タグ:投げ竿 ( 26 ) タグの人気記事

プライムシリーズ、あなどる、べからず!・・・~ ダイワ プライムサーフT 30号-425、、、。

今回は、旧プライムサーフT、のお話をさせて下さい。

某所にて、2本組にて、捨て値でしたので、レジに進み連れて帰りました、とさ。。。
元々、程度が劣悪で、数日前から様子を見ておりました、が。。。
e0117319_09555719.jpg
      リールシート周りのエポにクラック、入りまくり・・・

何方も連れて帰えられないので、見かねた、次第。

目的は、弄くり倒すのに適当なベース車?ならぬ、ベース竿を探しており、めぐり合った次第です。。。
多分、長さ的に、手持ちの竿の中で一番多い、405、でしたらスルーする、所でした。
で、用途としては、振竿の30号で長めな4.25m、ですので、今後は、朝・夕まずめ時、のカレイ狙い用に弄くって?鍛えようと思うのですが・・・。

ためし投げをしてみました。
かなり、使い込まれた竿ですので、少したれたおちち??、の様な感じ?、の使用感。。。
正直、腰が抜け気味のようでして、20号の錘を使い投げてみましたが、15号18号でも、OK牧場!、のような感じがするのです、が、、、。
この様な感じですので、道糸ナイロン5号通しで15号の全遊動天秤錘を使った大キス狙いの竿として使用するのも、この2本の竿に限っては良いかも知れません。

最近、見るに見かねてリサイクルショップ等に転がっておる、使い込まれた劣悪な中古タックルを連れて帰る!?、事が結構増えております。。。
新品等にて数万円で購入した、現行機種や中古の優良品よりも、わたしは、使い込まれ、捨て値なジャンクタックルが好きです。
この様な戦力外通告??を受けたタックル達ですが、新天地?の我が家で弄くり倒しチューニングと言う名の魔改造?、を施します、と・・・。
そうして、再生し再び入魂を行いますと、何故か良い仕事?、ならぬ、好釣果に繋がる、アタリ・タックルになる場合が多いのです。
多分、再生し蘇らせた、わたしに恩返し?、をしてくれる??、のかも知れません。

この度の、2本も、塾長先生やその他の方々が使われておられます、百均のパーツ?等を使い、弄っておる最中です。
e0117319_09561423.jpg
で、この様なジャンク・タックル達を叩き台?、として今後は、数万円のタックルにフィードバックさせたい!、と思います。



おっしまい・・・



[PR]
by maru-se | 2018-09-11 23:43 | ロッド | Comments(0)

Chic Tackle!、遊休メリケンLCガイドを活かす!!・・・RYOBI SUPER D-HZ PROSKYER 27-405。。。

今回は、Chic Tackle!、の第一回目として、今は亡き、リョービ社の竿を御紹介させて戴きます。
Chic Tackle の読みは、シック・タックル、ですが、このシックの意味は、別の意味を大いに含んでおります、、、
あしからず・・・。

つりどうぐ、のやまい、を患った??、わたくしめ、が、この度取り上げますのは、RYOBI の往年の名竿、プロスカイヤー、で御座居ます。
e0117319_18482221.jpg
で、ぶつは、2000年頃発売された、SUPER D-HZ と申す型で御座居ます。。。
e0117319_07162644.jpg
小汚い画像、失礼しました・・・。

号数は、27-405、と実釣モデル、、、。
本来は、ガイド付な仕様のようですが、前々オーナー殿は、遠投競技の練習竿として使用され、吊るしのガイド・リールシートは外された状態です。
元々は、6点LCガイド付きでリールシートはLS-7。。。

で、前オーナー殿は、塾長先生で御座居ます。
実は、先生のブログで、FOR SALE、されておった品物です。
塾長先生が御紹介され、私が入手した竿は、AXIS30-420、を含めて、これで2本目、で、ございまする!!・・・。
ありがたい!!。

組み合わせた部品ですが・・・。
まずは、ガイドから。。。
手持ちのジャンク竿?、で投げ釣り復帰後すぐに入手した、サーフカスタムSF405DX改?、の背高ガイドの交換用に入手したメリケーン?、なLCガイドを準備。
現在、サーフカスタムSFのガイド交換の予定が流れた!?ので、この度の竿に使う事とする!。
このメリケンLCガイド、リング径等ですが、トップから、8(3.2)-6-8-10-12-16-20でして。。。
元々、このプロスカイヤー、吊るしでは、LC6点ガイドでしたので、それに準じて、6をはぶいて、8-8-10-12-16-20とする。
しかし、トップガイドの太さが27号の竿にしては、ゴン太(ゴンブト)!、でして、パイプ径4.5mmが必要になりまして・・・。
手持ち??には、最大、8-4.0、のトップガイドしかなく、でして、うーむ。。。
このトップガイド、銀サフリ405CX(ST)に上記は付いておりまして、材質はチタン、でんがなぁ!。
悩むも、リールシートのNS-7も同時に取り外しまして、銀サフリCXは禿鷹に食べられた状態??になりました、とさ。。。
で、取り外した、8-4.0、のトップガイドですが、もう2mm位奥に穂先が入って収まってくれればベストでしたが、金欠と急ぎのスクランブル?、でしたので、使用する事に!・・・。
LCの4番が、大事な文字の上に配置してしまいまして、忍とも勘とも!、ぢゃーーー!。
そんな、こんな、ですが、9/2(日)にて大田市の琴ヶ浜で開催される、「 小池杯 」までに、仕上がれば!、と思っております・・・。


おっしまい・・・

[PR]
by maru-se | 2018-08-29 23:24 | 銘機礼賛!! | Comments(2)

瀬戸内ボンビー仕様!、ぢゃー!! ~ シマノ11スピンパワー385CX(ST)、発進!!!・・・

お話としては前後しますが、先の記事で、一応、入魂致しました、11スピンパワー385CX(ST)のインプレ話等を書かせて戴きます。
e0117319_04461580.jpg
現在、ダイワ、がまかつ、の ST仕様の竿は一部ですが手にしました。。。
その中で、まだ未紹介の、ダイワ11プロキャスター30号-405・S、が御座居ます。
これについては、後日、記事を書かせて戴きますが、この竿のグレードに対して、シマノの同等品を持っておらず。。。
で、カタログ落ちした、同じく、ST仕様の11スピンパワーの425でCXかBXかを当初は考えておりました。
しかし、チャンスにオクで入札出来なかったり、して、時が流れました・・・。
その後、いよいよ、ST仕様の11スピンパワー425の流通在庫が尽きてきまして、それでは、405でもよかろぅ!、と思い、再び探し始めました。
結局、希望のCXには成りましたが、405は入手出来ず、で385になりました、とさ・・・。
e0117319_15321238.jpg

ガイド・リールシート等に関してですが。。。
実は一昨年末に同じスピンパワーでも振出の12スピンパワーTを入手!。
この竿の感じが良かったので悶々としておりました。。。
その後、有難い事に、このスピンTがダブル!・・・。
で、この度の竿ですが、もう一本、振スピンを入手するのは、ひょっとして、ボンビーなわたくしめ、には無理かも、と思うようになる。。。
ですので、この度の並スピンを加えて、一応、3本体制を組みたい!、と考える様になる!、のですが・・・。
その際、当初、道糸系はオールPEラインしか考えておらず、ガイドは旧式ながら、ローライダーガイドを視野に入れておりました。。。
ですが、置き竿の事も視野に入れますと、ナイロンラインを混ぜて使用する場合が有りますのでラインが太くなります。
この時、ローライダーガイドのバットガイドのリング径20mmでは、糸抜けが気になる。。。
では、価格が安目で、もう少し糸抜けの良いガイドは無いかいな!、、、。
そうしますと、15キススペシャルのシマノ推奨ガイドセットにブチ当る!。
CX用ですと、バットガイドはステンレスのオーシャンガイドですが、リング径は25mmです。
ですが、トップガイドからのリング径は、7、7、8~、で始まります。
そして、トップガイドの銘柄は最新式のKGトップですが、強度に不安を感じる。。。
糸抜けに対して疑問が有ったのと、KGトップが?、と思いましたので、もう少し検討してみる。
調べてみますと、15キススペシャルの推奨ガイドの中に、BXのセットを発見!。
これは、バットガイドのリング径は30mmで、トップガイドの銘柄は糸巻き式のスーパーオーシャントップガイドです。
トップガイドのリング径は8、8、10~、から始まります。
で、結局、微妙ですが、若干の糸抜けの良さ、に期待し、BXのガイドセットで、トップガイドのサイズを、8-3.0、に変更し、発注!。。。

問題なのは、ガイドを巻く、糸、スレッドの色の件です。
作例を拝見しますと、多くの方が、濃ゆい色のスレッドをチョイス!。
本来ですと、ブランクの色自体が微妙ですので、色合わせが難しく、メーカーに頼んでブランクと同じ色で塗装をして仕上げた方が良いのですが、、、。
この件で、ボンビーな、わたくしめ、悩んでおりました。。。
しかし、某所でお会いしたシマノのイントラの方に、このスレッドの件をお話ししてみました。
そうしますと、「 11スピンパワー(通称・スピンク)のカラーリングはピンク系のシルバーではなく、紫系のシルバーです。ですので薄い紫系のスレッドが吉です。 それと、UVコートで無い方が・・・」、と申されました。
その時、この方がロッドメイクされた、11スピンパワーを見せて戴きました、が、、、。
製竿後約4年経過しておるそうですが、スレッドが塗装無し、にも、かかわらず、良い感じの色合いになり、上手に仕上げられておられました。

リールシートは、当初、吊るし、と同じ T-NS7、を予定。。。
しかし、ぼんやりしており、気が付いた時には、今年のGWの前でして。。。
で、問屋さん!?、に発注しましたが、4週間かかる、との事。
GWには間に合いませんので、手持ちの、00サーフリーダー405CX(ST) に装着しておりました、ステンレスのNS-7 を取り外し、スピン385に移植・・・。
リールシートの位置ですが、吊るしの竿は、800mm、です。。。
位置的には、悪くは有りませんが、吊るしと同じでは、カスタム竿!?、としては、面白くない!。
で、最近使い始めた、パワーループアクシス30-420T と申す、いにしえのNFTの振竿が投げ良かったので、この竿に近しいリールシート位置を参考にする!。
で、仮にですが、770mm、としてみました。
このNFTの竿、塾長先生に紹介して戴いた竿で御座居ます。
塾長先生、有難う御座居ました。


で、肝心要のインプレ、ですが・・・。
うーむ、まずはライバル竿である、11プロキャスター30号-405・S等、との比較です。。。
飛距離は個人個人の体力・技術等の違いが有りますので、割愛致します。
すみません。
11スピン385CX(ST)、まずは感度です、が。。。
手持ちのシマノ硬度6の00サーフリーダーSF405CX(ST)やシマノ硬度7の06サーフリーダー405CX(ST)と比べてみました。。。
11スピンパワー、確かシマノ硬度8のはずですが、上記2本の竿に比べ、より金属的な感じに思えます。
一方、11プロキャス30号、は、気持ちマイルドでして、カンカン、キンキンとした金属的な感じがあまりしない。。。
これは、全長が違う事に関係する、かも、ですが。。。
シマノの竿、と申しますか竿は、短くなるほど、持ち重りが軽くなり楽になります、が。。。
しかし、短いほど、ツッパリ感が増す様な気がします。。。
これは、今、勉強の為、試験的に使っております、08スピンパワー365CX、から、この度の竿に持ち替え比較しましても、その様な気がします・・・。
竿の長さについて、ですが、色々、お好みが有ると思われます。
シマノの竿、大物師の方々にお話を伺いますと、405より425の方に軍配を上げる方が、とても多くでして、、、(特に振竿)。
それに、比較しダイワ派の大物師の方々は、もちろん425派は多めです。
しかし、シマノ派のように極端に425寄りではなく、405派の方々も結構いらっしゃいます。
ダイワは、使ってみて思いますに、Vジョイントの恩恵でマイルド気味?、な調子なので、405の竿でも、鋭ど過ぎずツッパリ感がシマノに比べ少なめ、に感じます(特に振竿)。
ですので、オーナーの体格にもよりますが体格に比して全長が長くリールシート位置が遠めな425の支持者の方々がシマノに比べダイワユーザーには比較的少なめ、に感じる、のですが・・・。

あと、現在世評では、シマノの竿はアタリの出方、や、新世代先調子!?、と申す、竿の調子等の評価が高め?、です・・・。
私の評価としては、確かにシマノの竿は、いい意味、先き抜けが良く切れ味が良い、悪く言えば、硬めで剛直、に思います。
それに対してダイワは、Vジョイント搭載で、気持ち良さの中に、しなやかさ、穏やかさ、マイルド、悪く言えば、シマノに比べややダル、かもです。。。
そして道糸系にナイロン・フロロラインを少しでも混ぜて使った時、多分、シマノの良さが際立つような気が致します(特に振竿@バッドガイドの背高化の為)。
しかし、現在は、PEラインが主流の時代です。。。
PEラインは伸びが少なく、アタリがナイロンラインに比べ、よりダイレクトです。
シマノの竿は、全部では無いのですが、比較的硬めで剛直気味です。
この持ち味が、オールPE道糸を使用しますと、感度は、すこぶる良い、かも、ですが、、、。
しかし感度が良過ぎて余計な物まで拾い伝達してしまい、時と場合によっては、疲れるかも知れません・・・。
この様な場合、相性の良い竿は多分、感度過敏気味?なPEラインに対し過敏過ぎない事が肝!、に思えまする!。
ですので、わたくし、めは、シマノに比べVジョイント等で恩恵が有るダイワの竿に好感を持っております!!(特に振竿)。

お話は変わりまして、道糸について書かせて戴きます。
私は、PE道糸にナイロンやフロロの力糸やリーダーを組み合わせる投げ釣りは、イマイチ好きでは有りません。
それは、昔、ぺペットの300m巻きを半分+α +ナイロン力糸を使っておった時期が有りました、、、。
これで釣ってみて、あまり、PE道糸の恩恵を感じられませんでした。。。
その時、太さは、0.8号でしたが、ランニングコスト・コスパ等を考えた事が有ります。
この時、従来のナイロン2号3号+ナイロン力糸の方が、まし、と思っておりました。。。
その後、ぺペットは1号にし、強度はUPしましたが、やはり、イマイチ、に感じました。。。
その当時、市販PE力糸の買値は1000円超位でした。。。
ナイロン製に比べ高価なので使った事が無く、悶々状態でした・・・。
それで、仕方なく、自作のPE力糸製作に手を染めました。
最初は、安い船用のPEラインを、5号→3号→1.2号、にてノーネームノット等で結束しただけの幼稚な物でした。。。
しかし、これをぺペットに組み合わせますと、もう、ナイロン力糸等には後戻りが出来ない状態になりました・・・。
その後、試行錯誤の末、昨年から、夜釣りが絡む大物系の釣りにおいても一部ですが、オールPEラインにしてみたのですが・・・。
その様な事で現在、道糸系は殆どの投げ釣りの際、オールPEで行っております。。。
問題点は夜釣りにおいての高切れ等です。
これに対しては、結束部等を試行錯誤した結果、maru-se式リギング!?、を編み出し、一応??、解決しておりまする、、、。
ただ、鯛投げや夜の大キス狙いの時には、まだ研究が足りず、オールナイロンラインで挑む事が多目で御座います・・・。

色々書かせて戴きましたが、最後に雑談をさせて下さい。
個人的に竿のカラーリングは、夏魚狙いの竿、特にキス竿は、ブルー系のような寒色系な色の竿やシルバー系に実績が高いです。
そして、冬魚狙い、カレイ竿?、や真鯛狙いには、暖色系の赤竿やオレンヂ竿の方に個人的には実績が多く有ります・・・。
上記の様な竿の色による実績の偏りは、私個人の大会時等の気持ちの昂りに左右されておる、ようで御座います・・・。
突然ですが明日の夕刻から開始されます、第二回協会瀬戸内大物大会に向けてです、が・・・。
仕事等や抜ける事が出来ない用事等で、初日から柳井方面で釣る事が出来ません。
残念ですが、来月以降の大会に向けて力を蓄えたい、と思います。
ちなみに昨年の第一回協会瀬戸内大物大会のウイニング・ロッドは振竿で恐縮至極ですが、拙竿のスピンクT、で御座居ました・・・。
今回、御紹介した、並スピンクも大会等で順調に実績を上げていって欲しいもので御座居ます!。
e0117319_04472323.jpg


おっしまい・・・ 

[PR]
by maru-se | 2018-05-18 23:32 | ロッド | Comments(2)

ランク魚で入魂、ぢゃー!。。。11スピンパワー385CX(ST)のシェイクダウン!、と、2018.5.5、のキスing・・・

昨日の釣行に味をしめまして、連荘で出撃致しました。。。
前日は友人の車に便乗したため終始、助手席で体力を温存!。
しかし、この日は、そうとも行かず、さてさて、どうなる事、やら・・・。

5/5、は岩国の航空ショーが米軍岩国基地で開催されるので、運転手として、身内を連れて基地近くまで送迎。。。
私は、と言いますと、基地内部には入らず、岩国の街中を散策。
航空ショー終了後、夕方からフリーになりましたので、岩国から近め?な周防大島へと車の舵を切る!。
今回の目的は、航空ショーに乗じて2週間後の迫りました第二回協会瀬戸内大物大会の下見、も有りますが、、、。
一番の目的は、塩漬け??状態で、捨て値で入手した、11スピンパワー385CX(ST)のシェイクダウン!!、で御座居まする!・・・。
最近、ようやく重い腰を上げて部品等を集め製竿致しました、が・・・。
しかしチタン製リールシートの注文を躊躇。。。
結局、最安値な問屋さん?、に発注したのですが、到着は4週間後でして、、、。
で、仕方なく、00サーフリーダーSF405CX(ST)に付けておりました、ステンレスのNS-7を取り外し、スピン385に移植。。。
そんな、こんな、で何とか、協会瀬戸内大物大会には間に合いました、が、まだ細部の煮詰めが必要に感じまして、実釣に持ち出した、のですが。。。
e0117319_19272200.jpg
で、審査会場付近を探る!。
一箇所、釣り可能かどうか分からなかったので、F石師に連絡を差し上げる。
そうしますと、釣り可能!、と申されたので、付近を釣査!、しはじめる。。。
時間は既に夕マズメも最高潮の17時過ぎ位から、第一投!、する。。。
e0117319_15321238.jpg
スピン385の最初の獲物は、シロギスの18cmでしたが、シロギスで入魂出来喜んでおります!。
その後、日が暮れた、19:30前後頃、ドラマが起こる!!・・・。
サビいておりますと、ググッ!、と言ったアタリが有り、すかさず、アワセますと。。。
あまり、大きくは無い、ようですが、鯛類独特のヘッドシェイクを感じつつ、リーリング!。
慎重に巻き上げますと、推定36cm位の綺麗なクロダイでした!。。。
e0117319_19321171.jpg
その後、21時頃から睡魔に襲われ、目が覚めたのは翌日0時前でした。。。
クロダイの写真を撮っておりませんでしたので、急いで、大物申請用の提出写真と共に撮影。。。
そして、大島商船付近に有る、コンビニに移動し、ここを仮眠の基地とする!!。。。
5時前に起床し、まずは、K佐島の連絡船の基地の有る、K港を探る、もノーバイト。。。
移動・・・。
そして、根元に3連続な波止の有るポイントを攻める!。
ここは、相性がとても悪い波止でして、過去には、早朝に叩き漁でもされたのか、無反応な事が多い、因縁の場所です、が。。。
しかし、キス、あがる!、、、。
その後、この付近で、以前画報誌で掲載されたポイントに半信半疑で入釣!。
嬉しい事に、この付近でも初めてキスを釣る!。
その後、S佐でもキスを追加しましたが、雲行きが怪しくなり、9時半頃に納竿と致しました。。。

今回は、最近、製竿したスピン385のシェイクダウンを兼ねての釣行になりましたが、思わぬクロダイのランク魚に出会い喜んでおります。。。
ちなみに、ランク・クロダイのエサは、50gしか持参していなかった、青イソメで御座居ました。。。

スピン385のインプレ話は、また今度書かせて下さいませ。


追伸
クロダイですが、手尺で計った時には36cmと思っておりましたが、アバウトでした・・・。
実際は34cm、で御座居ます。



おっしまい・・・


TACKLE
ロッド 385CX(ST) リール 45 天秤錘10号15号25号 道糸系 PE1号+自作PE力糸 仕掛 モトス3号エダス1号1.2号 針8号9号 2本針・3本針仕様 エサ チロリ 砂虫 青イソメ

[PR]
by maru-se | 2018-05-06 23:42 | キスing | Comments(0)

まずめ時の始まりは何時も3時! ~ ドラグ音、鳴りやまず!!、2018.1.14 のキスing!!!・・・

1/14(日)、性懲りも無く再び〇〇島に出向く!。

で、今回も、あまり季節感のない越冬ギスのお話で御座います・・・。
元々、数日前から、「 寒さの底 」と言われており、山間部は大雪で、平地でも積雪が少量残る位、大寒(おおさむ)、でして、一時は行くのを取り止め様と思っておりました。
呉沖島嶼部か〇〇島か迷いましたが、今回の相棒(竿)がキャスですので〇〇島にしてみる!。
この日も冷え込みまして行く道中、小雪がちらついたりしまして。。。
途中に寄った釣具店では日曜曜日の早朝なのに、来店者はゼロでして、忍とも!・・・。
で、釣り場をK代から見て周りますが、釣り人はゼロでして、どこもそのようです。
島に渡り一目散に某湾内に釣り座を構えますが、アタリ無し。
場所移動。
実績場を回るも、ドラグを鳴らすキスは皆無でして、6匹で朝まずめは終了。
で、朝食抜きでしたので11時前に、みかちゃん、に入り、ラーメンを食したのち、もう少し、やる、べぇ!、てなもので、再開する!・・・。

で、釣果で、ごじゃりまするぅ!。
e0117319_23454340.jpg

e0117319_23512650.jpg
A → 下T → F越 → H良居 → A 、とランガンしまして、忍とも!、ですが、あと1匹に泣く・・・。
F越では、上記のワッペン君?、が、まだ居座っており、海水温、は、まだ高目と申しますか暖か目、のようです・・・。
最後は、冬空の中、満ち上がりを、ほんの少し攻めて、元気なキス君にドラグ音を聴かせて頂きまして、有り難く幸せに候。
しかし越冬キス、難しく思えます。。。

この日は昨年の冬至から約3週間位しか経過しておりませんので、日の出が遅く、でして、朝まずめ、は長目・・・。
で、無理を承知で並キャスを2本体制で挑む!。
リールはドラグ付と無し、1ケづつ。
最初は湾内最奥付近でしたので、潮通しが??、でして、綿の様な宜しくない海草が仕掛に絡まり、たまらず場所移動。。。
その後、面白くないのですが、超寒いので仕方なく、車横付けな実績場へ・・・。

結局、何箇所か見たり竿出しをしてみましたが、日当たりが宜しくなかったり、風が冷たい場所は、宜しく無かった。。。
帰宅前1時間は、楽しめましたが、帰宅時間が迫り、後ろ髪を引かれる思いで納竿致しました・・・。

キスは帰宅後、フライでいただきましたが、舌鼓を打ちました!、とさ・・・。


その他、今回投入しました並キャスティズムのインプレは、また後日、、、。



並竿27号-385(・W)各1本づつ、リール 3050夜光、35ドラグ付、45ノンドラグ、天秤錘・全遊動式15号、固定式L字18号、Λ20号、道糸PE1号・2号+自作PE力糸、ナイロン3号、 仕掛 モトス・ナ4号、エダ・ハリス1~2号、針8~10号 @2本針仕様



おっしまい・・・

[PR]
by maru-se | 2018-01-17 23:54 | キスing | Comments(2)

ドーン!、ランク魚ゲットにてシェイクダウン、終了!~07サーフリーダーFV405CX-T & 2016.7.24のキスing

e0117319_1828038.jpg


いきなりの、Aランクのシロギスを掲載した事をお許し下さい。。。
この度は、方言で申します所の、「 捨て鉢? 」、になりまして苦労の末にゲット致しました。。。

本日は、実は曇りがちの予報ですし潮周りの関係で〇田川放水路近辺またはN川に短時間か、と思っておりました。。。
しかし、この日は呉方面に用事が有りました・・・。
呉からとんぼ帰りして、N川海岸方面または放水路近辺か、、、、と、迷う、はずはないのでした。。。
久し振りに呉に立ち寄るのですから、島嶼部に寄らない手はない!!、と思いまして。。。
で、呉ではチロリが入手困難な事を見越し、途中の釣具店に立ち寄り、弱り目なチロリ25g?と砂虫30gを入手して、いざ勝負!。
しかし、この弱ったチロリの有り無しで明暗を分ける事に。。。。
結果、キスはチロリでしか食わず、でした・・・。

まずは、K島ですが、スルーしてH瀬大橋を渡って、N浜海水浴場方面の橋の根元付近のHの瀬戸を釣る!。
まずはチョイ投げ・・・。
ごつごつしており、青ベラ、その他来る。。。
遠投に切り替えてみると水深も十分ですが、この時期のキス狙いには深過ぎか・・・。
瀬戸を攻めたのは、梅雨が明けて海水浴シーズンにて暑いので、キスも涼みたいのでは?と思い狙ってみましたが。。。
時期を見誤りました。
移動を決意。
次はN浜海水浴場を過ぎての小さな小さな砂浜に降りる。
5、6投しましたが生体反応が無い!。
多分、早朝に底引き網漁をしたのか、その他のようですが船の往来があり低周波のエンジン音が鳴り響いておりましたので、キスが嫌ったのか。。。
移動・・・。
次はヤケクソでメジャーポイントのO柿の波止へ。。。
遅い時間に訪れましたので一番潮通しが良くHの瀬戸の潮流を受ける曲がり角から先端付近は満員でして、仕方なく曲がり角から波止の根元付近を釣り座としました。
内外攻めるも、テカミハゼばかりでして、水深が深く流れも弱めか。。。
移動・・・。
更にヤケクソになりまして、T茂付近に行こうと車を走らせるも、何故か道順を間違え、F江方面へ。。。
F江の波止に行くも、そう言えば昔、めばるの延べ竿釣りに来た事が有りましたが、うーん、ここは、キス場?と言う雰囲気ではないような?。。。
案の定、深い!。
波止先端部、その他で4、5投やってみましたが、30m付近でベラ、かも?と言うアタリは有りましたが、付近には誰も投げ師、はおろか、釣り人はおらず、でして、どうやら、ここは今の時期、キスはいないようです。。。
移動を決意。。。
次は、通って来た道を更に奥に進む。
進みますとOノ島と言う小島に数十年振り?に渡ったのですが思うようなポイントが探せず、帰ろうとしたのですが、橋の入り口にて車が立ち往生・・・。
私は車を降りて立ち往生した車に近づきますと、運転ミスで縁石に乗り上げ前輪がハの字になりオイルダンパーも外にはみ出る位の結構な事故をされておられ、忍とも。。。
道を塞いでおりますので取り合えず路肩に寄せていただく。
事故をした車のオーナー殿は冷静さをやや欠いておられたので、JAF等の手配。。。
すこしお話をして平静に戻られた所で移動をする!。
その後、最後の死に場所、もとい、エサ捨て兼投練、時々釣りをしに後戻り。。。
かなり後戻り?して見知らぬ場所に到着!。
この場所、そう言えば以前、私の投稿しておるエキサイトブログの大先輩でいらっしゃる、Sさんが取り上げられたポイントで見覚えあり!。
ですが思ったよりお疲れ気味?なわたくしめ、攻め所に迷う。。。
e0117319_1917358.png


結局、周辺を、釣り歩いてみる!。
取り合えず様子見で、道糸PE1.5号でチョイ投げ!。
しかし藻もぐれでして忍とも・・・。
ですので目一杯、遠投し藻際まで、ひこじる。。。
ここで鮮明なアタリがあり、二度目のアタリで合わせる!。
結構な手ごたえで上がってきたのは、26cmオーバーのナイスサイズでした。。。

実は、昨日、ひょんな事から出物の07サーフリーダーFV405CX-T を入手致しました。。。
ぶっちゃけ、玉網のランディングポールⅡ磯玉網60-60?も気になりましたが、来たるべきカレイシーズンに向けて竿か玉網かで迷いましたが苦渋の決断でありまする。。。
関係者の方々、お許し、をば・・・・。
しかしですね、カレイ狙い等の振出投げ竿ですが、今のルールでしたら手持ちで一本のみで成立する投げキス用の並継竿と違いまする。。。
振出竿、置き竿系ですので最大で同じ品物が4本必要かも、でして4本ひとセットかも!!、のような気がするのですが。。。
ですので、型落ちにて大安売りで一本のみしか揃わない振出投げ竿は、ルール??と申しますか規則正しさ??を尊重されない方々でしたら可ですが、、、。
しかしバラバラのタックルではまずい!、と申されるスタイリスト系??の方々には断腸の思いですが購入はやめた方がよいかも!、でありまする。
もちろん、キスに振出投げ竿!、オッケー牧場!!、と申される方々でしたら良い買い物であります!!!。
この度は、シマノで廉価な30号竿にてキス&カレイ竿としての適性を見る為にやむなく導入!。
ほかには、わたくしめが提唱する、「 釣具(竿・リール・クーラー?、その他・・・)の色で釣果が結構変わる!! 」、と言う説の真偽を確かめる為にも入手してみたのですが。。。
この竿のインプレですが。。。
まずは、釣法ですが、活性の高い時には手持ちで引き釣り、低活性時は置き竿気味釣法でございます。。。
何と申しますか、竿の号数・銘柄の関係か、それとも、わたくしめがやや夏バテ気味なのか手で持っての引き釣りではリールが??ですので若干の持ち重りが有るかも。。。
しかし記憶を思い出しますと似た様な手持ちの竿では08サーフリーダーEV405BX-T が有ります。
上記の竿は今回の07サフリFVよりも、ワンランク硬い号数ですが、若干、ブランクスがマイルドな所に共通点があるような。。。
しかしこれらの竿、置き竿でカレイ・アイナメ釣り等でしたら、コストパフォーマンスが大いに優れておりますので、素晴らし、や!!。
ダイワの30号T、と比べて、如何に!!、ですが。。。。
うーむ、シマノの剛に対してダイワは柔、かも。。。
シマノは並振問わず、基本、振り切れる号数でしたら良く飛びますが、ダイワの振出竿は比較的曲げ易く、でして、思想の違いを大いに感じまする!!。
ただ、並振問わず、竿のカラーバリエーションが多く発色も抜群に良い最近のダイワは、使用していて、気分爽快にて楽しい!!。。。。

今日の釣果、全く振るわず、ボーズに近く、お恥ずかしい限りですが、人助け?を少しさせて戴いたので最後に福が来たのかも、で有ります。


おっしまい・・・

ロッド 405CX-T、リール 投げ専用35、天秤錘18、23、25、30、33号、道糸PE1号1.5号+自作PE力糸、仕掛モトス3本ヨリ2号エダス1号針4、5、6、8号

キス2匹 青ベラ1匹 その他外道多数・・・・
[PR]
by maru-se | 2016-07-24 23:58 | キスing | Comments(4)

堤防用サイドスローSPロッド、と投げキス自転車について、想う。。。、、、、。

この度は、投げキス用の竿や専用の自転車??について考えてみたいと思います。
タイトルのように堤防においてサイドスロー系でキャストする為の竿を考えてみた次第です。
通称、〇〇田川&バードサンクチャリーモデル(別名・〇野の鳥井さん仕様とも言う。。。)・・・。

対象魚は違いますが、バス釣りにてボートで釣る場合、ロッドはスピニングロッド3本位、ベイトリール用ロッド4~7本位搭載して釣りに行くそうです(トーナメント時)。
それで申しますと、我々は手持ちの投げキス竿を車等に3本位までは携帯?しても良いと考えており、私は1本の竿で全てのキス場に対応出来ない応用性の無い人間です。。。
ですので、ポイントにより竿を使い分けたい訳です。。。
勿論、大物狙いの大会の場合でしたら、同時に2、3本竿出しをすると思いますが、ここでは主に投げキスにて釣り場に持ち込む竿を、1本のみに限定致します。。。
ただ新規に竿を購入する訳にも行かずでして、仕方なく手持ちで、いにしえの並継投げ竿?、00サーフリーダーSF 405CX(ST) をあてがう事に致します。
理由は堤防の様なコンクリートで覆われた人工系の釣り場では竿をはじめ道具に傷が入り易く、がちゃがちゃになりがちですので廉価な道具とした次第です。
これは先日の釣行時、12スカイキャスターを使用したのですが可哀想な事に、堤防周りで傷が入りまくり痛い思いをした為です。。。
ですのでリールも高価過ぎないブツ?が良い、かもです・・・。

堤防にも色々有ると思われますが、ここでは後方の狭いポイント用とします。
キャストはアンダースロー気味のサイドスローでして、慣れないわたくしめ、正面に飛ばすのに苦労いたしました、、、。
そして当地は潮の潮位差が激しく大き目ですので大潮の時、干満差350cm位の上下動が有る場合もあります。
この様な大潮の場合、AM10時前後の満潮が多くでして、好ポイントには先行者に先んじられる場合が結構多くあります。
ですので時間帯をずらして好ポイントに入る事が出来ても引き潮にて堤防の基礎石や敷石、干出し岩等が露出し非常に釣り辛くなります。。。
この時、ショートロッドでは厳しく(堤防の天場によじ登れば良いのですが危険な場合が有りますので、ご注意願います。。。)、出来れば425の竿が望ましい。。。
仕掛は条件次第ですが2本針または4本針とします。。。
もちろん潮位の高い好条件@好ポイントの堤防等に入釣出来れば針数を5本以上が望ましいです。。。

投げキス自転車についてですが。。。
中古で購入した、B社の古めなものをベースとする・・・。
残念な事に後ろの荷台@リアキャリアが装着されておらずでして前かごのみにて荷物の搭載が心もとない。。。
リアキャリアが標準装備でしたら、直ぐにでも何らかのカゴや箱?等を装着出来るのですが、忍とも!、でございます。
ですのでリアキャリアの装着の件、悶々としており、自転車店で見てもらいますと、旨みが無い模様でして2店ともに軽くあしらわれる。。。
思い悩んで、ネット通販に活路を見い出す為、熱帯雨林??のHPを眺める。
ものは有りましたが、微妙にサイズ違いが数種類有り、現物合わせが不可能ですので、結論が出ず、、、。
そして先日、ホームセンターの自転車コーナーに寄った折、該当すると思われる、リアキャリアを発見!。
しばらく、このリアキャリアを眺めておりましたが、、、。
展示中で手持ちの自転車と同じタイヤサイズ・同形状の自転車にこのリアキャリアをあてがってみて、良い感じに思え廉価と言う事も有りレジへと進む!!。
帰宅し装着してみたのですが、思ったより短時間で装着する事が出来た!。。。

e0117319_14514573.png


現在は、この様な感じですが、今の状態ではリアキャリアを付けたのみで箱・カゴ等が未搭載ですので長時間の釣りは??です。。。
この自転車で今釣行するとすればコンパクトロッド系にリュックサック等を背負いクーラー等は無し、釣った魚はリリースもしくは地元系の通行人の方ないし近辺にいらっしゃる釣り人に進呈か。。。
今後は、後ろにクーラー等が入る箱・カゴ等を装着し、出来れば並継投げ竿を搭載する為に何らかの筒等?を装着せねば!!。
課題が出来た・・・。

この自転車の主な目的等は、公共交通機関を利用しての輪行釣行?やこれを車に積んで駐車場から徒歩移動するのはあまりに遠過ぎる?ポイントで活用する事を夢見ておるのですが。。。
ただ、輪行釣行でしたら輪行専用の自転車に買い替えを視野に入れる必要が有るようです。。。
車に積載する場合は、この度写真で掲載した自転車はコンパクトでは無くでして、より小型な自転車に変更か・・・。
この度、実験的に製作、改造しようとしておる自転車の、用途等ですが・・・。
主に、40年位前に自転車で良く通っておった、なつかしのストックホルム??、状態のMU島護岸(現在はホスピタルポイント・・・)等・・・。
その他、MU島一帯やその近所のD島、Y島近辺、T満川、〇〇田川、K漁港周辺、I口港、Y幡川、ドM港??等、を視野に入れて考えておるのですが。。。

この投げキス自転車、取り合えず入梅頃?から本格手的に始まる〇〇田川の投げキスのシーズンに間に合わせ、最小限ながらもフルセットの並継竿系のタックル??を搭載して釣行してみたい!!。。。
[PR]
by maru-se | 2016-05-05 23:32 | Comments(4)

嬉し恥ずかし、2回目のコミ(ジョイントの込み)調整・・・~ 00サーフリーダー405CX(ST)。。。

この度の熊本、大分における大地震で被災された方々におかれましてはお見舞いとお悔やみを申し上げます。
一刻も早い復旧をお祈り致します。
自宅でも3回、そこそこの揺れを感じました。
現在でも日が沈み、夜になって地球が冷えるのが怖いような気が致します。

わたくしめが、拙ブログ内で出来る事は、釣り関係の事等を書いて読まれる方々が和んで頂ければと思う次第です。
書き続ける事をお許し下さい。


e0117319_2047537.png


この度は、少し休ませておった、約10年位前に入手した、00サーフリーダー405CX(ST) についてです。
廉価で導入したのですが、ジョイントのコミが最後まで入りませんでした・・・。
大体、2、3cm位?黒い部分が露出しておりました。
この竿を購入当時、並継投げ竿の所有歴は、いにしえのリョービ、オリムピック、ダイワのグラス竿でしてその後もダイワの10年くらい前の最新廉価?のハイカーボンを使用しておりました。。。
上記の竿、全てきっちりと最後まで黒いオスのコミが入りましたので、このサフリもてっきり同じ様にコミが収まる!、と思っておりました。。。
しかし、その期待は裏切られまして仕方なく自らでコミを研磨・・・。
一旦は上手くいったのですが、使用するうちにコミが甘くなり、キャストで竿がねじれますと1、2のジョイント部がねじれまして、困りました。。。
どうやら、コミの削り過ぎのようです。
この様な事にて以後、代用の竿が出て来ましたので暇を取らせておりました。
しかし、この前の釣行で代用しておった竿が思ったより痛みまして急遽、この00サフリを一軍に昇格させる。。。

で、掲載した画像ですが・・・。
取り合えず、コミが緩めですのでフェルールワックスを塗ってみる。。。
思ったより改善せず、塗布部にゴミ等が付着しそうな気がしてランガンキスの際に不具合が生じてもいけませんので無水アルコールで塗布部を清掃してワックスを除去。。。
さて、どうするべ?!、と思いましたが、再度コミ調整をするべくオス部に取り合えずアロンを薄っすらと塗ってみる事に。。。
そうしてジョイントを継ぎますと1/3 しか入らず・・・。
塗り過ぎた、か・・・。
想定内ですので手持ちの800番耐水サンドペーパーでコミのオスを少しづつ削って様子見、か。。。
少し削っては差し込みの繰り返しで3、40分程経過してジョイントの差し込み方に慣れて来まして、ある時を境に割りと奥までコミが入る!。
今までは、コミと申しますかジョイントの接合をなめておりまして割りとコミより遠くから、おっかなびっくりでジョイントを継いでおりました。
継ぎ方のキモとしては、コミのオス部に出来るだけ接近して持ちつつ、ある程度の力加減で継ぐのが良いようです。。。
そして最後はオスのコミの黒い所を8mm弱出る様にして終わりとしました。
これは、出っ張りが1~2cm弱位でしたら許容範囲との事でしたので、そのようにしてみたのですが・・・。
使い込めば、多分、い~い感じになると思います、多分・・・。
その他、現在、コミのメス部のワックスを除去しておりません。
これが、多分、良い方向に繋がる、と思うのですが。。。

それにしても、シマノのコミは硬いです、ねぇ!。
ダイワや、がま、とは感じが違います。
ダイワやがまのコミが比較的、柔(ジュウ)でしたらシマノは剛ですかね。
柔と剛、どちらが良いのか、忍とも勘とも!。
実はあまり記事にはしておりませんが手持ちにスピンDXが有ります。
このスピン、中古では無いのですが、最初からコミが甘め・・・。
また、手持ちで以前ご紹介した、06サフリCX(ST)はコミがきつい。。。

もうすこし考えてみたい!!。
[PR]
by maru-se | 2016-04-18 23:41 | Comments(4)

12ランドサーフT 30-405N、シェイクダウン!・・・・

e0117319_18372049.png


12ランドサーフT 30-405N を投練してきました。
取り合えずは、投げ専リールに道糸をPE1.5号+力糸、弾丸25号で投げてみる!。
構えはオーバースロー、也!!。
飛距離的には110m位か・・・・
その後、錘をキャストシンカー27号に付け替え、いざ、ファイアー!!。
飛距離、伸びる・・・。

キャストフィーリング的には、手持ちのVJ 搭載ダイワ振出30号、3本に比べて、この度の竿やや一本調子と申しますかVジョイント搭載振出投竿では2012年の時点で最廉価機ですので、やや丸みの無いフィーリングかもですが、うーむ、安竿にしては思ったよりも硬め??のような気がしておりまして結構良竿かも!。
竿の調子は硬めかもと言う噂はかねがね聞いておりましたが、コスパに優れていいのではないでしょうか!!。
ただ色味と申しますかカラーが百式ガンダム色??でして好き嫌いが大きく分かれると思われますが私もぶっちゃけ??と思う色でして5Xで入手したものです。。。 取り合えず廉価入手にて手元に置いてみておりますが、投練でもそうですがローライトコンディション、光量が足りないまずめ時には手持ちの青黒系な15スカイTよりも視認性が良く、でして夜釣りの友としては良い塩梅か!!。
この度、後継機種の16ランドTが発表されましたが、色味が黒系でしてX45テープで補強されたブランクは30-405Tで12ランドTの同クラスに比べて20gの重量増でして、今後、わたくしめ、竿の買い増しに大いに悩んでおる最中でございます・・・。 思うに瀬戸内ランガンキスで一本で手持ち系の投げキスをするのでしたら12ランドT、カレイ・アイナメ等を置き竿にて2本以上竿出しされて狙う場合は、迷わず16ランドT が良いかもです・・・。


取り合え図は、この日、運河?で投げてみました。
30年以上前に購入した、スチール系の三脚式竿立に竿を掛けて、某バッカンに道具をぶち込み重り代わりにする。。。
話がそれますが、手持ちの三脚式竿立、同じ品物をもう一点所有しておるのですが、云十年前、運悪く強風下での釣行の際に竿・リールごと波止から海に落下して水没。 何とか竿、三脚とも救い出したのですが、三脚、脚が塩水で固着してしまいまして伸縮出来ない状態となる。。。 残念無念。。。。
この三脚、軽くは無いので買い換える事を視野に入れておりましたが、友人がこのメーカーのアルミ三脚を購入。それを操作セッティングしてみたのですが、あまりにも軽量過ぎて紙?を持っておるように感じまして若干不安になる。。。 大昔は自転車釣行でしたので三脚が重く負担が結構ありましたが現在では車ですし、投げキスでしたら竿一本で三脚は必要があるかどうかは分かりませんので買い替えは忍ともであります。。。  もう少し辛抱か・・・。

いずれにせよこの竿、実釣せねば!!・・・。
[PR]
by maru-se | 2016-01-31 23:35 | ロッド | Comments(2)

大安吉日!、、、身の丈の竿か!、お年玉!!・・・・ ~ 12 ランドサーフT 30-405N

e0117319_1834289.png

実は、先日の〇〇島釣行の際、我が身の非力さを痛感し柔らか味の有る竿が恋しくなり、ふらふらと某釣具店のSALE日に店内に入りますと、この度の百式ガンダム、もとい百式色のランドサーフが手頃な価格にて並んでおりまして悩みに悩みましたが置き竿にてのカレイ等にメインで使用する事や瀬戸内ランガンキス用の予備役?として就かせる為に思い切って導入致しました。うーむ、結構振出投げ竿は重宝しておりますが、並継投げ竿に比べて比較的ハードに使用しており、振出キス竿、相変わらず骨折等が絶えずでして消耗品として使うざるを得ずで、有る程度数が必要にて候・・・・。その他同行者に使用していただく為にも必要にて候・・・。

その他ですが・・。。。
舌の根の乾かぬうちに再びダイワの振出投げ竿を入手。。。
理由としては、昨年の夏に購入した15スカイT30を堤防周り等で酷使しまして大傷までは入りませんが置き傷等が少しづつ入り始めており、この竿は丁寧に使用したいのと釣り場で目立ちまして私が上手でしたらまだ救われますがイマイチですので釣り場で浮いてしまい一思案。その他私が投げキス・ガイドの際に初心者等にPEラインを使用してもらい且つ遠投をしてもらう時に使用か・・・。
手持ちの08サフリEV BX-TやスーパースピンジョイBX-Tをあてがう事も考えたのですが若干シート位置が長めなのとややランガンキス用の竿としては硬めと判断。 その他手持ちの振出竿でダイワ等の30号、骨折したり中古で購入して値段の割には高い物につきましたと申しますか、つかまされた!と申しますか、中古は気を付けねば!!、と思うようになる。 

妄想は相変わらず激しいのですが、鶴の一声で、廉価で転がっておったこの、12ランドサーフT 30-405N をお年玉代わりに入手してみる。。。
うーむ、相変わらずSALEに引き寄せられる私でありまして安物買いの何とやら、かも。。。
ただ中古釣具を購入するにしても、慎重に選べば掘り出し物も有る模様ですが、ぶっちゃけこの度の竿、新品ですが以前中古で購入した某竿とそんなに大きく値段が変わらず銘柄違いでグレードが少し違いますが、オクにて中古投竿購入は選球眼の無いわたくしめですので微妙かも・・・。

取り合えず、投げ練でもして様子をみたい!!。
[PR]
by maru-se | 2016-01-27 23:32 | ロッド | Comments(2)