、掛からず・・・。
またもや、相性の悪さを露呈する、3本波止で、御座いまする。。。
移動・・・。
移動先は、この時期未知数ですが、ままよっ!、と思い某所に入ってみる!。
e0117319_08461379.jpg

ここで、思い切って、竿を3本出す、もチャリコまじりの、シロギス拾い。。。
保険!?、の〇〇をキスに食べ易いサイズにカットして針に付け、いざ、ファイアー!。
そうしましますと、キスはサイズUPし、仕舞には点物?も掛かる!。
この点物、縮まないように、丁寧に処理後?、クーラーへ。
そうしますと、Y本君から入電、有り!。
粘って、爆った!、ようで、7時20分の段階でエサ切れで納竿します!、とのこと!!。
審査会場付近に早すぎる、帰着をするそうですが・・・。
うらやましや!。
そして、私の方も思いもよらぬ、点物カレイにも恵まれまして、恵比寿顔!
e0117319_08455291.jpg

   大会二日目の釣果・・・
e0117319_08493078.jpg


そんな、こんな、ですが、この日は、入れ替わり立ち代りルアーマン?がてんこ盛りで訪れる!。
お尋ねしますと、ダイワ・サンラインのエギングの大会が大島で行われておる、ご様子・・・。
ペア150組が50組増えて200組計400人?、の大会のようでして、通りで釣り人が多くおられた。
そんな、こんな、ですが、10時過ぎに納竿!。

途中、Dのコンビニで、会場担当クラブのベストを着た方がおられたので、ご挨拶。
少しお話をさせて戴き、分かれる。

そして、審査会場入り。
Y本君は何処かいな?、と思い探しておりますと、海側で置き竿の方が手を振られる。
近付きますと、Y本君ともう一名の方がおれました。
この方に、ご挨拶をさせて戴き、釣り談義。
その後、審査30分前に審査場に数名の方が集まられる。
そうしますと、コンビニで出会った方が中心となっておられる。
近付いて、「 もしかして、会場担当クラブの代表者の方ですか?」、とお尋ねする。
そうしますと、YES!、との事で、先程は失礼致しました、再度、釣り談義。
そして、全カレイにお会いする予定でした、kisuberaさんも帰着される!。
6月にはじめて、お会いして今回で2回目で御座居ます。
貴重なお話をさせて戴きました。
kisuberaさん、有難う御座居ました。
次回お会いするのは全日本カレイになる、と思われますが、お手柔らかに、何卒.、宜しくお願い申し上げます。

で、審査時間の正午になり、検寸開始!。
まずは、他魚の部で、Bランクの綺麗な真鯛が持ち込まれる。
e0117319_03325951.jpg

その後、Y本君がBな座布団級鰈とAな真子鰈、2匹を検寸台へ!。
e0117319_03332923.jpg

そして、F間様がシロギスの審査魚を持ち込まれる!。
そして、わたくしめ。。。
F石師、おろちサーフのキャプテン@O本会長が伝授して下さった、審査魚があまり縮まない方法で、シロギスを持ち込みますと。。。
5、6mm縮みましたが、何とか提出致しました。
秘技?を伝授して下さった、F石師、O本会長、有難う御座居ました。
お蔭様で最小限の収縮ですみました。

そして、最後は真打、廿日市サーフの大物師、K請様が新調された?、トランク大将を持ち込まれ、いざ、審査!。
e0117319_03334783.jpg

60cmの検寸台を振り切り追加の1m金属スケールで計る大きな大きな、大鯛が持ち込まれる!。
e0117319_03340745.jpg

そして、我々の釣果の一部・・・
e0117319_03342510.jpg

e0117319_03344953.jpg

顔にモザイクなし掲載を許可された方の画像には、モザイクを入れておりません。
お許し、をば・・・。
今回の魚のサイズは、後日、成績発表がされますので、もう少し、お待ち下さいませ。


今回、はじめて、落ちキス大会の審査等で柳井入りしましたが、最後の最後、相撲で申しますと徳俵に追い込まれて、何とか、のこった!、のこった!!、状態での釣果でして、あぶないあぶない!・・・。

で、今回の記事のタイトルの枕、マッチ・ザ・ベイト!、ですが・・・。
エサなのですが、山陰用に赤(青)虫しか当初用意しておらずでした。
広島では、赤虫しか購入しておりませんでしたが、岩国付近で頭によぎる言葉がありました・・・。
それは、kisuberaさんの過去のブログの記事で、「 某所で釣る際に〇〇無しでは、やる気がまったく起きない!」、と言うものでした・・・。
で、道すがら、釣具店に寄りますと、某釣具店で、ぼちぼちな、〇〇を見つける!。
当初は、50gでよかろう!、と思っておりましたが、一日目を外して二日目、Y本君とのカレイ狙いの可能性が有る、かも?、と思い100g程購入。
一日目、実は〇〇を信用しておりませんので、車の中に〇〇を置いて持ち出さず、赤虫砂虫のみでの釣りでした。。。
ですので、一日目は芳しくなかった、のかも知れません・・・。
二日目は、Y本君とは別行動でしたので、カレイは狙わずで、あまりまくりの、〇〇でして、早めに投入したのですが。。。
その結果、シロギスの点物(撮影時)とカレイの点物、計2匹のランク魚を手にして驚いております。

今回、事前にテストした、仕掛、ルナ?リグを使いました。。。
何とか結果が出て安堵しております。
ルナリグ、まだ煮詰め不足です。
今度、H澤さんにテストをして戴こう!、かなぁ!!。。。
その他、今回は最大で竿3本出しましたが、リールは、アオリイカ用リールで押し通しました・・・。
理由は、山陰パターンが通用するか、どうか瀬戸内にて実戦投入をしてみました。
何とか、うかった??、ようですが、今の周防大島で、竿が23号Tでの組み合わせでは、気もち飛距離不足のような気がしました。。。
しかし、もう少し冷え込み、漁港内にキスが更に入り込めば、かなり有効なタックルとなる!、思われます。

また天秤錘、塾長先生から頂戴した大キス用の天秤錘を使用させて戴きました。
e0117319_11394676.jpg

半信半疑の投入でしたが、仕掛の抜けが良く、肝心な時に良い仕事をしてくれ大炸裂!し、キスもカレイも結果が出ました。
塾長先生、有難う御座居ました。

最後に柳井会場の担当クラブのクラブ員の方々、誠にお世話になりました。
有難う御座いました。
そして、参加者の皆様、kisuberaさん、Y本君、そして、マスター、塾長先生、お世話になりました。
有難う御座いました。
今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。

そんな、こんな、ですが、おっしまい・・・



TACKLE
ロッド 405FX-T ×2、405DX-T リール 3050×3 天秤錘 三戸式大キス天秤錘7号×2 N岡10号 道糸 ナイロン3号通し 仕掛 モトス ナイロン5号6号 エダス・ハリス2号2.5号 針 大キスS、L キス専用10号、流線11号12号




[PR]
by maru-se | 2018-10-22 23:38 | キスing | Comments(0)


<< 2018.11.4 の 投げカ... 落ちキス大会に向けての最終調整... >>