マッチ・ザ・ベイト!に恵まれて・・・ ~ 2018年度中四九親善落ちキス大会に参加致しました。。。

今年の落ちギス大会に参加致しましたので、記事を書かせて戴きます。
今回の大会、所属クラブのH澤さんとの話し合いでは、今年の全キスが??でした、柳井会場付近より山陰へ!!、とH澤さんは申されました。
その様な、大会直前1ヶ月前頃のお話でしたので、私も当初は山陰を第一候補として考えておりました、が、、、。
しかし、私は、H澤さんには、山陰は第一候補ですが、瀬戸内も有り得ますので、はっきりとは、参加会場はお伝えしておりませんでした。
H澤さん、すみません。
直前になり、下見で好感触でした道場付近??、で気楽にやろうか?、と、弱気の虫、うずく!!・・・。
そして、大会1、2日前にマスターにメールを差し上げますと・・・。
レスを頂戴しましたが、てっきりマスターは、山陰で釣りをされる、とばかり思っておりましたが、四国に渡られる、との事!。
えー!、てなもので、私は山陰行きを一応見直す事としました・・・。
しかし、山陰用にエサを手配しタックルも山陰用にセレクトしておりましたので、うーむ・・・。
で、当日の出発前にタックルセレクトを見直して、山陰でも、瀬戸内でも、道場付近で、カレイでも?、と言う感じの大所帯の装備?となりました、とさ・・・。
自宅を出発し一応、K釣具店さんやPを経由し、いざ鎌倉!、と思い山陰を目指すつもりが、何故か道場付近で一時停車・・・。
しかし、これでは、いかん!!、と奮起??し、車の舵を岩国方面に切り錦帯釣具店に向かいまして・・・。
その後、そういえば、6月にお会いしたブロガーのkisuberaさんがおられるかも?、と思われます柳井会場付近に車はふらふらと向かう!。
e0117319_03320581.jpg
大島大橋を渡り、塩釜神社に行き、大絵馬?を見るついでに、お参りをしようと思いましたが、お祭りの準備中にて、候!。
で、一応、車中にて手を合わせ拝ませて戴いたのち、泣く泣く通り過ぎる・・・。
まずは、O浦先の3本波止の奥に入る予定でしたが、既に先客あり!。
仕方なく、一番、幹線道路に近い小波止に入って、ホイッスル!。
最初、23号T竿+アオリ用リールで目一杯投げて、ぼちぼち、キスが釣れるも、3匹にて、後が続かず。。。
この3本波止、どこに、入っても私にとって、鬼門?、でして、いままで、芳しい実績が無い。。。
仕方がないので、付近を探り歩く。
そうしますと、以外な距離に20cmもつれ、がおりまして、忍とも!。
しかし、提出サイズの23cm以上が出ず。。。
奥の波止にひと気が無いので、行ってみますと、ルアーマンが置き竿で場所取りをされておられ、やれやれ。
結局、満潮約3時間前に更なるサイズUPを目指し、移動を決意。
次は、全カレイの下見で以前入釣し、いいサイズを捕らえた場所へ入る。
しかし、キスは、かなり落ちておるようでして、持ち込んだタックルでは飛距離不足なのか、キスは17、8cm位がぽつぽつ・・・。

これでは、移動は何だったのか?、と思いましたが、薄暗くなって、移動しても無駄と判断し、一日目はここで心中を覚悟。
結局、チャーリー君やクロダイの25cm位に混じり、アナゴやメバルの猛攻にあい、キスは何処へ!、状態。。。
大会一日目の釣果
e0117319_08495519.jpg

結局、20時前に一旦、納竿後、20時30分前に竜崎温泉へ!。
21時の最終時間まで、ねばり、いい湯だ、なぁ~。。。
その後、某所で釣っている、Y本君の釣り座に向かう。
ここで、Y本君と合流、釣り談義。
寒いので、我々は防寒着を着込み、今後の展開や近況を話し合いながら、過ごす。
そして、睡魔が襲って来て駐車場に戻り、車中泊。
おやすみな、さーい。。。
翌21日ですが、4時前頃起床。
Y本君に出発の挨拶後、一路、再び、大島へ向かう!。
で、前日入釣出来なかった、3本波止の奥、漁港側に向かう。
誰もおらず、入るも、本命のキス、掛からず・・・。
またもや、相性の悪さを露呈する、3本波止で、御座いまする。。。
移動・・・。
移動先は、この時期未知数ですが、ままよっ!、と思い某所に入ってみる!。
e0117319_08461379.jpg

ここで、思い切って、竿を3本出す、もチャリコまじりの、シロギス拾い。。。
保険!?、の〇〇をキスに食べ易いサイズにカットして針に付け、いざ、ファイアー!。
そうしましますと、キスはサイズUPし、仕舞には点物?も掛かる!。
この点物、縮まないように、丁寧に処理後?、クーラーへ。
そうしますと、Y本君から入電、有り!。
粘って、爆った!、ようで、7時20分の段階でエサ切れで納竿します!、とのこと!!。
審査会場付近に早すぎる、帰着をするそうですが・・・。
うらやましや!。
そして、私の方も思いもよらぬ、点物カレイにも恵まれまして、恵比寿顔!
e0117319_08455291.jpg

   大会二日目の釣果・・・
e0117319_08493078.jpg


そんな、こんな、ですが、この日は、入れ替わり立ち代りルアーマン?がてんこ盛りで訪れる!。
お尋ねしますと、ダイワ・サンラインのエギングの大会が大島で行われておる、ご様子・・・。
ペア150組が50組増えて200組計400人?、の大会のようでして、通りで釣り人が多くおられた。
そんな、こんな、ですが、10時過ぎに納竿!。

途中、Dのコンビニで、会場担当クラブの釣趣会のベストを着た方がおられたので、ご挨拶。
少しお話をさせて戴き、分かれる。

そして、審査会場入り。
Y本君は何処かいな?、と思い探しておりますと、海側で置き竿の方が手を振られる。
近付きますと、Y本君ともう一名の方がおれました。
この方も釣趣会のベストを着用され、どうやら、F間様と申される方でした。
ご挨拶をさせて戴き、釣り談義。
その後、審査30分前に審査場に数名の方が集まられる。
そうしますと、コンビニで出会った方が中心となっておられる。
近付いて、「 もしかして、釣趣会の、T会長ですか?」、とお尋ねする。
そうしますと、YES!、との事で、先程は失礼致しました、再度、釣り談義。
そして、全カレイにお会いする予定でした、kisuberaさんも帰着される!。
6月にはじめて、お会いして今回で2回目で御座居ます。
貴重なお話をさせて戴きました。
kisuberaさん、有難う御座居ました。
次回お会いするのは全日本カレイになる、と思われますが、お手柔らかに、何卒.、宜しくお願い申し上げます。

で、審査時間の正午になり、検寸開始!。
まずは、他魚の部で、Bランクの綺麗な真鯛が持ち込まれる。
e0117319_03325951.jpg

その後、Y本君がBな座布団級鰈とAな真子鰈、2匹を検寸台へ!。
e0117319_03332923.jpg

そして、F間様がシロギスの審査魚を持ち込まれる!。
そして、わたくしめ。。。
F石師、おろちサーフのキャプテン@O本会長が伝授して下さった、審査魚があまり縮まない方法で処理した、シロギスを持ち込みますと。。。
5、6mm縮みましたが、良いサイズで計って戴きました。
検寸して下さった、F間様、有難う御座居ました。
そして、秘技?を伝授して下さった、F石師、O本会長、有難う御座居ました。
お蔭様で最小限の収縮ですみました。

そして、最後は真打、廿日市サーフの大物師、K請様が新調された?、トランク大将を持ち込まれ、いざ、審査!。
e0117319_03334783.jpg

60cmの検寸台を振り切り追加の1m金属スケールで計る大きな大きな、大鯛が持ち込まれる!。
e0117319_03340745.jpg

そして、我々の釣果の一部・・・
e0117319_03342510.jpg

e0117319_03344953.jpg

顔にモザイクなし掲載を許可された方の画像には、モザイクを入れておりません。
お許し、をば・・・。
今回の魚のサイズは、後日、成績発表がされますので、もう少し、お待ち下さいませ。


今回、はじめて、落ちキス大会の審査等で柳井入りしましたが、最後の最後、相撲で申しますと徳俵に追い込まれて、何とか、のこった!、のこった!!、状態での釣果でして、あぶないあぶない!・・・。

で、今回の記事のタイトルの枕、マッチ・ザ・ベイト!、ですが・・・。
エサなのですが、山陰用に赤(青)虫しか当初用意しておらずでした。
広島では、赤虫しか購入しておりませんでしたが、岩国付近で頭によぎる言葉がありました・・・。
それは、kisuberaさんの過去のブログの記事で、「 某所で釣る際に〇〇無しでは、やる気がまったく起きない!」、と言うものでした・・・。
で、道すがら、釣具店に寄りますと、某釣具店で、ぼちぼちな、〇〇を見つける!。
当初は、50gでよかろう!、と思っておりましたが、一日目を外して二日目、Y本君とのカレイ狙いの可能性が有る、かも?、と思い100g程購入。
一日目、実は〇〇を信用しておりませんので、車の中に〇〇を置いて持ち出さず、赤虫砂虫のみでの釣りでした。。。
ですので、一日目は芳しくなかった、のかも知れません・・・。
二日目は、Y本君とは別行動でしたので、カレイは狙わずで、あまりまくりの、〇〇でして、早めに投入したのですが。。。
その結果、シロギスの点物(撮影時)とカレイの点物、計2匹のランク魚を手にして驚いております。

今回、事前にテストした、仕掛、ルナ?リグを使いました。。。
何とか結果が出て安堵しております。
ルナリグ、まだ煮詰め不足です。
今度、H澤さんにテストをして戴こう!、かなぁ!!。。。
その他、今回は最大で竿3本出しましたが、リールは、アオリイカ用リールで押し通しました・・・。
理由は、山陰パターンが通用するか、どうか瀬戸内にて実戦投入をしてみました。
何とか、うかった??、ようですが、今の周防大島で、竿が23号Tでの組み合わせでは、気もち飛距離不足のような気がしました。。。
しかし、もう少し冷え込み、漁港内にキスが更に入り込めば、かなり有効なタックルとなる!、思われます。

また天秤錘、塾長先生から頂戴した大キス用の天秤錘を使用させて戴きました。
e0117319_11394676.jpg

半信半疑の投入でしたが、仕掛の抜けが良く、肝心な時に良い仕事をしてくれ大炸裂!し、キスもカレイも結果が出ました。
塾長先生、有難う御座居ました。

最後に柳井会場の担当クラブでいらっしゃる広島釣趣会のT会長をはじめとされる、クラブ員の方々、誠にお世話になりました。
有難う御座いました。
そして、参加者の皆様、kisuberaさん、Y本君、そして、マスター、塾長先生、お世話になりました。
有難う御座いました。
今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。

そんな、こんな、ですが、おっしまい・・・



TACKLE
ロッド 405FX-T ×2、405DX-T リール 3050×3 天秤錘 三戸式大キス天秤錘7号×2 N岡10号 道糸 ナイロン3号通し 仕掛 モトス ナイロン5号6号 エダス・ハリス2号2.5号 針 大キスS、L キス専用10号、流線11号12号




[PR]
# by maru-se | 2018-10-22 23:38 | キスing | Comments(0)

落ちキス大会に向けての最終調整!・・・ 2018.10.13 &14 のキスing・・・

一週間後に迫りました、中四九親善落ちキス大会の練習??をして参りました、ので記事を書かせて戴きます。

まずは、夕まずめ、を想定し、13日の夕刻から入釣!。
場所は、通称道場??、ですが、この場所でキス狙いで、ドラッグ釣法にて攻めた事が無いので、一抹の不安を感じながら釣り開始。
グーフー(河豚)師匠?、や、チャーリー君(チャリコ)、アナゴン(アナゴ)、ゴンちゃん(ゴンズイ)の猛攻に会いまして、やれやれ。
しかし、これらの外道を一掃後、待望の大アタリを連発。
唯一のキープは、23cmでしたが、これ以後、アタリが散発的になり、時間も時間ですし、ひとまず、納竿!。
e0117319_07344730.jpg
水分とパンを補給?、しておりますと、睡魔に襲われ、ダウン・・・
で、帰宅をあきらめ、おやすみな、さーい!・・・。
翌14日、4時半頃起床。
暗い中、急いで、支度をし、いざ、ファイアー!!。
e0117319_07355513.jpg
チャリコ、が連発後、待望の大アタリ!。
合わせて巻きますと、ナイロンラインですが、かぶりを振る、引きに、ニンマリ!。
取り込んだ魚は真鯛でした。
計測しますと、28cmでして、残念ですが、ランク外。
(この真鯛はY堂さんに差し上げましたので写真は無しで御座います・・・)
その後、キス2匹等は釣れたのですが、チャリコ等の外道が、相変わらず邪魔をして、餌を使いきり、AM7時にいったん終了。
休憩したのち、道場主@Y堂さんがいらっしゃるのでは?、と思い行ってみる。
そうしますと、やはり、おられました、Y堂さん!。
新調されたスカイキャスターのAGS竿を持たれ遠投されておられました。

e0117319_07371896.jpg
キス研岡山?のS川さん直伝の天秤をお使いでした。
お使いの竿の感度について、質問させて戴きますと、Y堂さんご自身の手に持たれた竿を持ってみなさい、と言われる。
キスの掛かった状態の、S川天秤+18スカイキャスターAGS33-425の感度等ですが。。。
金属的なアタリの出方です!。
うーむ、感じとしては、手持ちでは、11スピンパワー385CX(ST)のアタリの出方に近い!、と思いました。
Y堂さん、有難う御座居ました。
e0117319_07364236.jpg
その後、お初!の、山口県東部地区最強のトーナメンター@ほしちゃんさん、Y堂さんの、お連れの、Oさん等が来られ、キス談義をさせて戴きました。
Y堂さん、ほしちゃんさん、Oさん、興味深いお話をさせて戴き、誠に有難う御座居ました。

そして、わたくしめ、ですが。。。
帰宅しようと思っておりましたが、せっかくの機会ですので、竿を振る事に・・・。
今回、先日自作した、L字型全遊動天秤5号のシェイクダウンの目的も有り竿は3本共に、振り竿23号でして、忍とも!!・・・。
e0117319_07370045.jpg
リールは、道糸ナイロン3号に合わせ、チタノスPAGT6000とアオリマチックでして、PEラインを巻いたリールを持って来た覚えがなく、でして。。。
うーむ、困ったぞ!、と・・・。
このままでは、単色のナイロン3号で釣る事になり???。。。
Y堂さん、「 リールを貸そうかぁ!」、と申されますが、車の中をもう一度、漁ってみる!。
そうしますと、15PAプロサが出て来て恵比須顔!。
しかし、力糸が高切れて、結んで居らず。。。
ままよぉ!、と思いまして、現場で結ぶ事にする!。
で、カレイ用のPE2号スプールから1号を巻いたスプールにチェンジし、自作したPE力糸を現場結び?。。。
天秤錘は、3~10号しか車に積んでおりませんでしたが、、、。
車を漁ると、一個だけ15号のL字型全遊動天秤を見つけたので、持ち出す。
仕掛けは、9/2の小池杯時の一投入魂の時に一投だけしか使わなかった仕掛一式を一応、帰宅後直ぐに洗浄した??のものを、使用。
サーフでの本格的な投げキスは、約40日振りで御座居ます。。。
6本針仕掛を半分の3本で組み替え?、15号錘で、いざ、ファイアー!。
で、3.7色位しか飛ばせず情けない。。。
数投後、パッチン!、してしまい、虎の子の15号の錘をロスト!。
あ、痛っ!。
残りは、10号でして、おいおい、ポイントには届かん、がな!。
あと持って来た?のは、25号のL字型固定天秤でして、いちか、ばちか、力糸を結わえたあとに、装着!。
そうしますと、5色の最初を2、3回リールで巻き取れる程度まで飛距離が少し伸びる!。
そうしますと、キス君からシグナル、来る!。
その後、ツ抜けしつつ、皆様の釣技を拝見しながら時間は過ぎて行き、疲れもピークに達して、早あがり!。

久しぶりの投げキス、遠め!? な飛距離でアタッてきましたが、久しぶりに、清々しい気分で納竿致しました。

しかし、まだ、大ギスの釣りに不安を感じますが、大会当日は天気も持つ?、ようですし、予定通り、落ちキス大会に挑もうと思います。

釣り場は、山陰は江津・大田方面や西山陰、それとも、無難に瀬戸内島嶼部か!。

迷う!!。。。



おっしまい・・・



TACKLE
ロッド 405FX-T×3 リール 投げ用ドラグ付30、35、3050 天秤錘 L字型全遊動式天秤錘5号10号15号、L字型固定天秤錘24号 道糸 ナイロン3号+リーダー PE1号+自作PE力糸
仕掛(一応大キス用) モトス ナイロン6号8号、エダス2~4号 針 大キスL キス数釣り・砂ずり2.5号モトス1.5号エダス0.8号針6号の市販無限式

[PR]
# by maru-se | 2018-10-15 23:07 | キスing | Comments(0)

落ちキス?、のち、のっ込みカレイ!・・・~ 2018.10.7 の投げカレイ。。。

2週間後に迫った、中四九親善交歓落ちキス大会の練習釣行に行って参りましたので、記事を書かせて戴きます。

三連休の中日で台風一過の10/7(日)ですが、午前中は仕事や野暮用がありまして、午後から出撃致しました・・・。
潮満は、大潮の前日の中潮。
14時前に釣り場に入釣!、するも、既にド干潮間近でして、忍とも!。。。
護岸の基礎石は完全に干上がり、露出。
適当に陣取り、いざ、ファイアー!。
竿は、キスに考慮して、2本で1500円の27-425T、で御座居ます・・・。
天秤錘は10号。
えさは、青 150g、な~り~!!。
さてさて、餌とり、の猛攻に、この量の餌、何時まで耐えられるでせうか、ねー!。
しかし、思いに反し、アタリが無い。。。
2本竿出しし、潮が満ちて来るのを待つ。
e0117319_00470517.jpg
15時過ぎ位から、潮が動き出す。
しかし、アタリはあまり無い。
もしや!、と思い、S社の赤仕掛を投入しますと。。。
活発に穂先が揺れる!。
しかし、狙っておる、キス・ベラ、何処へ・・・。
妙なアタリが有り、合わせますと、27号Tの竿が絞り込まれる。
あちゃー、と思い満月にしなる、竿!・・・。
途中で、掛け上がりに仕掛が掛かり、万事窮す、か!。。。
仕方が無いので、道糸を緩め、竿を三脚式竿たてに置く。
そうしますと、魚からの、シグナル、有り!。
20分放置しても、根掛りは取れず、地合を考えて、強引にやりとり。
で、ブッツン!、ぢゃー!!。。。 
PE道糸は、虚しく、宙を舞いました、とさ。。。
急いで、力糸以降をやり直し、竿を33号Tにチェンジ!。
竿をやり変えたあと、直ぐに、木っ葉のカレイが釣れる!。。。
針を飲み込んでおり、絶命、やむなくキープ致しました・・・。
をゆるし、おば。。。
その後、沈黙・・・。
干潮から満ち潮が動きはじめた、直後の、ほんの1時間位の出来事でしたが、逃がしたカレイ??、は大きかった?、か否か!!・・・。
エサ取りが思ったより、少ないので、エサ、あまりまくり、、、。
2本竿で打ち返すが、忍とも。。。
仕方が無いので、夕刻のまずめ、まで、粘る!。
e0117319_00471960.jpg
満ち潮が護岸の敷石・基礎石を洗いはじめ、潮位が上昇。
夕まずめ、で薄暗く、潮位が上がっておりますので、ひょっとして、警戒心を解いた、本命?が敷石際に回遊しておるかも?、と思い、超チョイ投げ!!。。。。
そうしますと、ドラグが小さく鳴る!。
小刻みに穂先が揺れた!、と思って穂先を凝視しておりますと、フリーにしていた、ドラグが鳴り響く!!。
すわっ!、クロダイ?かキチヌ?、と思いつつ、ファイト!。
そうしますと、敷石の際に黒っぽい茶色な物体が・・・。
抜き上げますと、点物なカレイでした、、、。
e0117319_04164167.jpg
その後、エサが尽きましたので納竿と致しました。

今までは、投げカレイに対してブランクが長かったので、苦手意識が強く有りました。
しかし、習うより慣れよ!、でして実際に経験してみますと、少しづつですが、投げカレイが見えて??、来ました・・・。


約2週間後に迫りました、落ちキス大会後は、全日本カレイに向けて、山口県東部地区の釣査!?、に入りたい!、と思います。

追伸
マスターから、「 カレイを複数匹、狙ってみて下さい!」、との指令を入電しました・・・。
これに、ついては、頭が痛い!、のですが今後の課題を戴き、嬉しい悲鳴で御座います。
何とか、年内に、カレイの点物を一日で複数匹釣り上げてみたいものです!。


おっしまい・・・

TACKLE
ロッド 27-425T×2、33-405T×2 リール 投げ用35ストローク 天秤錘 L字型全遊動式天秤錘10号25号 道糸 PE1号+ナイロンテーパーライン PE2号+自作PEテーパーライン
仕掛 落ちキス用 モトス6号エダス・ハリス2.5号 針11号 カレイ用 モトス8号エダス・ハリス4号5号 針11号14号 エサ アオイソメ

[PR]
# by maru-se | 2018-10-08 23:48 | カレing | Comments(0)

走りのカレイに会いたくて!・・・2018.9.23 の投げカレイ。。。

今シーズン初めて、カレイを狙いに行きましたので、記事を書かせて戴きます。
今回の釣行、小池杯の前夜祭、9/1に俊先生にお会いした際、9/23の釣行のお話を聞かせて戴きました。
何やら、女子会釣行?、になるのだとか!、で、プチ例会?の様に感じました・・・。
私は、3週間先ですし、即答が出来ませんでした。
をゆるし、おば・・・。
しかし、気になるぅ!!。。。
そして、小池杯後、仕事の都合がつかず、2週続けて釣行出来づ・・・。
釣りに行けないストレスで悶々としておりました。
で、プチ例会?一週間前に、上司から、9/23は勤務を言い渡される。
しかし、直前で仕事がはかどり、9/22の夕方、ノルマな仕事が終了したので、至急に釣り道具等を車に積み込み、出発!。

釣具店に行き、本虫のイケスを見ますと、未入荷、な~り~!。
仕方なく、青虫を300g仕入れ、いざ!、かまくら!。
22時過ぎに現地到着。
しかし、先発隊で現地にいるはずのY本君がいない。。。
連絡が付かず、波止に行くと、ルアーマンが数名おられる。
一通り、見回り後、仮眠。
しかし、車内は蒸し暑く、寝苦しいので、1時頃に起床。
あらかじめ組んでおいたタックルを持ち込み、いざ、ファイアー!!。
しかし、大潮一日目の干底付近(ド干潮付近)でして、潮流は緩んでおりますが、潮位は、かなり低い・・・。
基礎石@敷石等一部で露出しておりますが、かまわず、とっておきの、maru-seリグ仕掛?を投入!。
アタリはあるも、チャーリー君(チャリコ)やグーフー師匠の猛攻?、にあい、朝まずめのエサの足らずを心配し、竿数を減らし仕掛の針を1本針に変える。。。
そうして投入しますと、ジリジリとドラグ、鳴る!。
小物?、と思い放置するも、5、6回目のドラグ音で合わせてみる!。
そうしますと、予想外に引っ張る!、引っ張る!!。
首を振り竿を叩きますので、鯛類を予想。
あとは、赤か黒か、ですが引きが強いのでかなりの大物とみた!。
波止の波返しの上に乗り、目一杯のゴリ巻き!・・・。
一段低い波止先端内部に降り、ファイト!。
寄せますと目の前には、どうやら薄暗がりですが、真鯛のようです。
推定Cランク(50cm以上)?、と見たのですが・・・。
玉網もギャフもない、ド干潮で海面は低い、でしてパニくる!。
結局、33号Tの竿に期待して抜き上げる事にする!。
しかし、無常にも竿が負け、のされたのか、抜きあげに失敗。。。
ハリス・フロロ5号が切断されて、万事休す!。
逃がした魚は大きい、を地で行ってしまいまして、穴が有ったら入りたい気持ちになりました、とさ・・・。
わずか、10分強程度のやりとりでしたが、残念至極です!。
これで、どっと疲れた私は、睡魔に襲われて野宿状態で、早朝を迎える・・・。

起床は、4時半ごろ?、でしたが、直ぐにカレイ狙いにチェンジ!。
そうしますと、投げ道具を持たれた方が私に近付かれる。
その方は、お待ちしておりました!、俊先生でした!!。
本日は、華麗様は欠席され、Y本君は先週のケムンパス(海毛虫)退治?にお疲れ気味のようでお休み・・・。
ご家族で来られたそうですが、早朝ですので、俊先生以外、車の中で就寝されておられる、そうです。
朝のご挨拶をさせて戴き、釣り談義。
この釣り場に精通されておられるので、アドバイスを頂戴しました。
俊先生、有難う御座いました。
しかし、空が白んでも本命のカレイは来ない・・・。
すわっ、まだ海水温が高いので、カレイは寄っておらないのか?。
悩みつつも、満潮が近付き、魚の気配と共にケムンパス(海毛虫)が掛かるようになり、あぁあ~。。。
潮止まりに勝負を賭ける事にして、打ち返す、と。。。
俊先生の方向から、歓声が上がる!。
e0117319_02213491.jpg
e0117319_02341974.jpg
俊先生、お見事!。
きっちりと、ノルマを果たされました!。
Hル君も次男さんも喜んでおられます!!。


そして、私にも・・・

ド・ド~~ン!。
e0117319_14385108.jpg
e0117319_14400798.jpg
e0117319_23404267.jpg

マコガレイの点物・・・で御座います。。。


潮止まりのドラマでした。。。
その後、俊先生と起床された、M和さん、H菜ちゃん、Hル君と共に私も打ち返す!。
e0117319_18080916.jpg
e0117319_18075051.jpg
しかし、潮止まり後、1時間して波止外の潮流が早くなりまして、錘が大きく流される。。。
どんどん、釣り辛くなりまして、波止内に竿を1本投げるも、グーフー師匠(フグ)かチャリコの嵐にて候。。。
e0117319_18091632.jpg

そんな、こんなで地合は終了か・・・。

相変わらず、毛虫の多い悩ましい状態でしたが、何とか結果が残りました・・・。


記事の最後に・・・
この場所、1976年頃にはじめて、行き、叔父や当時の友人親子とそこそこ、投げ釣りをしておりました。
最後に、ここで投げ釣りをしたのは多分、1980年頃だと思われます。
1980年頃は近所でもカレイがそこそこ釣れており、この場所にてカレイ狙いでの入釣は昨年の11月まで無かったのです。
で、昨年は、ホゲリまして、とても悔しい思いをしました。。。
リベンジを兼ねての釣行、約40年弱振りにここで、カレイが釣れた事に感動しております!。
それと、真鯛をばらした件、ですが・・・。
点物カレイが釣れた事も有るのですが、何かすがすがしく、気分が良いのです。
それは、多分、私が40年前に想像しておった、理想の投げ釣りに近いのが理由です。
魚は、ばらしたのですが、想像しておった夢の釣りが出来まして満足です。
色々課題が出来ましたが、いい勉強をさせて戴きました。
投げ釣りの神様、有難う御座いました。


今回は、俊先生ご一家の、俊先生、M和さん、H菜ちゃん、Hル君、お初の次男さん、稽古を付けて下さり、誠に有難う御座いました。
そして、影の大物!、マスター、有難う御座いました。
今回は欠席された華麗様、まだ未熟な私に喝!を入れて下さいませ。
有難う御座いました。
Y本君、そして、H澤さん、毛虫退治、有難う御座いました。

皆様方、今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。

TACKLE
ロッド 30号-405T、405CX-T、405BX-T リール 投げ用35リール 3台 天秤錘 L字型全遊動天秤25号 道糸系 PE1.5号+ナイロンテーパーライン、PE2号+自作PE力糸×2セット
仕掛 鰈用・モトス ナ8号 エダス・ハリス フロロ4号ナイロン5号 針12号13号14号の各2本針仕様 鯛類?用・フロロ5号通し・管丸13号の1本針仕様、 エサ アオイソメ


[PR]
# by maru-se | 2018-09-25 23:41 | カレing | Comments(2)

プライムシリーズ、あなどる、べからず!・・・~ ダイワ プライムサーフT 30号-425、、、。

今回は、旧プライムサーフT、のお話をさせて下さい。

某所にて、2本組にて、捨て値でしたので、レジに進み連れて帰りました、とさ。。。
元々、程度が劣悪で、数日前から様子を見ておりました、が。。。
e0117319_09555719.jpg
      リールシート周りのエポにクラック、入りまくり・・・

何方も連れて帰えられないので、見かねた、次第。

目的は、弄くり倒すのに適当なベース車?ならぬ、ベース竿を探しており、めぐり合った次第です。。。
多分、長さ的に、手持ちの竿の中で一番多い、405、でしたらスルーする、所でした。
で、用途としては、振竿の30号で長めな4.25m、ですので、今後は、朝・夕まずめ時、のカレイ狙い用に弄くって?鍛えようと思うのですが・・・。

ためし投げをしてみました。
かなり、使い込まれた竿ですので、少したれたおちち??、の様な感じ?、の使用感。。。
正直、腰が抜け気味のようでして、20号の錘を使い投げてみましたが、15号18号でも、OK牧場!、のような感じがするのです、が、、、。
この様な感じですので、道糸ナイロン5号通しで15号の全遊動天秤錘を使った大キス狙いの竿として使用するのも、この2本の竿に限っては良いかも知れません。

最近、見るに見かねてリサイクルショップ等に転がっておる、使い込まれた劣悪な中古タックルを連れて帰る!?、事が結構増えております。。。
新品等にて数万円で購入した、現行機種や中古の優良品よりも、わたしは、使い込まれ、捨て値なジャンクタックルが好きです。
この様な戦力外通告??を受けたタックル達ですが、新天地?の我が家で弄くり倒しチューニングと言う名の魔改造?、を施します、と・・・。
そうして、再生し再び入魂を行いますと、何故か良い仕事?、ならぬ、好釣果に繋がる、アタリ・タックルになる場合が多いのです。
多分、再生し蘇らせた、わたしに恩返し?、をしてくれる??、のかも知れません。

この度の、2本も、塾長先生やその他の方々が使われておられます、百均のパーツ?等を使い、弄っておる最中です。
e0117319_09561423.jpg
で、この様なジャンク・タックル達を叩き台?、として今後は、数万円のタックルにフィードバックさせたい!、と思います。



おっしまい・・・



[PR]
# by maru-se | 2018-09-11 23:43 | ロッド | Comments(0)

第二回小池杯 に参加致しました・・・

9/2(日)に開催された、我らがマスター、ダイワの小池勝師の名を冠した、所属クラブ主催の大会、小池杯に参加致しましたので記事を書かせて戴きます。

昨年から、名前を新たに開催された、琴ヶ浜の集い@小池杯、ですが、、、。
30年以上、琴ヶ浜で8月下旬頃行われておりましたが、今年は一週間ずれての開催です。
前夜祭で飲み過ぎた、わたくしめ、翌朝は、二日酔いになりまして、最初のミーティングも、しんどく、わけ、わかめ・・・。
で、頭がぼーとしておった、ので、右手小指を車のドアにはさんで、詰めてしまいました・・・。
一瞬の出来事に驚きましたが、きっちりと、詰めており、直ぐに車から小指を抜きましたが、痛ったった!!、でして、、、。
さいわい、骨折等は無く、ですが、小指が少しはれて、痛む、、、。
二日酔いと指つめ、で泣きっ面に蜂、状態で御座居ました。
痛い指をかばい、ながら、釣り道具を何とか準備。
で、スタート前のミーティング・・・

e0117319_15245577.jpg
e0117319_15210143.jpg
e0117319_15254134.jpg
e0117319_15260361.jpg
で、6時前にミーティング終了後、浜に皆様出られ、6時の町内時報放送で競技開始。
9時に終了の50匹早上がりで3時間の大会のはじまり、はじまり!。

マスター御一行様は、集合場所前の流れ込みへ、優勝候補のH田パパさん、昨年度の覇者、LEE殿、おふたりは、竿抜けのド遠投ポイントを求め左の奥の岩場に陣取られる。
わたしは、浜の中ほどの大きめな川付近に陣取る。
前日からの降雨でこの川は濁っており、釣況を左右する結果となる!。
私は一投目から、アタリをもらい、時速10匹、、、。
調子に乗って、大きなグーフー師匠を釣り上げて、困惑しました・・・。
e0117319_15454259.jpg
7時20分頃から素針を引き出し、外道が増える。
この頃、皆様動かれる!。
チロリ餡さんとお話をさせていただき、チロさん曰く、「 時間的に検査場付近に近付きます 」、と言われる。
私は移動を、かますも、ノーホーラ。
終了時間も迫り移動しようと思いますと、LEE殿がこちらに、来られる!。
50匹釣り上げ、終了、との事。
わたしも、集合場所に付いて行き、パチリ!。 
      
e0117319_17493504.jpg
絶好調のLEE殿

そして、集合場所前に入釣・・・。
そうしますと、マスターがおられ!、ご挨拶をさせて戴く。
付近には、位置的にマスターの左側に、K上さん、かなり離れて、N代表がおられる!。
わたしは、最後のしにばしょ、を川上さんの左に入らせて戴く。
ここでの、一投目は4色付近の沈み砂止めテトラに着弾。
何とか、切り抜け、3色ラインでアタリをもらう。
4匹追加しましたが、既に時遅く、9時のホイッスルで終了。
15匹、なーりー!!。
e0117319_17495517.jpg
H田パパさん、審査前・・・

そして、表彰式。
優勝
H田のLEE殿
e0117319_17501163.jpg
準優勝
H田パパさん
e0117319_17502892.jpg
3位
われらが、N代表
e0117319_17504311.jpg
表彰式も終わり、お楽しみの抽選会!。
10番の券を引く。。。

皆様が釣ったシロギスを調理して舌包み!。
その後、おろちサーフさま、主催の、「 THE 一投入魂! 」、が行われる!!・・・。

e0117319_17505707.jpg

e0117319_17511277.jpg
e0117319_17513413.jpg
勢いに乗る、LEE殿、見事に一投入魂も制してダブル優勝!。
昨年も大会優勝されましたので、二連覇。
お見事!。
パターンは、7つ投げて・・・、だそうです。

わたしは、二日酔いと指の負傷で、終始、クーラーに座っての釣りとなりました、が、怪我等で適度に肩の力が抜けたようでして、K上さんと共に4位タイ、でした・・・。

本日は、参加者の皆様、遠路はるばる、お越し下さり有難う御座居ました。
楽しい大会でした。
大会を企画された、協会長殿、N代表、欠席はされましたが、F石師、そのほか、お世話様になりました。
そして、小池マスターにおかれましては、前夜祭から興味深いお話を聞かせて戴きました。
有難う御座居ました。

また来年も、宜しくお願い申し上げます。




おっしまい・・・・

[PR]
# by maru-se | 2018-09-04 23:47 | キスing | Comments(0)

2018.9.1、のキスing・・・

9/1(土)の釣行記を書かせて戴きます。

9/2(日)に大田市琴ヶ浜で開催される第2回小池杯の前日に前夜祭を!やりませう!!、と言う事で、山陰は大田市に参る!。
9/1は、何やかやで、15時半過ぎ大田市の某漁港に入る!。
狙いは一応、置き竿での大キスです、が・・・。
実は、色々な面で無理の有る釣りですが、この日と翌日との2日間を最後に今シーズンのキス釣りに、ひと段落・区切りを付ける!、思いで臨みました。
何故ならば、この7月の豪雨災害から、気持ちが次のカレイシーズンに視野が向き始め、今年のカレイ用の針結び、や仕掛を作りはじめる!。
この段階で気持ちがカレイに向いており、どこかでキス釣りとの区切りを付けるべく色々考えておりました。
で、翌週から、きりよく、カレイ狙いにシフトするべく、9/1の竿出しとなりました。
ただ、10月第三週に中四九親善落ちキス大会が有り、悩みますが、さて他魚なら、柳井会場、本賞狙いですと、西山陰入りで、浜田会場か。。。
そんな、こんな、と思いをめぐらせての入釣でございまする!。。。

釣りを開始しますと、ほどなくして、前夜祭に参加される所属クラブのH澤さんが、お越しになられる!。
楽しい楽しい釣り談義をしながら、3本目の竿を出す!。
そして、大アタリ!で、アオリマチックやパワーサーフQDから道糸が引き出される!、も素針、な~り~!。
そのころ、ジモティな方、2名がギャラリーとして加わり、更に横付けしてある船の整備にこれられた、漁師の方、が現れ、釣り座付近は5名体制で混雑中!・・・。
プレッシャーの為か、アタリ、遠のく!。
この船が出港後、きりよく、H澤さんが、前夜祭に向かわれ、その後、2名のギャラリーの方々が帰宅される!。
そうしますと、再びアタリをもらえまして、やれやれ!。
すると、大きくは有りませんが、アタリをもらえる!。
20cm位のキス君、くる!。。。
しかし、投入後、5分位しかエサがもたず、です。。。
外道のチャーリー殿や、鯛類の子、メゴチ等で、エサ、分殺!!、な~り~!。
竿数を減らし、待つも、しくじり、の連発でした、とさ。。。
最後は一本竿で、挑む!。

e0117319_11323581.jpg
そうして、あやしい、アタリ、アリ!!。
竿を立てて、軽くアワセますと、乗ったり!。
ナイロン道糸にしては、引きが強く、ですが、鯛の子の20cmクラスより、引きは弱く、で何が来たのだろうか?。
取り込ますと、推定25cm位のキス君でした。。。
しかし、内寸23cmの小型クーラーに収めるも、少しキス君の全長を曲げただけでした。。。
正式に測ると24cm位の提出魚サイズ、でした・・・。
e0117319_11465317.jpg

そんな、こんな、で約3時間で納竿し、湯迫温泉で、ひとっ風呂浴びる!。
帰りは、鎖に繋がれておる、もふもふちゃん、事、温泉のアイドル猫、キリ(桐)ちゃん、と出会う!。
e0117319_13222739.jpg
e0117319_13224483.jpg

ネコ派のわたくしめに寄って来る、桐ちゃん。
かわいいです、ねぇ!。


そして、なき砂ラーメンを食したのち、いざ!、琴ヶ浜へ!!。
そして、前夜祭はつつがなく、終了!。
おやすみな、さーい!。




追伸
前夜祭のとき、いびせえ、と言う言葉が出たのですが・・・。
これは、広島弁の方言で、怖い、と言う意味です。
わたしは、ネイティブですが、わけ、わけめでした。。。
親父に聞きますと、祖母(私の曾祖母)が話していたそうです。
独特の趣ある言葉??、ですので、県外のオフ会時に使ってみようと思います。



第二回小池杯 編につづく・・・

[PR]
# by maru-se | 2018-09-03 23:57 | キスing | Comments(0)

Chic Tackle!、遊休メリケンLCガイドを活かす!!・・・RYOBI SUPER D-HZ PROSKYER 27-405。。。

今回は、Chic Tackle!、の第一回目として、今は亡き、リョービ社の竿を御紹介させて戴きます。
Chic Tackle の読みは、シック・タックル、ですが、このシックの意味は、別の意味を大いに含んでおります、、、
あしからず・・・。

つりどうぐ、のやまい、を患った??、わたくしめ、が、この度取り上げますのは、RYOBI の往年の名竿、プロスカイヤー、で御座居ます。
e0117319_18482221.jpg
で、ぶつは、2000年頃発売された、SUPER D-HZ と申す型で御座居ます。。。
e0117319_07162644.jpg
小汚い画像、失礼しました・・・。

号数は、27-405、と実釣モデル、、、。
本来は、ガイド付な仕様のようですが、前々オーナー殿は、遠投競技の練習竿として使用され、吊るしのガイド・リールシートは外された状態です。
元々は、6点LCガイド付きでリールシートはLS-7。。。

で、前オーナー殿は、塾長先生で御座居ます。
実は、先生のブログで、FOR SALE、されておった品物です。
塾長先生が御紹介され、私が入手した竿は、AXIS30-420、を含めて、これで2本目、で、ございまする!!・・・。
ありがたい!!。

組み合わせた部品ですが・・・。
まずは、ガイドから。。。
手持ちのジャンク竿?、で投げ釣り復帰後すぐに入手した、サーフカスタムSF405DX改?、の背高ガイドの交換用に入手したメリケーン?、なLCガイドを準備。
現在、サーフカスタムSFのガイド交換の予定が流れた!?ので、この度の竿に使う事とする!。
このメリケンLCガイド、リング径等ですが、トップから、8(3.2)-6-8-10-12-16-20でして。。。
元々、このプロスカイヤー、吊るしでは、LC6点ガイドでしたので、それに準じて、6をはぶいて、8-8-10-12-16-20とする。
しかし、トップガイドの太さが27号の竿にしては、ゴン太(ゴンブト)!、でして、パイプ径4.5mmが必要になりまして・・・。
手持ち??には、最大、8-4.0、のトップガイドしかなく、でして、うーむ。。。
このトップガイド、銀サフリ405CX(ST)に上記は付いておりまして、材質はチタン、でんがなぁ!。
悩むも、リールシートのNS-7も同時に取り外しまして、銀サフリCXは禿鷹に食べられた状態??になりました、とさ。。。
で、取り外した、8-4.0、のトップガイドですが、もう2mm位奥に穂先が入って収まってくれればベストでしたが、金欠と急ぎのスクランブル?、でしたので、使用する事に!・・・。
LCの4番が、大事な文字の上に配置してしまいまして、忍とも勘とも!、ぢゃーーー!。
そんな、こんな、ですが、9/2(日)にて大田市の琴ヶ浜で開催される、「 小池杯 」までに、仕上がれば!、と思っております・・・。


おっしまい・・・

[PR]
# by maru-se | 2018-08-29 23:24 | 銘機礼賛!! | Comments(2)

練習釣行!・・・~ 2018.8.17 のキスing。。。

全日本キス、中四九親善落ちギス大会 & 協会キス釣り大会、に向けての練習?を兼ねた釣行をして参りました。
直近では、約2ヶ月強後に迫りました、親善落ちギス大会に標準を合わせてみる!。

上記3大会、メインは大キスの大会ですので、釣り方としては、必ずしもでは有りませんが、置き竿でのドラッグ釣法になる?、と思われます・・・。
で、まだ余り慣れておらない、夜間・暗い時間をメインとした置き竿でキス狙いを全キス終了後、数回行っております。
一応、その集大成として、実績が割りと有る?、と言われる場所、周防大島のK に約20年弱振りに入釣しましたので、記事と致します。

20年振りの K 、暗い内は分かりませんでしたが、波止の一部にテトラが入り、若干釣り辛くなりました、とさ。。。
何時もは、何がしかの釣り人が入釣しておる好ポイントですが、時間が早いので、ガラ空きでした、が・・・。
しかし、道理で釣り人がいないはずです、結構な風が吹き、暗いですが、波気も結構有りまして、PE道糸では、釣るのが嫌になる、悪天候です。
台風の名残り?、でしょうか、とても大キス狙いの好条件の日の状態ではなく、皆様、風裏に走られた事でしょう。
私は、ここを名ポイト??と思っておりますので、移動するのを躊躇い、1時間はやってみる事にする!。

タックルセレクトですが、、、。
過去の拙い私のこの場所の実績?、から判断し、山陰パターン??、のタックルセレクト!、で攻めてみる!!。
道糸・ナイロン3号+α、天秤錘 10号15号ではじめる。。。
一応、竿3本 波止に持ち込みましたが、亀殿の2,000円分の餌ですので様子見で、2本、竿出し・・・。
結局、1時間以内に、この厳しい状況で、ぼちぼちアタリをもらい、キスも20cmクラスが釣れまして。。。
このまま、移動しても、時間的に好ポイントには入れないと判断し、厳しいですが、留まる事に、する!。

状況としては、2本の竿のうち、右側の竿しか、キスは来ません、でした。。。
左側の竿を右寄りにしても、芳しくなく、仕方がないので、なり?で真ん中から左寄りに投げますと水深が深過ぎなのかチャーリー君(真鯛)の塩焼きサイズしか来ず。。。
それと、厳しく左竿を右に投げますと、道糸が蛍光色のナイロンライン使用とは言え視認が難しくラインが交差し、軽くマツリ?まして、、、。
この波止、灯りの類が全くなく、暗闇系のポイントでして、やれやれ。
停泊する船舶は、長さ3m位?、に見えるテンダー舟(テンダーボート)でして、この舟で漁に出るのか、不思議。。。
この波止、決して小さくは有りませんが、ここを利用するプロの漁師さんは、果たしていらっしゃるのでせうか。。。
で、真っ暗ですので、怪我やタックルの破損に気を付け、朝の6時を経過。
思った通り、餌が心もとなく、片方の竿を2本針から1本針に減らす。
7時前には、残りの竿も、1本針とし、やれやれ。
しかし、明るくなりますと、グーフー師匠(河豚)が多くなり、本命のキス君、来なくなる・・・。

Kの波止を8時に終了し、次は、KD、に移動。
キスの気配が薄く、移動・・・。
大積小積に行くも、風が強く、ピン1匹のみでして、直ぐに移動。。。
その後、黄門さま?、に行くも、忍とも!、でして、ここもピンのみ、、、。
移動。
マスターの浜に行くも、釣る気は無し。。。
e0117319_17484366.jpg
この浜では、キャス使用の方の混じる、3人組がおられるも、駐車場には車等の乗り物は、無し。
地元の方か。。。
餌を使いきり、塩虫しかなく、戦意喪失。
釣るのはあきらめ、下見の為、大島大橋を右周りに進む!。
まずは、K作を見たのち、S佐のサーフ付近を下見。
その後、O浦海岸?を見てまわり、最後は苦手な、〇〇木の3本波止を見る。
〇〇木では、地元の古老?の方とお話させて戴き情報交換。
そして、島をあとにし、イッパチにて食事をしたのち、帰宅。

釣果ですが。。。
e0117319_17475907.jpg
遠方まで来て、この釣果では、情けない。
まだまだ修行が必要なようです。
今年の周防大島は型がこまい(小さい)と良く言われますが、確かに朝8時以降はピンギスが多い様な気が致します。
一応、次の小池杯付近までは、大キス狙いを行う予定ですが、小池杯以降は全日本カレイに備えてカレイ狙いを検討中。
ただ、10月の親善落ちギス大会には、他魚の部も有り大キス狙いか他魚狙いか、悩む・・・。


おっし、ま・い・・・



TACKLE
ロッド 27号-425T、30号-405T リール 3050番、4000番、35 天秤錘 L字型全遊動式10号15号L字型固定式20号 道糸 ナイロン3号+リーダー5号、PE1.2号+自作PE力糸 仕掛 モトス ナイロン4号6号7号、エダス・モトス 2号 針10号11号12号 エサ アオイソメ

[PR]
# by maru-se | 2018-08-19 23:37 | キスing | Comments(0)

連荘で失礼致します・・・2018.8.14 のキスing!・・・

13日に友人の車にて釣行し、楽?をしており、一日、二日空けて再び釣行しよう!、と思っておりました、が・・・。
ネットの天気予報を見ますと、15日16日は、台風が接近し釣り所ではない!、と思い、急遽前回釣行の翌日、14日に出張る!、事にする!!。。。

釣り場は前日と変わらず周防大島にて候。。。
前日の下見時に良さげな場所を見つけておりまして、昼から入釣!。
しかし、台風の事が頭に有り、高速に乗ったは良いが、エサ等を広島から持参せず、、、。
一応、亀殿の大島店さんに寄り状況を聞いたうえで、エサ等を仕入れる事に。。。
今回はドライブ?を覚悟し荷物は最小限。
予想通り、やはり、今晩は大丈夫だが、明日の朝まずめ、は駄目かも、と言われそれなら、23時過ぎ頃の満潮まではどうか、と店員の方に相談してみる。
そうしますと、明日15日の朝から、釣りは無理っぽい、のですが14日の夜の満潮まで、でしたら、OK牧場!、と、予想される!。。。
で、その予想を信じ、青虫2000円分等を仕入れて、いざ!、参る!!。

e0117319_07232815.jpg
で、行ったは、いいが、干底でして、やれやれ。。。
海と申しますか、海面が遠い・・・。
仕方が無いので、少しの間、潮が満ちて来るのを待つ、潮待ち・・・。
18時頃から満ち潮が、いい感じで入り出しましたが、来るのは、グーフー師匠(河豚)ばかり、でして、気が滅入る。
20時に台湾ガザミやアナゴが釣れ出して変化が出てくる!。
e0117319_07234686.jpg
その後、20cm位の真鯛、2匹が来まして、その後、20cmもつれの本命のキスくん、来る!。
そして、満潮前2時間頃から、キスの群れが回遊して来た!、のか22~24cmクラスの提出魚サイズが来て恵比寿顔!。
点物に期待が掛かる!、も、ラッシュアワーは30分程度でして、地合は終わり。。。

で、釣果ですが。。。
e0117319_07240037.jpg
明かりが煌々と照る某漁港にて撮影。
ここで、仮眠し、P岩国店に寄る。
そうしますと、所属クラブの、H澤さんが来店されておられまして周防大島へ台風前に行かれるとの事。
作戦会議をしつつ釣り談義。
天気が心配ですので、そこそこに済ませ、解散。
H澤さんの健闘をお祈り致します。

釣果的には昼間に、このサイズでしたら、満足!、ですが、晩に釣って、これでは、なぁ!。
忍とも勘とも!、ぢゃーーー!!。

今回もドラグ釣法で挑みましたが、今までドラグはゆるゆる、の、するする?、でした。
しかし、今回はドラグを締め気味で、大アタリ?、が有っても余り道糸が出ない、ようにしてみました。
これにより、以前よりキャッチ率が上がった、かも。。。

そんな、こんな、ですが、少しは荷になりまして、今後に繋がる釣りになりました、とさ・・・。


おっしまい。。。



TACKLE
ロッド 360FX-T×2本、365FX-T リール 3050番、4000番、8000番 天秤錘 L字型全遊動式10号15号 道糸 PE1.2号+リーダー3号 ナイロン3号力糸無し 仕掛 モトス4号6号7号
エダス・ハリス1.5号2号2.5号 針8号10号11号12号 エサ アオイソメ

[PR]
# by maru-se | 2018-08-15 23:19 | キスing | Comments(2)