カテゴリ:キスing( 163 )

まずめ時の始まりは何時も3時! ~ ドラグ音、鳴りやまず!!、2018.1.14 のキスing!!!・・・

1/14(日)、性懲りも無く再び〇〇島に出向く!。

で、今回も、あまり季節感のない越冬ギスのお話で御座います・・・。
元々、数日前から、「 寒さの底 」と言われており、山間部は大雪で、平地でも積雪が少量残る位、大寒(おおさむ)、でして、一時は行くのを取り止め様と思っておりました。
呉沖島嶼部か〇〇島か迷いましたが、今回の相棒(竿)がキャスですので〇〇島にしてみる!。
この日も冷え込みまして行く道中、小雪がちらついたりしまして。。。
途中に寄った釣具店では日曜曜日の早朝なのに、来店者はゼロでして、忍とも!・・・。
で、釣り場をK代から見て周りますが、釣り人はゼロでして、どこもそのようです。
島に渡り一目散に某湾内に釣り座を構えますが、アタリ無し。
場所移動。
実績場を回るも、ドラグを鳴らすキスは皆無でして、6匹で朝まずめは終了。
で、朝食抜きでしたので11時前に、みかちゃん、に入り、ラーメンを食したのち、もう少し、やる、べぇ!、てなもので、再開する!・・・。

で、釣果で、ごじゃりまするぅ!。
e0117319_23454340.jpg

e0117319_23512650.jpg
A → 下T → F越 → H良居 → A 、とランガンしまして、忍とも!、ですが、あと1匹に泣く・・・。
F越では、上記のワッペン君?、が、まだ居座っており、海水温、は、まだ高目と申しますか暖か目、のようです・・・。
最後は、冬空の中、満ち上がりを、ほんの少し攻めて、元気なキス君にドラグ音を聴かせて頂きまして、有り難く幸せに候。
しかし越冬キス、難しく思えます。。。

この日は昨年の冬至から約3週間位しか経過しておりませんので、日の出が遅く、でして、朝まずめ、は長目・・・。
で、無理を承知で並キャスを2本体制で挑む!。
リールはドラグ付と無し、1ケづつ。
最初は湾内最奥付近でしたので、潮通しが??、でして、綿の様な宜しくない海草が仕掛に絡まり、たまらず場所移動。。。
その後、面白くないのですが、超寒いので仕方なく、車横付けな実績場へ・・・。

結局、何箇所か見たり竿出しをしてみましたが、日当たりが宜しくなかったり、風が冷たい場所は、宜しく無かった。。。
帰宅前1時間は、楽しめましたが、帰宅時間が迫り、後ろ髪を引かれる思いで納竿致しました・・・。

キスは帰宅後、フライでいただきましたが、舌鼓を打ちました!、とさ・・・。


その他、今回投入しました並キャスティズムのインプレは、また後日、、、。



並竿27号-385(・W)各1本づつ、リール 3050夜光、35ドラグ付、45ノンドラグ、天秤錘・全遊動式15号、固定式L字18号、Λ20号、道糸PE1号・2号+自作PE力糸、ナイロン3号、 仕掛 モトス・ナ4号、エダ・ハリス1~2号、針8~10号 @2本針仕様



おっしまい・・・

[PR]
by maru-se | 2018-01-17 23:54 | キスing | Comments(2)

2018年の初釣りに行って参りました・・・、その2!

つづいて、その2、でごじゃりましゅう!・・・

Mにて休憩をしたのち、マスター御一行様が、取材を受けられたあたりを通りますと、所属クラブの方々と思われる、御一行様をお見かけしたので、立ち寄る!。
そうしますと、華麗隊長、俊先生、M和様、Y本君、H菜ちゃんがおられまして、新年のご挨拶 と M和様、H菜ちゃんにはお初のご挨拶をさせて戴く!。
e0117319_08281406.jpg
この時点で、マスターがお入りなられたポイントで、M和様がランクカレイを上げられまして初夢を達成される!。

そして、私の目の前で、俊先生のトーナメントサーフT・W + トーナメントサーフ45QDが、新年早々から炎を吹き上げ吼えまくる!。

ドドーン!!!・・・
e0117319_08442731.jpg
e0117319_08483317.jpg


e0117319_08424226.jpg
e0117319_08431229.jpg
俊先生、30cmオーバーのランク物のカレイを釣られ、私は、ドギモを抜かれました!・・・。

その後、私も重い腰を上げ、竿出し、するも、忍とも勘とも!、でして、13時過ぎに、おいとまし、友人の待つ、F越・S田方面に向かう!。

今回の女子会@初夢釣行に乱入?、させて戴き、私の 「 カレイが釣れない病 」をこじらせておる原因のひとつが分かりました。
それは、潮や地合い、まずめ等を読み味方に付ける事は勿論ですが、信じる事、信じて待つ事がカレイ釣りには重要な事が分かりました。
信じる者は救われる!、と聖書には書いてあるそうですが、カレイ釣りは信じて腰で釣れ!、でして・・・。
私のように、ちょこまかと、動いていては、無駄にエサ代が高くついて貧乏くじを引きまくり!??、かも、知れませぬ・・・。
笑いのたえない、楽しい楽しい集いに、わたくしめが水をさしたかも、でして、申し訳ない思いでいっぱいで御座います。
すみません。
5人の会員さま、短時間でしたが、楽しく過ごさせて戴き有難うございました。
それと、掲載した写真等、NGでしたら、至急に何らかの形で連絡を下さい、
至急に対応させて戴きます。
今後共、何卒、宜しくお願い申し上げます。



そして、わたくしめの、初釣りの釣果ですが・・・。
下記の通りで、ごじゃりますぅ~~!。
e0117319_01411934.jpg
写真の日付、釣行の翌日の撮影にて、お許し、をば・・・。
釣果の内訳は、F石師の越冬キスポイントで15、F越で1、下T で1、A高で6、でして、F石師ポイント以外、皆 漁港系な場所、なり!・・・。
大きさは、刺身サイズも混ざり満足で御座いまする!。
釣り上げた直後のキスを握りますと、冷たかった!、じょー!!・・・。
カレイも良いのですが今後は油ギッシュ!な越冬キス、食味も良く、狙い目、かも!・・・。
塩焼きで、頂きましたが、家族の評価は夏場よりも好評でして良い塩梅に思えます!。

本日の、おタックル談義!・・・

この日は、リールと防寒着以外に、Dの文字は無く、でして、すいません。
その他、その1の、ハマ~ン!漁港の写真、ですが、昨年12月の第3週目に訪れた時、写したものです。
この時、スピンTの入魂を終了致しましたが、カレイでは無く、冬キスでの入魂でした。。。
忍とも勘とも!、ぢゃー!!。
スピンクなお話は、また後日・・・。

1/3は、ぶっちゃけN代表レプリカ系!?タックルで臨みました、、、。
竿はサフリ405CX(ST)にステンNS-7、ガイドにRV25で腰高なガイドセットを使用。
この竿の愛称は、「 サイドスロー・アキュラシーSP! 」、でござーい!!。。。
ちなみに、ガイド・シート位置等は拙者仕様-10mmバージョン!、で御座います。
今回、幅2m強の通路で、この竿を試し投げ!、etc。。。
通路の幅が狭いので、長竿系では真後ろに振りかぶって投げられず、出来るだけ正確に真っ直ぐに飛ばして遠投もしたいのですが・・・。。
ここでは、405の竿ですと半身でサイドスローとなりますが、普通に投げますと多分、右利きの方で錘が竿に乗り投げますと、左方向に大きくそれるでしょうね・・・。
今回の通路なポイント、堤防系で水深も有りますので、擦り切れで2.5色位投げれば十二分に良くて、釣果もそこそこ得られるかも、ですが、、、。
ここは頑張って、出来るだけ真っ直ぐに投げて飛ばし着底時に5色目のラインをリールで3.5巻き程巻き込めるだけの飛距離(大体4色強以上、か…)を目標に投げております・・・。
通路なポイント、本格的なキャスターが敬遠する場所ですので、広く探る事が出来ますと、たまには良い思いも出来る事でせう!。
特に今の時期のキス狙いは、深みがキーですので、沖に張り出した護岸・堤防の通路を積極的に攻める価値は、攻め人が少ないので、おおいに有り!と思うのですが・・・。
リールはTSB45Ⅱ、道糸PE1号+自作PE力糸、天秤錘23号他。
仕掛は自作の中本90-60系2本針仕様でモト・ナ5号エダ・ポリ2号、針は秋田狐9号なり!、、、。
で、ぶっちゃけ、仕掛はライトヴァージョンな大キス仕様で御座る!。 
そして、クーラーは、おひさ!、のキスSP120、でしたーーー・・・。


おっしまい・・・

[PR]
by maru-se | 2018-01-08 23:18 | キスing | Comments(2)

2018年の初釣りに行って参りました・・・

1/3、の釣行記を書かせて下さい。

昨年は、色々有りまして確か、4/9、が初釣りでした。
しかし、例年は新春3日ないし4日頃には初釣りに行きますので今年の初釣りは昨年に構想を練っておりました。
当初は友人Aの車に便乗し行く事になっておりましたが、年末にキャンセルとなりました。
で、ほかを当たりますと別の友人から話が有りまして・・・。
しかし、寸前で別行動になり昼過ぎから集合でして、私は朝から一路、〇〇島入りする!、ことになる・・・。

亀商に寄りまずは、海ゴカイ(石ゴカイ)を頼みましたが、SOLD OUT、でして、やれやれ・・・。
で、最近あまり立ち寄らなくなった、案本店に行きますと石ゴカイが置いてあり、注文する!。
その後、錦帯殿で青虫を少量頼みつつ、某社のサーフ系のリュックサックを注文し、〇〇島を目指す!。

7時頃から、K代等に入りましたが、カレイ狙いの方は、思ったより少ない・・・。
e0117319_08055285.jpg
上記 画像 ハマ~ン漁港!、也・・・

この日は正月三が日とはいえ、絶好の大潮4日目なのですが、何故にカレイ師が少ないのでせうか!。。。

で、N塚海岸を見て回った後、F石師に教えて戴いた、一昨年の2/7の面接釣行ポイントに向かう!。
満潮 〇〇畠 大潮4日目 9:58
e0117319_08152742.jpg
しかし、好位置は早くに来られた、チヌのフカセ師2名さまが陣取られておりまして、隅の通路で竿だしを考えるも潮位がまだ低いので護岸の基礎石@敷石が、おお露出!。
満ち潮なので潮位が上がり基礎石が沈むまで、フカセ師のお邪魔にならないようなポジションで投げる!。
しかし、潮が走ってウキが私の釣り座まで流れて来ますので、仕方なく敷石があまり沈んでいない状態の狭い通路で釣る事に・・・。
ところが、これが、吉と出る!。

そして、11時前頃、魚の反応が無くなり、友人との待ち合わせの時間調整の為、隣の集落、Mにトイレ休憩を兼ねて向かう!・・・。


つづく・・・


[PR]
by maru-se | 2018-01-07 23:47 | キスing | Comments(0)

ドラグ音、鳴りやまず!・・・ ~ 2017年度中四九親善落ちギス大会に参加致しました、その2・・・

どもども、その2、でございます。

実は就寝前にコンビニに寄ったのち、おはつのM田市内、某釣具店に寄ってみる!。
がま、のロッドケースが寂しそうに埃を被っておりまして、、、。
で、駄目もと!、でHOW MUCH!!。
ショップの方も不良在庫のようでして、話に乗って下さる!。
申し訳ない、ですが、バナナの叩き売りの如く、手頃な価格で入手、なる!、、、。


そして、夜が明け?、切っておらない、4時前に起床し、竿出し!。
一日目は雨を考慮して、360な並竿を中心とした、ショートロッド3本体制でしたが、まだ雨が降らないと判断!。
で、2本の新旧スカイサーフT、の30号-405を投入。。。
そして、暇つぶしにオレンヂサフランEX + 45リールで引き釣り!!。
ここから、アタリの猛ラッシュでして、痺れ、るぅ!---!!。。。
しかし、下手糞なわたくしめ、ですので、キャッチ率、すこぶる、悪し!。
途中からエサが寂しくなり、3本竿が2本竿になり、次は仕掛が1本針となり、最後には引き釣り用の竿のみ!、にしてみる。。。
エサを買いに行く暇がなく、でしたが、ぽつりぽつり、と雨が落ちだし、エサの買出しは、まぁ、いいか!・・・。
その後、7時過ぎ頃に納竿し、三隅港にて、初の竿出し!。
しかし、泳がせ、の方が2名おられましたが、忍とも!。
風雨が強くなり、比較的穏やかな場所をみつけ、雨降りの中、06サーフリーダー405CX(ST)、の入魂式を執り行う!!。
一投目からキスが釣れまして、入魂、なりました!。
写真が無いのが残念ですが、またの機会に書かせて下さい。

その後、審査会場の浜田に向かう。
正午から審査!?、とばかり思っておりましたが、忍とも!、でして13時からでして。。。
おさかなセンターで軽く食しまして、審査時間を待つ!。
昨年は所属クラブが担当でしたので、今年も!、と思っておりましたが、所属協会の担当との事。
ですので、今年は、おろちサーフ殿の担当でして。。。
所属クラブの先輩方で審査魚なし、の方は、早々、帰られる。
確かに大きな大きな台風が日本列島に直撃ですので、私の携帯にも自宅から数回、帰れコールが有りました。。。

で、まずは大物ですが。。。
e0117319_04383869.jpg
じゃん!。
高級魚、アコウ(キジハタ)!、でござーい!!。
30㎝オーバーにて候!。
そして、本賞のキスですが、、、。
わたくしめ、の持ち込んだ、ぶつ・・・。
e0117319_04405122.jpg
ギリ!、なサイズのシロギス、でござーい!!。。。


今回の大会の反省ですが・・・。
ショートロッドなMクラスのシーバスロッドでは思ったよりふにゃく?、て、でして、その他、1日目は飛距離不足のように感じる・・・。
2日目は、ポイントが大体読めましたので思い切って振竿ながら30号を2本投入したのですが。。。
2本の30号振竿+α、でしたが、残念な事にエサの量が不足気味で、途中から2本共に一時、畳みまして。。。
で、オレンヂサフラン + 45リールで攻めた!、のですが、キスが掛からない・・・。
シマノの最廉価な並竿のオレンヂサフランですが、投げ味は良く?とも、固定天秤では、忍とも!。。。
で、結局、22日のツキ!のある、ツキタックル、08スカイサT + 04パワサQD4000のコンビでオレンヂサフランとほぼ同じ所を通してみる、と・・・。
キャスト後、ドラグを超スルスル状態にして引き釣りますと、良い塩梅でキスが掛かる!。
早く、この釣り方を身に付けておれば、手持ちの1本竿釣法!、でエサ切れの恐怖に怯える!?、心配は無くでして、、、。
それと、オレンヂサフランはEXクラスの投げ竿で穂先径2.6mmですが、振竿ながら30号のスカイサTの穂先径は、2.4mmで、ござる!。
剛のシマノ、柔のダイワ、と投げ竿については勝手に思っておりますが、今回も柔軟性のあるダイワのタックルに軍配が上がり、いい仕事をしてくれました。


追伸 12/19記 今年の落ちギス大会、入賞致しました。
皆様方、有難う御座いました。
今後共、御指導御鞭撻の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。
e0117319_01592492.jpg

おっしまい。。。



TACKLE ロッド がまかつMクラスシーバスロッド12ft・ダイワ23号-365W、30号-405T ×2・シマノ365EX、405CX(ST)、リール ダイワ45、35(ドラグ付)、3012H番、4000番・シマノ31ストロークドラグ付 その他

[PR]
by maru-se | 2017-10-26 23:52 | キスing | Comments(0)

山陰へ舵を切れ!・・・ドラグ音!!、鳴りやまず!!! ~ 2017年度中四九親善落ちギス大会に参加致しました・・・

ご無沙汰です。

久方振りに記事を書かせて下さい。
休止期間中の記事は、大会記等有りますが、もう少しお待ちくださいませ。


この度は、我々の地区において、全日本キス釣り選手権、全日本カレイ選手権、と並び三大大会と呼ばれておりまする、中四九親善落ちギス大会が、10/21、22、に行われ、参加致しましたので記事にさせてくださいませ。

まずは大会、一週間前の土日、丁度、お祭り時でしたが冷たい雨に祭りは盛り上がりにイマイチ欠け?、でした・・・。
そして週はじめより、雨に祟られまして、忍とも勘とも!、でして・・・。
しかし、20日に亀にて画報誌11月号を購入したのち、近くの川を見ますと、オールナイロン道糸系と思われる投げ師が、ハゼ混じりでキスも揚げておりまして、、、。
翌日の午前中は残念ですが、午後から何とか出撃出来る予定でしたので、この川をランガン?、徒歩?&チャリ?移動と決め、再び亀に戻り、砂虫30gと青虫500円分を購入し翌21日の正午を待つことに。。。
ですが、21日は台風来襲!、とのこと。
やれやれ、ぢゃ!、わい!!、のぉ!!!・・・。
この大会、どうなるん!、かい!!、のぉ!!!、・・・・。
ノーゲーム、か!・・・


で、21日ですが・・・。
10時前頃から雨でして、やれやれ。。。
これゃぁ!、川は駄目でぇ!!、てなもので、こうた(買った)エサの処分を考えつつ、仕事中・・・。
この日は午後から出撃になりましたが、この雨では、なぁ?。。。
悶々とする内に14時前頃になり、仕方なく山陰の某釣具店にTELしてみる!!。。。
そうしますと、風こそぼちぼちながら、雨は降っていません、とのこと。
結局、悩みに悩みましたが、釣り道具は、車に既に積んでおり、勝負ぢゃ!と思いまして山陰を目指すことに、する・・・。
で、山陽道から中国道、浜田道に入り雨も止み気味で浜田ICを降りた頃には雨、やむ。。。
早速、浜田の釣具店にて、取り合えず、青虫を1500円分程追加して青虫計2000円分で挑むことに。。。
その後、山陰道に入る・・・。
最初は三隅港に入る予定が岡見の港に間違えて入る!。
エギンガーな方々、多数・・・。
取り合えず、振出竿一本だして、様子見・・・。
引けない・・・。
エギ師に海底の状況を聞きますと、ごつごつ!、とのことで、キス場ではない?、かも??、と言われる。。。
で、急いで竿をおさめ、三隅港へ。
おはつの三隅港ですが。。。
おいしい!、と思われますポイントは、ジモピー殿に占められまして、やれやれ、、、。
結局、竿出しはせず、でして、隣町?のM市に向かう・・・。
で、毎度おなじみの、某漁港に入釣!!。
空模様、風は有り!、ですが雨は降りそうで降らず!。
この度のタックル、持参した竿は雨を考慮して、並竿4本、振竿2本にて候!!・・・。
で、この度は、新兵器、ガマカッツ!、の3.6mの並竿を一本投入!。
しかし、天秤錘はナツメ錘7号で自作した全遊動天秤でして、ぶっちゃけ、シーバスロッド、で、ござる!!。。。

e0117319_07432042.jpg

ラグゼと並継キャスティズムの2ショット!・・・



で、ちゃーりー君(鯛の子、チャリコ)、の猛攻の中、キスも混じり3本目の竿が出せない・・・!!。
ドラグ音を派手に響かせるアタリもそこそこ、ですが、掛からない。。。
針が悪い??、と判断しマスター直伝?の針に交換します、と・・・。
そこそこ掛かる!。。。




e0117319_08024220.jpg
某所のキス師。。。


しかし、提出サイズ(23cm以上)のキスやランクサイズの大物外道?、も釣れない・・・。
夕まずめになり、喰いが一段落して、竿3本体制にしたのち、クラブの幹部の方々にTEL連絡。
ある方、曰く、「 移動はしなさんな(移動しないほうが良い)、今日は多分、21時頃には雨が本降りになるかも、なので、今の場所で粘った方が良いのでは!?」、と言われ、熟考の末、現在位置で粘る!・・・。
このあと、20時頃に納竿し、その後は、Zzz・・・・と!。
この時、提出魚、無しでして、やれやれ。
明日に期待して、おやすみな、さーい!。



つづく・・・

[PR]
by maru-se | 2017-10-24 23:51 | キスing | Comments(0)

第一回 小池 勝 CUP in 琴ヶ浜、に参加致しました・・・

ながらく、留守に致しまして、誠にすいません。
留守中?にて、抜け落ちております、釣行記、大会記等があります。
これにつきましては、もう少し時間を戴き、随時UPさせて戴きます。
お許し、をば・・・。


この度は、8/27(日)に開催されました、「 第一回 小池 杯 」、に参加致しましたので記事を書かせて下さい。
この大会、昨年までの、だいたい30年間位は、琴ヶ浜のキスの集い、キスの祭典、と呼ばれて開催されておりました。
しかし、今年から、所属クラブの方々より、マスターのお名前を冠する大会に改名したいとの提案が有ったそうです。
マスター曰く、「 わしは現役バリバリで達者なので・・・」、と固辞されましたが、色々あり、了承されまして、晴れて開催されました。
ルールは30年以上変わりなく、3時間で50匹釣られた方の早上がり制で順位を決められるそうです。。。
その後、皆様の釣られたキス等をその場で食して、キス釣り談義に講じ、楽しく過ごし、楽しみを釣る!!、事を行う大会、でありまする!。

で、一昨年、この集いの覇者、所属クラブの、K上さんは、この時、いち早く50匹釣られたのですが、昨年は、わたくしめ、と言う疫病神!?が参戦しましたので、この時以来、海況が思わしくなく、でして、昨年同様、大荒れな大会になり、候・・・。
参加者の方々、お許し、をば・・・。
私は前夜祭から参加したのですが、事前の順位予想は、K上さん曰く、実績・経験で手練のマスター、若さ・実績を兼ね備えられた、キス研のH田jr殿、に出雲のKOUさん、チロリ餡さん、N村代表、K上さん、等が絡まれる展開を予想される!!・・・。
e0117319_10401227.jpg
日没な琴ヶ浜!


5時頃から集合し、5時半に説明等が有りまして、6時スタートの9時終了の競技ですが、波も余り治まらず、どうなります、事やら。。。
e0117319_10415760.jpg
e0117319_10423962.jpg

e0117319_10430116.jpg


e0117319_10440918.jpg

e0117319_10433098.jpg
e0117319_10463216.jpg
e0117319_10470630.jpg


e0117319_10474260.jpg
優勝は、K上さんの予想通り、H田jr殿、準優勝は、モチロン!、マスター@小池師、三位は、チャッピーさん、でした。。。

表彰後、皆様が釣られた、キスを調理しまして、懇親会になだれ込む!。
色々と興味深いお話が聞けました!!。
有難う御座いました。

そして、わたくしめ、ですが。。。
最初の一時間は、アタリがない状態でキスが3匹ほど。。。
活性、低し!。
その後日が照りだした7時頃からアタリが出だしまして、皆様、楽しまれたようです。
で、わたしは、ツ抜けした終了1時間前から、もうよかろう??、と思いまして、コンデジ片手に写真を撮らせて戴く!。

私の結果は、50匹早上がりなのに、トータル13匹終了し、6位でした・・・。
ちゃんちゃん。。。。


楽しい楽しい、小池杯は恙無く終了致しました。
参加者の皆様、役員の方々、その他の方々、お世話になりました。
有難う御座いました。
来年も宜しくお願い申し上げます。




おっしまい・・・


[PR]
by maru-se | 2017-08-29 23:25 | キスing | Comments(0)

悔しさをバネに!、瀬戸内ランガンキス・タックル & ~釣法で挑む!!、~ 2017年度・協会瀬戸内大物釣大会に参加致しました、その2・・・

Mに到着し、お久しぶりの、隊長殿にご挨拶!。
現在、本命の鯛類は、チャーリーのみ!、と申され、夜釣りの税金!?、こと、アナゴと格闘されておられました・・・。
私も、ほんの短時間ですが竿出しをするも、無反応の海に嫌気がさして、付近の駐車スペースに陣取り、仮眠をしてしまいました、とさ。。。

その後、あらかじめメール連絡を入れておいた、所属クラブのY本君より入電、有り!!。

時間調整をしまして、午前4時前に起床し合流。
Y本君と一緒に来られた俊先生は、お子様同伴にて足場の比較的良い隊長殿の釣られる付近に陣取られる様でして、祝着至極!、で御座います。。。
話の中で、Y本君がチロリを持って来ており、キスを狙いたい!、とご所望されますので、では我々はキス釣りの精神に従って、島をランガンキス、をしましょう!、と言う事になりました。。。

で、最初に逗子ヶ浜付近に行くも、土地勘、実績共に我々に無く、早々に撤収・・・。
その後、懐かしの、釣りじいさんのお好きでしたポイント@やっさんさんのポイントに入る!・・・。
キスの気は、無くでして、困りました。。。
しかし、真水の気の有る場所にて、アタリ、有り!。
ハリスがポリエステルの1号で針は細軸のサーフ用の軽量キス針8号でしたので無理が出来ず、引きの強い魚でしたので、じんわりと、取り込む。

で、こんなん、でました~~・・・・
e0117319_16383830.jpg
e0117319_16434216.jpg
うーむ、43cmを切るクロダイ、でございまする!・・・・。
しかし、未確認ながら、前日マスターが大きなクロダイを上げられておりまして、忍とも!・・・。

しかし、釣果は芳しく無く、ランガン移動、下Tへ・・・。
e0117319_02283873.jpg
狭い通路なポイントにて、もう既にキスは終わったのでせうか、投げ辛いし気配が薄い・・・移動。。。

結局、10時前に終了しコンビニ補給の後、審査会場へ!。

審査まで2時間弱ですので、付近で竿だし。
Y本君の17パワーキャスト30号-405、を投げさせて戴く!。
この時、30号の天秤錘が装着してあり、オーバースロー用にセッティングされておりました。
価格の割りに良い塩梅で御座います!。

で審査ですが。。。
e0117319_02450289.jpg
e0117319_02453346.jpg
e0117319_02460018.jpg
e0117319_02573344.jpg


e0117319_02465447.jpg
結果は・・・
マスターのクロダイ、縮んでおりまして、Zzzz・・・。
結局、微妙ですが、わたくしめが、1mm差と僅差で優勝させて戴きました。
しかし、大差無しと申しますか、ほぼ同寸でして、勝たせて戴いて、いいのでせうか?、と自問自答しておりまする。

e0117319_02533208.jpg
e0117319_02540099.jpg
おっしまい・・・


TACKLE
1日目
並竿30号-405(ST) 45ストロークリール 天秤錘 L字型固定式23号25号 道糸PE0.8号+自作PE力糸 仕掛 市販品他、モトス2.5号 エダス・ハリス1号 針8号9号

2日目
振出竿405BX-T 45ストロークリール 天秤錘 L字型固定式27号 道糸PE0.8号+自作PE力糸 仕掛 市販品他

[PR]
by maru-se | 2017-05-25 23:43 | キスing | Comments(0)

悔しさをバネに!、瀬戸内ランガンキス・タックル & ~釣法で挑む!!、~ 2017年度・協会瀬戸内大物釣大会に参加致しました・・・

お世話様で御座います。
色々有りまして、記事をUPするのが遅れましてすみません。

昨年の同じ時期に開催予定でした、2016年度・協会瀬戸内大物釣大会ですが、残念な事に開催直前に発生しました熊本大地震の為、自粛する事になりました。。。
で、今年、改めて第一回目、として開催されました。
その時の釣行記、を書かせて戴きます。
淡路島大会後の、開催地は山口県東部地区方面、5/20(土) 17:00、スタート、で、5/21(日)の12時までに周防大島某所に集合し審査、検寸の大会で御座います。。。

それで、今回、お話をしたい、事が有ります。
実は、ティワンさんにはお伝えしましたが、この度の成績、思いもよらない好成績でした。
まず、私は、趣味その他、勝負事に基本、弱い人間です。
今まで、思い返しますと、学生時代の、ラジコンの車関係や囲碁将棋、麻雀、魚釣り、二輪四輪等、それなりに趣味を経験しましたが、大会、競技会にとても弱く、でして良い思い出が有りません。
その様な者ですので、横道にそれまして、本末転倒ですが、向かう先は、道具の蒐集に向かいがち、な、わたくしめ、で御座います。
ですので、つい釣果よりも、釣道具が気になります。
その様な、わたくしめ、ですが、お許し、をば・・・。

この大会前の淡路島大会には、鯛虫を準備し、持参しましたが、鯛虫にはアタリも無く、税金?のアナゴも掛からずでして、使い切れません、でした。。。
結局、広島まで持ち帰り、この度の大物大会まで活かして、使おう!、と思っておりました。。。
e0117319_11522674.jpg
5/18(木)、までは何とか生存率が高かったのですが、翌日の19日に鯛虫入りのケースを見ますと、虫がぐったり、しておりました・・・。
仕方なく、虫を塩漬けにしましたが、さらに翌5/20(土)、からの大会に手持ちの活きた鯛虫が投入不可能でして、やれやれ!・・・。
で、この大会、大物大会なのですが、鯛類のビッグワン!、をあきらめまして、思案。
で、鯛虫はもうこりました??ので本コウジ、スーパーコウジ(ユムシ)、そしてマムシ(本虫)の投入?を視野に入れておったのですが。。。
先の淡路島大会の時に、T港にてドラグ音が2回鳴るアタリが一回だけ、ですが有りました。
この魚を仕留めておれば、多分、ランク・シロギス、かいい感じのアイナメだと思いました・・・。
仕留められなかった理由は、多分、待ち過ぎて走らせ過ぎた、事に原因が有ると考えました。。。
この事を、ご一緒させて戴いた、N代表に帰りの車中でお話をしますと、同意され、道糸の事を聞かれました。
私は、「 力糸はともかく、道糸はPEです 」、と答えますと、N代表は、「 難しい所ですが、ナイロン道糸でしたら、待ってラインを送り込むのも一考です。ですが現代はPE道糸の時代ですし、即アワセが吉!、だったかも知れませんね、」、と言う会話になりました。。。
うーむ、思い返せば、昨年の6月第一週目に開催された愛媛協会50周年記念大会の時に審査対象外でしたが、イトヨリダイの31cmを釣った時は確か手持ち竿で即アワセでした。。。
そして、昨年の9月、山陰は益田市でゲットした30cmのヘダイも確か即アワセでした。。。
その様な事で、N代表の爪のあかを煎じて飲ませて戴く意味でも、この大会では、手持ちの一本竿で行く!、事にし、竿、リールは最小限、車に積み込み、エサも取り合えず、チロリ100gと保険??の砂虫(ジャリメ、石ゴカイ)を50g程準備して挑む!。事に致しました。

この度は、エサもエサですので、メインはキス・ベラにしましたが、審査に提出出来る魚で獲れる魚は出来るだけ全部獲ってやろう!!、と思いまして・・・。
で、広島から、エサを持って来ておりますが、情報収集の為、立ち寄った、大島大橋の大島側の橋の袂に有る、かめや大島店に、13時頃到着・・・。
エサや灯具類を購入し一応、キスの釣況を聞いてみる!。
時間的には、周防大島ラーメン紀行!、に間に合う時間帯に到着したのですが、長浦?方面や宗光方面等の下見で時間を潰してしまい、ラーメン三昧は出来ず!・・・。
結局、グーグルマップで気になった、釣り場に出向き、ここで釣り座を構えて、時間を待つ!・・・。
e0117319_22244550.jpg
今回のタックル、ランガン移動を考慮!。
初日は、夜釣り、にて、夜露を嫌いまして、並継竿、12スカイキャスター30号-405S・N、リールに08トーナメントサーフベーシア45Ⅱ、とし、クーラーは写真掲載した旧式な、フィクセルサーフ90キスSPコンぺの初陣!、なり・・・。
半額以下で叩き売りをされておりました、このクーラーを見るにみかねて昨年の全カレイ前に保護。
お許し、をば・・・。
17時にスタートですが、何やかやで18時頃、第一投!!・・・。
で、初っ端から、いいサイズの魚をゲット!!。
e0117319_22320312.jpg
e0117319_22330709.jpg
汚い写真で、すいません。。。
13リットルのクーラー、ギリギリ一杯のサイズでして、上手く写せず。。。
この後、白い大きめな背景?をみつけまして、何とか撮影をしてみました、が・・・。
Bランク、ギリギリのクロダイでして。。。
〆たのち、縮まないように素早く写す!・・・。
その後、付近のゴロタに移り、キス狙い。
5匹弱、キスを釣った所で、日が大きく沈みまして、アタリが無くなり納竿・・・。
何やかやで車中泊の体制になりましたが、20時頃、辺りは真っ暗闇、ですので、朝までここに留まるのが、一人ですので、怖くなりまして、移動を決意。
その後、マスターご一行様がおられる、KB方面に向かうべく、思案。
竜崎温泉に20時半に入り、入浴したのち、KBへ!・・・。
そこには、H澤さんがおられまして、しばし釣り談義!。
マスターは早くにクロダイの47cmオーバー?を釣られまして、車中にてお休みとのこと。。。
その後、華麗隊長が釣られておられます、Mに向かう!。


つづく・・・・。

[PR]
by maru-se | 2017-05-23 23:12 | キスing | Comments(4)

はじめての!、タイ投げ!!、で挑む!!!・・・~ 大阪協会50周年記念大会@淡路島、に参加致しました・・・、その4

だらだらと書きまして、すいません。
この度で最後の章、とさせて下さい。

K屋漁港を10時過ぎに出発し、一路、審査会場の淡路島公園?、に向かう!、途中に聖地!、に立ち寄る!!。。。
e0117319_10130398.jpg
e0117319_10144921.jpg
我々が訪れた、この場所は、私が投げ釣りにとても情熱の有った、1980年代の関つり、こと、月刊誌 「 関西のつり 」、にて淡路島で座布団カレイ、や、ポン級アイナメ、が連発しておりました、松帆の浦、と申す、かつての、一級ポイントで有ります。
現在、かつての勢いは、無い、模様ですが、万葉集の詩にも読まれた場所ですので、訪れまして感無量です。
今回、我々は、有る事の為に、この地を訪れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・合掌。





そして、審査会場に入る!。

e0117319_11122982.jpg
>
e0117319_11220461.jpg
e0117319_11165324.jpg
がまかつ、の島田 細香さん・・・






この大会の詳しい成績は大阪協会殿のHPを読まれて下さいませ。


わたくしめ、大会のルールで有ります、二匹異魚合計寸法、に提出、検寸して戴きました、が・・・。
検寸の列には、大きな横に長いクーラーを持ち込まれた参加者、多し!。
私の前に、大きな大きな、70cmオーバーの真鯛が持ち込まれ、この方が優勝者のようでして、チビ魚しか持ち込めなかった、わたくしめ、穴が有ったら入りたい!、気分で悔しさ一杯でした。。。

残念な大会、でしたが、良い経験を致しました。
協会からの参加者の皆様、お疲れ様でした。
お世話になりました。
有難う御座いました。
そして、主催された大阪協会殿、お世話になりました。
有難う御座いました。




おっしまい・・・


[PR]
by maru-se | 2017-05-19 23:24 | キスing | Comments(2)

はじめての!、タイ投げ!!、で挑む!!!・・・~ 大阪協会50周年記念大会@淡路島、に参加致しました・・・、その3

どもども。
記事を引っ張り過ぎてすみません。
第三部、にて、これでおしまいとしたい!、のですが・・・。

東浦のサーフに入りますと、予定しておりました、左右2本の石波止?、には既に釣り人がおられました、ので、仕方なく2本の波止に囲まれたサーフに入る!。
駄目元で、お初の鯛虫を付けて、いざ、ファイヤー!!。
しかし、ウンともスンとも、音沙汰無し!。
程なくして、連絡を取らせて戴いております、ティワン兄貴がご夫婦で到着される!・・・。
今回、私はティワン兄貴に、道の駅・あわじ、にてマスターご一行様と合流後、ここで食事&宴会&釣り??、と聞いておりましたので、この事をお話しておりました・・・。
ティワン兄貴からの入電では、「 仕事終わりに、そちらに、向かいます!、」、と申されまして、心強し!。
しかし予定は未定でして、二転三転の模様にて、結局、我々はマスターご一行様とは別行動でして、兄貴には誠に申し訳御座いませんでした。
お許し、をば。。。
で、ティワン兄貴が我々の釣るサーフにお越しになられる!。
お土産等を頂戴し申し訳御座いません。
有難う御座います。
e0117319_17305860.jpg
このお土産の中には、上記画像のティワン兄貴の御作りになった、発泡錘+自作天秤も有りまして有難く頂戴致しました!。
一言、「 いい仕事、しておられます、ねー!!。」。
有難う御座いました。
有難く使わせて戴きます!。
兄貴と我々と、3人でしばし談笑しておりますと、メールを着信。
どうやら、お車で待機されておられるティワン兄貴の奥様からのようでして、待ちくたびれた、ご様子。。。
兄貴が名残惜しそうにお帰りになられる!。
今回は申し訳ないです。
広島近辺にお越しの際には是非とも、馳せ参じたい!、と思います。
有難う御座いました。
今後共。何卒、宜しくお願い申し上げます。
で、東浦のサーフ、ですが、N代表も私もアタリをもらえず、で厳しいので、移動する事に。
相談の結果、ティワン兄貴お勧めの、T港で一晩過ごす事に。。。

で、T港、ですが・・・。
e0117319_07081575.jpg
e0117319_07085387.jpg
5/13の私のタックルですが、、、。
東浦のサーフでは遠投だと思いましたので、手持ちで一番硬い竿であります、12スピンパワー405BX-T + 91PAGT7000、を投入。。。
T港では置き竿にて夜戦!?を意識して、最初は、09スカイサーフT & 15スカイサーフT・K、のコンビにリールは、91PAGT7000のペアにて、いざファイアー!!。
スカイサーフTは両者ともに、30号405です・・・。
潮の流れは期待しておりません、でしたが、以外に右方向にラインが流されまして、真鯛の気配?を少し感じましたので、鯛虫を投入!!。
しかし、鯛虫を付けて投げた、15スカイサーフT・Kには、アタリは出ず!・・・。
税金??のアナゴを2匹釣り、遠投が気になりましたので、45リール+12スピンパワー405BX-T、を投入したのが撮影した時だと思われます・・・。
こののち、N代表が就寝され、私は飲み物でも飲みながら!?、23時過ぎ頃まで釣る!。
しかし、効いて??、来た?、のか、まどろみ、まして23時以降の記憶を失いまして、気が付いた時にはタックルの横にて大の字になって野宿?、をしておりました。。。
この日は、有難い事に思った程には冷え込まずでして、風邪等を引かず、快適!?、に寝る事が出来ました。。。
で、再び再開!。
税金のアナゴ??、を3匹程釣ったのち、待望のシロギス、20㎝位を釣り上げる!。
e0117319_07312583.jpg
そして、夜も明けて14日の早朝ですが・・・。
e0117319_07432077.jpg
この時のタックルは、竿は、訳有って09スカイサーフTを仕舞いまして代わりに04トーナメントサーフT 30号-405、にチェンジ!。
これは、竿の色が青2本、ピンク系ながら銀竿1本、ですので、赤竿を投入して、わたくしめに、且つ!を入れる為、と赤竿の効果を見たい!、と言う実験的な思いから、でした・・・。
ですが、赤竿の効果は得られず、でして、魚は、青竿やスピンクT、にのみ反応しまして。。。
結局、15スカイT、に一回ですが、二度ドラグを鳴らしてラインを引き出す、大アタリ!?、がありました。。。
おもむろに、竿に近付き、ラインを弛ませ、携帯のタイマーを3分にセットして、カウントダウン!。
タイマーが鳴った後に大合わせをして仕掛を回収するも、スカ?、でして、やれやれ、やっちまいました!?・・・。
もし掛かっておりましたら、シロギスのランク魚か、アイナメ?かですが、惜しい事を致しました・・・。
この魚をバラシタ事により、審査会場では、とても恥ずかしい思いをしました。。。

その後、予定の翼港に行く為に7時前に、T港をあとにする!・・・。
そして、翼港詣で!、の前にマスターご一行様のおられる、K屋漁港に立ち寄る!。
夜が明けて、明るい状態の、K屋漁港ですが、大波止には、昨日の晩の、15スカイサーフTを4本体制の方に再び出会い、ご挨拶。
厳しい!、との事・・・。
その後、大波止先端に行く途中、3人の一般?の投げ師に出会う。
3人様とも、マニア?な方々でして竿はトーナメントサーフT、やスピンパワーT、をセットでお持ちでリールは、フリーゲンSDやPAスピンパワーを3セットお持ちの方々でした。。。
そして、大波止先端の赤灯台付近に参りますと、オールをされた、鈴K兄貴と、ゆかPさんが懸命に投げらていらっしゃる!。
マスター、F石師もおられましたが、竿出しは??、でしたが、波止の内側では、女性の方が2m位の竿で、丸々肥えた目測26㎝超えのシロギスを我々の目の前で釣り上げられて、度肝を抜く!。。。
どうみても、15m位の飛距離で釣れた模様でして、忍とも!ですが、思うにマニア殿が狙われていらっしゃるのは潮流の早い大波止の外ですので、魚が釣れれば、時期的に残りカレイ・アイナメや鯛類?、のような気がしますが、本日はランク魚については、お留守の模様、でした。。。
で、カレイ・アイナメ、は端境期でシロギスは、はしり!?、です。。。
はしりのシロギスを偶然かも?、ですが捕らえた、この女性釣り師?、にランク魚が微笑みました、とさ。。。
これを見て、釣られておられます、鈴K兄貴、ゆかPさんに昨日からの状況を聞かせて戴きまして、思案。
ゆかPさんは、ランクにもう少し足らずの真鯛を釣られる!!。。
結局、昨日からの疲れもあり、我々は、このK屋漁港で釣る事になりました、、、。
鯛虫は?、少し余りましたが、来週の周防大島近辺で開催される、「 協会瀬戸内大物大会 」、まで虫を活かす!、事にしまして、入釣する!・・・。
しかし、大波止先端付近に入釣するのは、体力的に??、でしたので、手堅く湾内@漁港内側小波止、に入る!。
      
      
e0117319_08193686.jpg

上記画像、納竿寸前に撮影したものです。



この大会、連盟公認魚の異魚2種での合計寸法でして、T港では、取り合えず、シロギス20㎝弱?と10㎝有る無し?なチャリコを釣りまして、提出魚こそ揃いましたが、余りに小さいので忍とも勘とも!!。
ですのでどうしても、サイズUPを目指しました、が・・・。
漁港内でランクなシロギスを目の辺りにしましたので、漁港内側に陣取りました、が。。。
N代表、F石師、と共に釣ってみたのですが、藻もぐれでして、びっしりと藻が生えておりまして、引き釣りが出来ず・・・。
ですので、N代表は早めに小波止先端や湾内の船だまり、を探られましたが、ノーシグナルのようでして、業を煮やされて大波止根元から広がるサーフ地帯へ向かわれました・・・。
F石師もショートロッドで探られましたが、芳しく無いので、N代表の向かわれたサーフに転進される・・・。
私は、と言いますと、初っ端から小さめですがアナハゼが釣れまして、F石師が去られた時に、4匹のアナハゼをリリースしておりました。。。
この様な、藻もぐれで釣り辛い状況ですが、魚の気配が有りますので、もう少し粘る事にする。。。
多分、このポイント、寒い時期でしたら小さ目なアイナメの数釣りポイントの様に思えます。。。
しかし、この時の私の考えでは、湾内で良型のシロギスが釣れたのを目の前で目撃したので季節的に夏魚の、はしり!、の時期と判断!。。。
シロギスはともかく、瀬戸内育ちの私の読み??では、どうみても、藻もぐれですので、キュウセンのポイントの様に思えました、が・・・。
しかし、イソッチ!、事、イソベラの巣屈!、の場合もあるのですが。。。
いぜれにせよ、もう少し日が高く上り、更なる気温、そして海水温の上昇を期待して、粘る!!・・・。
そうしますと、2本針に各針、チロリを3匹房掛けにして置いておいた硬いBX-Tのスピンがアタリを捕らえる!。
竿を持ち聞いて、みますと、生命反応、有り!!。
で、回収しますと、藻と共に、何やら緑色っぽい魚が付いておりました。。。
私は、てっきり、イソッチ!、ぢゃー!!、やられたー!?、と思っておりました・・・。
藻を取り除きますと、そこには、アイナメの20㎝強がおりまして、何とかサイズUPをしました!、とさ・・・。

e0117319_15580008.jpg

検寸時にクジメ!、ですね~、と言われたのですが審査対象魚でして、やれやれ、で御座ります・・・。
この時、15スカイサーフTの30号かスピンTか、と竿に悩みましたが、硬目な33号のスピンTを投入し藻場??、を何とかやり過ごしまして、やれやれ。。。
多分、この度持参した、スピンT以外の竿でしたら、早々とこの場所を見切り、大波止根元付近のサーフに移動しておった事でせう・・・。
しかし、小型のガッチョマン!、だらけ、でシロギスの気は??、だったようでして、、、。


そして、ひょんな事から、淡路島での憧れの聖地!?、松帆の浦!、に納竿後に向かう!!・・・。



つづく・・・
[PR]
by maru-se | 2017-05-18 23:20 | キスing | Comments(0)